--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-05(Sun)

クラスの女子を二回かばった話

1:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 14:24:40.17 ID:30IB5T5y0

立つかな


3:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 14:28:48.90 ID:30IB5T5y0

・俺
小6

・女子
須美
同じクラス
発育はいい方
母親と二人家族


7:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 14:29:56.72 ID:bKCZ7sgj0

当時のスペック?


8:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 14:30:37.77 ID:30IB5T5y0

ごめん。当時


9:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 14:31:02.15 ID:30IB5T5y0

20年以上前の話だ


10:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 14:38:30.70 ID:30IB5T5y0

須美は左利きだった。

クラスで一人だけで、その時のクラスでは
何か左利きはいけなくて右利きに矯正しなくてはいけない
って空気になった。

授業中担任(女のオバサン)も
率先?して須美を非難し始めて
須美は泣いて机にうつ伏せになってしまった。


11:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 14:41:09.54 ID:30IB5T5y0

俺は何だか須美が可哀相になって
その時のクラスの空気に嫌悪感を持ったので
「左利きでもいいじゃねえか」
と言った。


12:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 14:43:04.84 ID:30IB5T5y0

クラスは一瞬しーんと静まった後、
俺への冷やかしが始まった。

「お前え、須美の事好きなんじゃねーか」


13:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 14:44:06.28 ID:bw80EK0y0

ほう


15:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 14:45:46.25 ID:30IB5T5y0

俺は恥ずかしくなって
「そんな事ねーよ。須美なんて嫌いだよ」
と必死で否定した。

そしたらじきにその冷やかしは収まった。


17:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 14:48:12.20 ID:8KmdTjfv0

嫌いは言い過ぎ


18:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 14:49:25.95 ID:30IB5T5y0

>>17
でも小学校の頃って男女の仲で冷やかされるのって
めちゃくちゃ恥ずかしくないか?


20:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 14:53:54.35 ID:30IB5T5y0

そして俺も須美も地元の公立中学に進んだ。

そこは近所の4つの小学校から通うのだが
1年の時のクラスに小6の時に同じクラスだった生徒が8人もいた。

そこに俺と須美もいた。


22:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:00:50.70 ID:30IB5T5y0

俺は小学校の時は母親や担任から
「勉強ができるのだから、もっと学級委員とか皆の為になる事をやりなさい」
といつも言われていた。

親や担任の世代では、学級委員するような精神年齢の高いヤツが
自分で率先して勉強もしていたから、勉強出来る=学級委員
のイメージなんだろうが、俺は親に塾に行かされて
勉強ができただけだから、学級委員をする能力がなかっただけなのに。


23:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:03:08.90 ID:30IB5T5y0

でも中学になったら、自分を変えたい、変えなければいけない
と思っていたので、まず最初にクラス委員を決める会を進行する
議長に立候補した。

男では俺になったが、女では須美がなった。


25:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:05:43.71 ID:30IB5T5y0

須美も小学校の時は学級委員をするようなタイプではなく
優等生からは反対のイメージだ。

勉強もできるわけでもなかった。

片親という事もあって、担任からも先入観を見られていたのかもしれない。


26:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:09:31.29 ID:30IB5T5y0

俺は須美も俺と同じ様に中学から自分を変えたくて
議長に立候補したのかと思った。

結局クラス委員は、小学校の時から学級委員をやっていたような
奴等がなって、俺も須美も小学校の時と同じ様な係りにしかなれなかった。


27:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:13:28.58 ID:30IB5T5y0

ある日教室で、全員が座っている時
黒板の前の担任の机の横で、担任=男が、須美を張り倒して
吹っ飛んだ須美は倒れたまま起き上がれなくなってしまっていた。

俺の席は左前の最前列だったので、目の前でその様子を見た。


30:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:16:30.47 ID:bROeYHBa0

>>27
須美が何したが知らんが
その担任ヤバすぎるだろw


32:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:22:47.71 ID:30IB5T5y0

>>30

当時の体罰の時代背景は>>29にも書いたけど、
その担任は「自分が他の先生よりいい先生と思われなければ気が済まない」
「自分の担任するクラスは他のクラスよりも優秀でなければいけない」
というかそんなヤツだった。


31:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:17:54.45 ID:30IB5T5y0

その担任は学年主任格の男で、例え黒い事でも担任が白と言えば
白くなるようなヤツだった。

俺は須美が何か悪いことでもしたんだろうと思った。

当時は学校の教師が生徒に体罰を与えるのは当たり前の時代だったからね。


34:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:26:51.13 ID:+nR16hlJ0

ワロタww


35:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:27:46.71 ID:30IB5T5y0

須美が倒れたまま起き上がれないでいると
担任が須美の髪の毛を掴んで、また思い切り投げた。

俺はもう見てられなくて
「そこまでしなくてもいいじゃん」
と言った。


37:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:28:56.18 ID:8rNFSD8o0

スゲーな・・・
今なら大問題だろ


41:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:33:47.84 ID:30IB5T5y0

>>37
何かこの時はこの学校でも、この担任はいい先生という評判で
この先生の体罰なら有り難いという空気があった。

俺らが入学するのと入れ替わりの卒業生の荒れたクラスを担任して
不良たちを更正させたというのが武勇伝になっていた。


38:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:29:58.78 ID:30IB5T5y0

すると担任が俺の方を見て、鬼の形相で

「何や。お前、口ごたえするんか!」

と言った。

俺はむちゃくちゃ怖かった。


39:名有り人間:2012/02/05(日) 15:30:29.47 ID:+yOHhAlw0

勇気あるなー


43:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:37:10.71 ID:30IB5T5y0

俺は担任にはたかれて、吹っ飛んだ。

むちゃくちゃ痛かった。

その後、父兄面談でもその事を担任から母親に言われて
俺は母親から怒られた。


45:名有り人間:2012/02/05(日) 15:38:24.57 ID:0LSuoyuv0

可哀想


46:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:39:52.84 ID:8KmdTjfv0

しかも母親怒るんか


50:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:42:46.42 ID:30IB5T5y0

>>46
昔は学校の先生の言う事は絶対という時代だったじゃないですか。

その逆の行き着いた果てが、今のモンペアですよね。


48:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:41:16.19 ID:30IB5T5y0

俺は担任から反抗的で素直でないヤツというレッテルを貼られ
また小学校の時に続いて教師好みな生徒になれなかった。

ある日、学校から一人で歩きながら帰っていると
後ろから女の声で自分の名前を呼ばれた。


54:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:46:07.75 ID:30IB5T5y0

>>1君」

俺は振り返ると、そこには須美が立っていた。

須美「一緒に帰ろう」

というので二人で帰ることになった。


56: 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 :2012/02/05(日) 15:49:01.43 ID:9NsYaLMg0

ゆとりには想像もできんとです


57:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:51:23.80 ID:30IB5T5y0

二人で学校の事なんかを話しながら帰ったと思う。

俺の家は学校から近かったので、もうすぐ家に着く前の
分かれ道で、須美と別れようとしていたら

須美「うちに来ない?」


59:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:53:28.57 ID:30IB5T5y0

俺は何も答えられないでいると

須美「今日お母さんいないし、来ていいよ」

俺は須美の言葉に甘えて、須美の家に行く事にした。


61:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:54:30.42 ID:wjmkTHps0

俺も同世代だけど、ここまでひどい教師はさすがにいなかった
けど教師は絶対、的な空気はあったよ


67:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 15:58:33.33 ID:30IB5T5y0

