--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-09(Thu)

俺が死んだ彼女の亡霊を探しに行った話をする

2:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 21:16:51.95 ID:kCXvrlxj0

聞いてあげても…良いのよ?


10:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 21:23:33.42 ID:uUsBZVKg0

>>2
ありがとう。ひまつぶし程度で聞いてくれたら嬉しい。

当時通っていた学校は進学高とは名ばかりの中途半端な学校だった。
それでも俺は成績が割りと良く、国公立を視野に入れていた。
エリは成績も良かったが、部活の成績も良かったので、そちらの推薦でいい大学行くと言っていた。

どっちも恋愛経験がなかった俺とエリはベタベタするわけでもなし、毎日デートにいくでもなし、
メールもそこそこ、学校の帰りに自転車をおして家まで送る、といった程度だった


6:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 21:18:28.37 ID:merwACxj0

泣いちゃう?


7:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 21:19:33.00 ID:uUsBZVKg0

俺のスペック
24才 男 フリーター

彼女との出会いは高校から。同じ部活で割りと仲が良かった俺たちは、
高3になり部活が終わり引退するとすぐに付き合い始めた。
彼女は高3当時は身長低め、目がクリっとしてて可愛かった。
名前はエリとする。


12:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 21:27:39.29 ID:F3tabXCA0

パンツはどーすれば…?


15:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 21:38:11.11 ID:uUsBZVKg0

>>12
パンツは大事にしてください。

俺の家は親父の稼ぎがなかなかよく、私立でも公立でもいいよ、と言われたので、
どうせなら国公立をねらった。

家庭環境とか、思い描く将来も違ったけど、俺とエリはすごく通じ合ってたと思う。
メールもそんなしないし、イチャイチャもしないけど、表に出さないというか、
心の奥ではお互いに確固とした信頼があった。(と思いたい。)

時は進んで、9月頃、部活の終わりが6月だったので、付き合ってから3ヵ月たった。
初心な俺はほかのチャラい友達たちのように一ヶ月ごとに記念日作って祝う、とかできなかった。
けど10月にエリの誕生日があるので、そこでなんか二人でお祝いできればいいかな、とおもった。


13:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 21:31:32.59 ID:uUsBZVKg0

そんな感じで物語のような青春!てわけにはいかなかったけど楽しかった。
エリが引退した部活の後輩を指導しにいった時はついて行ったり。
エリの家庭は複雑で、父親は義父だ。エリが小3の時、前の父と別れたらしい。
母親は当時別れた反動で精神的に不安定でエリにも少し手を出してたらしいが、
その義父と再婚してからはすごく安定してエリも子供心に安心したらしい。
だけどそんな救いの義父もそこまで稼ぎがあるわけでもなく、奨学金をもらうか、
せめて国公立に通いたい、ということだった。


16:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 21:43:15.36 ID:fK1Ck0lt0

ほむ


17:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 21:43:40.31 ID:uUsBZVKg0

そんなこんなしてたら俺は成績を落としてしまった。公立も少し危ない、というくらい
俺は甘えてしまって、最悪私立で実家から近いとこ行けばいいやーと思った程度。

周りが進路について慌ただしくなってきた煽りか、エリがメールで愚痴をよこすようになった
メールの内容が愚痴であれ、おれはエリとメールするのが楽しかったので気にはならなかった。

愚痴の内容は深刻なものではなく、大学いって馴染めるかな、とか、セレクション通るかな?
とかだった。
思えばこの頃にもうすでに何か事が始まっていたのかもしれない。


18:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 21:46:46.86 ID:gsiR3ludO

ゴクリ…


20:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 21:51:14.98 ID:uUsBZVKg0

10月になった。俺はエリへのお祝いに友達の助言を聞いて買った香水と、
大学行っても続けるであろう、競技に使う道具を買っていた。頭の中はほぼそれだけだった。

エリが学校を休んだ。 次の日も。その次の日も。 次の週も丸ごと休んだ。
メールも送ればかえって来るし、理由も風邪としか言わない。それで2週間も休むのも変だが、
エリが自分で言うならそれでいいだろう。疑う必要もないな、と。
このとき彼女の家に見舞いに行ったりしていれば何かが変わっていたのかもしれない。
けどオレらは互いの家に遊びに行ったこともなく、小心者の俺は気が引けて行けなかった。 本当に後悔している。


22:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 21:58:12.19 ID:uUsBZVKg0

その後、エリは完全に学校にこなくなった。
風邪なんて嘘だとわかってたし、周りも不登校だと理解していた。
メールの内容はそっけないし、電話してもボソボソ話してすぐ切られる。

気づいたらエリの誕生日もすぎ、俺の中にはエリに嫌われた? 俺がいるから学校に来ない?
という普通なら考えない、自分本位でネガティブな気持ちが生まれていた。
恋愛経験がなかったからそういうところが分からなかった。皆分かれる時はこんなもんなの?、とか、
俺の何気ない一言で傷ついちゃったのかな?とか。

完全に身を引いちゃった俺は家に尋ねることもせず、メールもしなくなった。 フェードアウトみたいな感じ。


32: 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 :2012/02/08(水) 22:13:22.95 ID:7zvOcETP0

>>22
誕プレ相談する友達いたんなら家に行くべきかとか相談すればよかったろ


36:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 22:32:47.59 ID:uUsBZVKg0

>>32
相談はしたんだよね。でも最低なことに俺は「行くかいかないかはお前で決めろよ。行った方がいいと思うけど、」
みたいに言われはしたものの、嫌われてたらどうしようっていう怖さが勝っちゃったんだよね。

エリ母「せっかく来てくれたのにごめんなさい。帰って。もうエリという子は死にました。」

俺「は、はい・・・」

エリの母は完全に目がメンヘラ? みたいな怖い目をしていて、冗談では無いと確信できた
エリから精神が病んでいた時期のことを聞いていた俺は怖くなって食い下がることもしなく、
俺は、エリがもういないという事に衝撃を受け、フラフラ帰っていった。

自宅に帰ってもぼーっとしていた。 死んだのか。 葬儀は? なんで?死因は?
葬儀はやったけど自分は呼ばれなかった? でもクラスも呼ばれてなかったし・・・・
重い病気だったのか? とかぐるぐる考えてた


25:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 22:02:36.80 ID:uUsBZVKg0

そして人間恐ろしいもので、自分が忙しいと他人のことなんてすぐ忘れられるんだ。
クラスの人たちはエリの話をしなくなった。 俺も心なかに占める物事の割合は大学が多くなっていた。

結局、楽して地元の私立に推薦で合格してしまった俺は大学デビュー(笑)をするため、馬鹿らしいがオシャレとかに肩入れし始めた。


30:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 22:11:53.38 ID:uUsBZVKg0

3月。 卒業式だ。地元といっても実家から少し離れて一人暮らしがどうしてもしたく、部屋をかりた。
もう気持ちは夢の大学生一人暮らし。

親が高い金出して買ってくれたスーツで行った。後輩たちと恒例の記念撮影したり、
友だちと飯だべにいってカラオケしたり。 

なぜかこのときエリのことを思い出した。
エリの事を思い出すと同時、疚しさが心の中に生まれた。

エリは学校どうするんだろう、俺のことはもう彼氏なんて思ってないかな
嫌いなのかな、なんで不登校なの、 このままエリを放ったまま大学行っていいの?

身勝手なもので、実家を離れ、高校も離れ、しがらみから開放されたような錯覚を起こした俺は、
最後だし、エリの家にいって事情を聞いてこようかな、なんて思った


35:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 22:23:30.82 ID:uUsBZVKg0

日を開けて尋ねることにした。家はだいたい分かったてたが、エリの友達に詳しく教えてもらって行った。

なんだかすごくインターホンを押しずらかった。他人のテリトリーに無断で侵入してる気分。
エリのことなんてすぐ忘れてたくせに、のこのこやってきてよかったのかな、とか
またネガティブな考え方になったけど、もう何かあってもここにくることはないだろう、
と短絡的な結論を出し、インターホンを押す。 母親が出てきた。 すごく疲れたような、
沈んでいるというか、暗かった。会話はうろぼえ

俺「すみません。○○高校の俺です。エリさん、元気ですか?友達なんです」←結構どもったりかんだり。

エリ母「え、エリ?エリにあいに来たの?その・・・」戸惑ってるような、諦めたような様子 
やっぱり引きこもりにでもなってしまったのだろうか、なんて他人ごとに思った。

俺「いえ、無理なようならいいです、ただ元気かなって」

エリ母「・・・、エリには会えないわ。もういないもの」 うろ覚えだが確かに居ないと言い切ったエリ母


38:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 22:38:37.87 ID:uUsBZVKg0

これから始まる楽しい大学生活を前に、ショックを受けた俺は、自分を守るために忘れることにした。
実は別の友達もエリの母にあったときにエリが死んだと聞いたらしく、俺に行ってきてくれたが、
もう俺はそんなことも忘れようとしていた。