須美の家は賃貸マンションだった。

マンションと言っても、社宅の様な間取りで
建物も社宅を小さくした様な階段をあがっていくと
両脇に部屋があるよなタイプ。

小学校が同じで帰る方向も同じだったので、
そこから須美の家には、学校から俺の家に着く時間と
同じくらいの時間で着いた。


68:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:03:22.75 ID:30IB5T5y0

家にあがると、須美の部屋まで通された。

ベッドと勉強机が置いてあって、女の部屋という感じだった。

女の子の部屋に入ったのは、小2の頃にクラスの男子とも数人で
入って以来だったから、この時おそらく5年ぶりくらいだろうか。

部屋の真ん中に小さいテーブルが置かれていて
そこに須美がオレンジジュースを出してくれた。


69:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:06:22.07 ID:wjmkTHps0

うわ、いきなり部屋とかエロいなあ


70:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:07:09.30 ID:30IB5T5y0

須美の言う通り家には他に誰もいなかった。

須美は母子家庭で母親は働きに出ているようだった。

小学校の頃から、母子家庭や両親共働きのいわゆる鍵っ子
と言われるクラスメイトは何人かいた。

須美もその一人だった。


73:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:13:04.68 ID:30IB5T5y0

須美もテーブルの前、俺の斜め前横に座ると

須美「この前はありがとう」

俺「あ、うん。別にいいよ」


77:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:19:20.37 ID:30IB5T5y0

この前というのは、須美が担任に張り倒された時に
俺が逆らって俺まで巻き添えを食ったことだった。

そして、小学校の時に須美が左利きをクラスで皆に非難されていたのを
俺がかばった事も須美は覚えていた。


78:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:21:04.59 ID:y3Yofptb0

ふむ


79:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:21:47.31 ID:8KmdTjfv0

それより張り倒された理由気になる


84:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:24:01.57 ID:30IB5T5y0

>>79
何か持って来ては行けない物を学校に持ってきたり
校則破りだったみたいです。


94:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:35:04.81 ID:Uaw3BuRw0

>>90
先生におまえはテストの点数しか考えてねぇ奴だって言われた
けどゆとり世代だから暴力も何もなかったな。
ゆとりでよかった。


98:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:39:34.26 ID:30IB5T5y0

>>94
私もそう言われました。

期末試験の点数より内申が悪い。

俺より少し点数が低い学級委員やってたヤツが
俺より内申がよかった事はしばしばあった。

教師たちにとって生徒の見えない格ってモンがあるよね。


89:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:27:30.58 ID:30IB5T5y0

須美「ごめんね。私の為に」

その時、須美も倒れたまま泣いていたのだが、
俺も担任にはたかれて吹っ飛んだので
その様子を後からクラスの女子にも聞いて知っていたようだ。


95:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:36:28.04 ID:30IB5T5y0

須美は、クラスの女子の中でも発育のいい方だった。

女子はもうこの頃には身長の伸びはもう止まる頃で
須美は155くらいだったろうか。
俺はクラスの男子でも低い方で150くらいだったと思う。

まだ背の高い女子の方が大きい頃ですね。


100:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:45:37.00 ID:30IB5T5y0

中学になると男同士や男女でも多少エロイ話も
恥ずかしがらずにするようになるので、
須美は「バストが80で、ブラのカップもBからCになった」
とか教室でも言っていた。

これ言うとちょっと偏見って言われるかもしれんけど
須美は片親だから親の監視の目がなくて
ちょっと不良っぽいというか、マセていた。


101:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:49:53.02 ID:30IB5T5y0

須美の髪型は、デビューした頃の中山美穂みたいな感じで
片側で止めている感じ。
顔は似ている有名人が思い浮かばないけど、
ちょっとカバっぽいかも。
口は小さかった。
どこかの朝の情報番組のコメンテーターに出ていた
経済評論家?のオバサンに少し似てるかな。

思い出したら書く。


103:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:53:52.54 ID:30IB5T5y0

ジュースを飲みながら少し話をして時間がすぎた。

須美「>>1君、キスしたことある?」

俺「ないよ」

そんなもん中1であるわけねえだろ
と思いながら俺は答えた。


106:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:59:06.57 ID:wjmkTHps0

初キスはOJの味でしたか?


107:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 16:59:07.78 ID:30IB5T5y0

須美「キスしたい?」

俺「(無言)…。」

須美「じゃあキスしてあげよっか」


109:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 17:08:36.05 ID:30IB5T5y0

俺は正直キスをしたかったので、向こうから巡って来たこの
シチュエーションにはっきり断ることもできなかった。

けどここで須美とキスをしてはいけない事とも思っていた。

俺が断る意志を示す事もできず、できればして欲しいという様子で
少しうなづくと、その意図を理解した須美が
身体を俺の方に寄せて、俺の口に自分の唇を合わせた。


110:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 17:14:34.23 ID:0B+8k7dB0

ほう


111:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 17:17:54.71 ID:30IB5T5y0

俺は須美の顔が段々と近付いてきて目の前で大きくなる様子を
見ながらドキドキしてその時を待つだけだった。

柔らかい物を自分の唇に感じた。

須美はすぐに唇を離して、また座っていた元の場所に戻った。


112:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 17:27:03.11 ID:30IB5T5y0

俺は恥ずかしくて何も言えないでいると

須美「胸触ってみたい?」

俺「…。うん(コクリ)」

一度キスを拒まなかったので、
須美の続けての申し出にも
俺は前の様に黙って須美の判断に任せるのではなく
今度はそれを受け入れる意志を示す事ができた。


113:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 17:28:00.33 ID:wjmkTHps0

胸キター


117:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 17:32:54.34 ID:30IB5T5y0

須美は俺の右手を自分の胸に持って行った。

自分の掌を須美にあてがわれた俺は
その柔らかい胸をを揉んだ。

柔らかい感触を俺は掌に感じた。


118:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 17:39:45.22 ID:30IB5T5y0

俺の中学では、男子も女子も体操服で通学して
教室での普通の授業も体操服のまま受ける生徒が多かった。

その中で須美は制服で通学する事が比較的多く
この日もそうだった。

ブレザーだったので、上着を脱いでいて
俺はブラウスの上から須美の胸を揉んだ。


121:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 17:44:44.20 ID:30IB5T5y0

ブラウスは生地が薄いのでブラジャーの感触も分かった。

学校で須美の後姿からそのストラップが透けて見えていた
ブラジャー越での感触である。

俺はこれ以上は、いけないと手を須美の胸から離した。


124:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 17:52:33.75 ID:30IB5T5y0

須美はマセていて、他の不良仲間っぽい男にも
こういう事はしたことがあったらしいので
俺に対してこのくらいの事をするくらいは平気らしかった。

この日は須美もこの後はこれ以上の事は
誘ってこなかったので、少しして俺は須美の部屋を出て
家に帰った。


125:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 17:53:15.34 ID:8KmdTjfv0

この日は・・・か


127:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 17:58:40.68 ID:30IB5T5y0

翌日以降学校では、その前からも
クラスで男女がふざけてスカートめくりをしたり
胸を触ろうとするようなふいんきもあって、
この日の事は特に口にはすることはなかった。


128:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 18:01:47.06 ID:30IB5T5y0

その後は、俺は勉強ができる方だったので
勉強ができない須美が近くの席になった時に
授業中に教えてやるくらいだった。

担任が自分のクラスが期末テストの平均点を
他のクラスよりも高くないとプライドが許さなかったので
お互いに教え合う事を奨励していたのだ。


129:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 18:06:40.88 ID:30IB5T5y0

俺はこのわざとらしい自分の内申アップの為の教師への
自分の事だけじゃなく皆の事も考えてますいい生徒アピール
の類が苦手だったので、上手くはできなかったんだけど。

まあこの効果か生徒の勉強に対する意識が高くなったからか
クラスの期末試験の平均点は学年平均よりも
5教科500点満点合計で40点くらい高くなった。

俺は益々テストの点数と内申点との乖離が大きくなるだけだった。


130:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 18:10:24.27 ID:30IB5T5y0

須美とは中2からは別のクラスになって
須美は学校の不良っぽい連中とつるむようになっていた。

俺は部活も途中で辞めて勉強とファミコン中心の生活になったので
接点もなくなっていった。


131:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 18:12:20.52 ID:wjmkTHps0

ファミコンのドラクエ全盛期かな


132:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 18:15:29.15 ID:30IB5T5y0

高校も俺は公立進学校に行って、須美は私立に推薦で入ったのかな。

地方は私立高校は公立行く学力がない生徒の受け皿です。

その後は須美は賃貸だったしそのうち引越したようで
小学校単位でやった成人式にも出てはいなかったし
何をやっているのかは今も知りません。


134:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 18:22:53.74 ID:30IB5T5y0

須美はマセていて親の監視も緩かったし不良ぽい付き合いをしていたので
俺らの時代ではこういう子が風俗やお水の店で会っても不思議じゃないというタイプだった。

高校は自分と似た家庭環境の子ばかりだし
小学校ではそういう兆しはまだ分からないから
中学が色々なタイプの子がいる機会だった。


135:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 18:25:38.89 ID:30IB5T5y0

そんな中で、そういうちょっとマセた子を2度ほどかばったら
お礼に大人になる経験をさせてくれたっていう話です。

最後何か締まらない終わり方になってしまいましたが、
終わります。


136:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 18:27:16.16 ID:wjmkTHps0

え?
ブラ越しにおっぱいもんだだけの話?

パンツ履いた


137:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 18:31:16.23 ID:8KmdTjfv0

まぁ乙


140:名も無き被検体774号+:2012/02/05(日) 18:45:12.28 ID:d5xcDhvH0

それで終わりとか、脱いだ俺のパンツを


ふぅ…



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

おこん

Author:おこん
このブログは2ちゃんねるのほくげです



このブログについて




このエントリーをはてなブックマークに追加


アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
逆アクセスランキング
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。