大学に入ってからは遊びまくった。自分に都合の悪いことは忘れたかったのか。
それとも大学生活を純粋に楽しみたかったのか。大学デビュー(笑)にも成功し、
バイトもして大学生らしいことをやってた。でも彼女はなぜか作る気にはならなかった。

どこかでエリに対する罪悪感というか、後ろめたさがあったのかも。


39:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 22:48:24.07 ID:uUsBZVKg0

20になる。そう、成人式がある。同じ高校にいった人が多かったが、中学の連中と久しぶりに会うのは楽しかった
おれはバイトで貯めた金でバイクを買い、フラッとツーングに行ったリしていたので、
それを肴に話に花を咲かせていた。 

皆で話していると、同じ高校だった奴がふといった。
「エリちゃんだっけ?付き合ってた子。この前みたよ。地元に帰ってきてたのかな?連絡とってる?」

びっくりした。 人違いだろう。だってもう死んでるんだし。 
その場は生返事で返した。 成人式が終わってまたいつもどおりにもどった。
でも心の隅っこに引っかかっていた。 エリを目撃したという、見間違いかもしれない、信ぴょう性もない話が。

溜め込んでいた思いがせきをきったというか、エリのことを思い出して頭がそのこといっぱいになった


41: 忍法帖【Lv=8,xxxP】 :2012/02/08(水) 22:50:30.43 ID:4y4Kt6er0

続きはよ


43:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 22:54:31.98 ID:uUsBZVKg0

死んだはずのエリが居るはずはない。でも居るかもしれない。俺のことを恨んでるのかな、
なんて思った。こればかりは得意の忘れるということもできず、大学3年になるまで続いた。

そしてある日、思い立った。エリの亡霊でも悪霊でもいい、会いに行こう。
毎週末になるとすぐ二十日の方へ帰り、地元をうろつく生活を続けた。
エリの家には不思議と近づかなかった。 

それこそ取り付かれたようにもくもくと。はたから見れば異常者だったと思う


44:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 22:56:17.52 ID:oiojHpWR0

見てるぞ


47:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 23:00:50.70 ID:uUsBZVKg0

>毎週末になるとすぐ二十日の方へ帰り、 地元の方へ帰り、でした

大学もそのうちやめた。 最初は週末だったけど、実家にとどまり毎日出歩いた
大学も行く必要もないなんて思うほどエリの亡霊探しに務めた

手掛かりもないし、そもそも本当かどうかも怪しい目撃情報だけしか手元になく、
ついにエリの家に行こうと決意し、行ってみたが、すでに引っ越していた。
ショック、というより虚しさがきた。 これで本当にエリの手掛かりすらきえた。

地元の人に聞いてもなぜ引っ越したのか、そもそもエリが死んだ事も知らない人もいた。


48:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 23:04:39.98 ID:WC2VnCUzO

んでんで


50:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 23:09:58.79 ID:uUsBZVKg0

そんなことで、無駄に時間をついやしているうちに、24になってしまった。
前ほどではないが、まだエリ探しをしている。バイトして、時間があれば地元にもどる。
親にも心配されてるし、地元の人にも変な人というレッテルが貼られている。本当に何かに取り憑かれてるのかもしれない

でも不思議とやめる気にはならない。あの時、エリに対してなにかアクションを起こしていれば、
自分が何かしてあげれば・・という後悔だけを抱えて罪滅ぼしのように歩き回っています。
思い出の学校、図書館、飯屋、デパート、 歩いていればいずればったり会えるんではないかと思いながら・・。

終わりです。
わかりにくくてすみません。 
でも感動モノの話や、悲しい系の話のようにはスッパリ決着しないということがあるんだ、と誰かに聞いてもらいたかっただけです。
後悔先にたたずといいますが、くれぐれも気を付けてください。 ありがとうございました。


51:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 23:11:41.16 ID:gsiR3ludO

これって>>1の方が死んでるって話だったら怖いね


53:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 23:13:04.92 ID:HEy9/e2NO

>>51の一言で背筋ゾワッてなった


52: 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 :2012/02/08(水) 23:13:03.06 ID:7zvOcETP0

おいおい
もうそいつのことはしょうがねぇじゃん
そんなことで人生無駄にすんなよ
お前が亡霊になってるぞ


54:名も無き被検体774号+:2012/02/08(水) 23:18:01.43 ID:bLFNWmsYO

―――――完―――――


58: 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2012/02/09(木) 02:21:07.49 ID:PIfm6lJH0

何かわかるわその気持ち







おれ読んでないけど



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

おこん

Author:おこん
このブログは2ちゃんねるのほくげです



このブログについて




このエントリーをはてなブックマークに追加


アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
逆アクセスランキング
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。