--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-18(Sat)

一行ずつ書いて感動の話を書こうぜ

1:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 02:19:53.66 ID:wNcW7rfN0

メロスは激怒した


2:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 02:21:01.10 ID:CfwfVlVc0

怒りに身を任せ自慰をするメロス


5:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 02:31:04.60 ID:CfwfVlVc0

そう、メロスは食欲と性欲の塊であったのだ


28:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 02:46:30.88 ID:TWg35sKWi

ここで思いもよらぬ事態が


31:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 02:47:29.76 ID:CfwfVlVc0

メロス「勃起が収まらないんだ」


35:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 02:49:38.12 ID:TWg35sKWi

しかし、折れてしまった


37:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 02:50:14.75 ID:Ra7G4Iyo0

そう、彼の心と共に


38:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 02:51:08.92 ID:FSuPzY0CO

やがて


41:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 02:51:57.97 ID:9IxlDxZA0

皮が剥け


44:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 02:53:35.15 ID:FSuPzY0CO

虹色に輝きだしたと思いきや


56:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 02:59:06.91 ID:CfwfVlVc0

メロスは無我夢中で右手を動かした








59:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 02:59:47.10 ID:DKrUxEPA0

次の瞬間


64:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:02:11.65 ID:EebrP0Nx0






死んだ









66:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:02:45.84 ID:FSuPzY0CO

時は流れ


68:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:02:51.99 ID:CfwfVlVc0

メロス「ここが地獄か…」


76:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:05:12.95 ID:qT5lUCFA0

そこには


78:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:05:43.83 ID:Ra7G4Iyo0

死んだはずの


80:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:05:55.91 ID:CfwfVlVc0

2ちゃんねるがあった


97:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:10:33.96 ID:FSuPzY0CO

トンネルを抜けるとそこは


119:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:17:28.25 ID:EebrP0Nx0

絶命した


131:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:22:31.96 ID:CAxJnLo30

ククリナイフを抜き、低い姿勢でおばさんは敵に駆け寄る


134:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:23:11.58 ID:pGMSkWuj0

おばさんも後を追った


138:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:24:38.13 ID:lSxRauVB0

雨の降りしきる三条大橋でメロスは雨に濡れた子猫を拾った。


141:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:25:49.93 ID:pGMSkWuj0

ところ変わって


143:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:26:43.21 ID:gr785KK80

ここは江戸の都


148:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:28:00.69 ID:dlYchgV/0

花魁が夜に咲く街


159:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:29:27.85 ID:lSxRauVB0

夜が明けて隣に寝ているはずの花魁を見ると、それはおばちゃんだった。


163:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:30:05.56 ID:lSxRauVB0

そしてお婆ちゃんは子猫のスープを作り始めた。


169:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:30:51.38 ID:FSuPzY0CO

気づけば一件の不在着信


172:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:31:35.94 ID:lSxRauVB0

「メロス、今すぐそこから逃げろ」


173:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:31:49.01 ID:Ra7G4Iyo0

メロスは走った


177:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:32:42.00 ID:qT5lUCFA0

メロスは振り向かなかった


182:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:33:20.47 ID:Ra7G4Iyo0

お婆ちゃんのようなお爺ちゃんが鬼の形相で追いかけてくるではないか


183:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:33:52.01 ID:dlYchgV/0

お婆ちゃんは少し濡れていたのである


185:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:34:19.50 ID:qT5lUCFA0

むしろビチョビチョだったのである


187:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:34:41.70 ID:lSxRauVB0

狂乱し、叫びながらメロスの後を追ってくる濡れた鬼婆の姿がそこにあった


195:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:36:49.57 ID:CfwfVlVc0

メロスは叫んだ


196:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:36:59.17 ID:oEM3zpo60

助けて



200:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:37:23.90 ID:qT5lUCFA0

逝っちゃうぅぅうう


202:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:38:03.00 ID:lSxRauVB0

その刹那、お婆さんは本当に逝ってしまったのであった






205:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:38:51.33 ID:FSuPzY0CO

メロスは落胆した


207:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:39:08.50 ID:oEM3zpo60

お婆さんは


213:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:40:13.37 ID:EebrP0Nx0

いかなかった







215:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:40:23.39 ID:CfwfVlVc0

だがしかし


219:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:40:55.10 ID:oEM3zpo60

まだ気付かなかったのだ


231:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:44:04.62 ID:Ra7G4Iyo0

そう思い込んでいた





243:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:47:32.17 ID:YgMfEACOO







お母さんがおばさんだった


256:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:50:27.67 ID:oEM3zpo60

四面楚歌である


257:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:51:04.87 ID:FSuPzY0CO

などとつぶやき


264:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:52:27.35 ID:FSuPzY0CO

実は怒っていた


265:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:52:36.65 ID:oEM3zpo60

なぜなら


271:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:54:11.10 ID:CfwfVlVc0

メロス「私に恋をさせてくれないか?」


273:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:54:22.65 ID:Wfl2oc5C0

「親の気持ちを考えたことがあるのか?」


274:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:54:48.44 ID:oEM3zpo60

親はいない死んだのだ


278:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:56:31.49 ID:CfwfVlVc0

それから10年後…


279:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:56:47.83 ID:oEM3zpo60

僕は彼に驚いた 何故なら


287:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:58:24.34 ID:CfwfVlVc0

メロスは拉致された


290:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:58:45.10 ID:Wfl2oc5C0

そしてとある北の島へついた


293:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 03:59:20.88 ID:Ra7G4Iyo0

メロスは工作員になった


296:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:00:13.81 ID:m9sEskLQ0

後のジョーンズである


297:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:00:23.75 ID:lSxRauVB0

誇り高きコードネームだった。


305:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:01:38.74 ID:oEM3zpo60

そうして1ヶ月


307:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:01:54.22 ID:lSxRauVB0

ウラジオストクからの積荷が届いた


308:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:02:06.70 ID:oEM3zpo60

開けてみると


310:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:02:41.95 ID:FSuPzY0CO

なにやら


312:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:02:53.35 ID:lSxRauVB0

うねうねと


313:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:02:59.48 ID:Wfl2oc5C0

得体の知れない


316:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:03:38.35 ID:oEM3zpo60

僕は驚いた


319:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:04:38.78 ID:Wfl2oc5C0

ヤレ・・・ということか?


321:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:05:06.62 ID:oEM3zpo60

すると組織からスパイがいるとの情報が


324:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:05:54.47 ID:Ra7G4Iyo0

メロスは激怒した!


325:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:06:07.55 ID:oEM3zpo60




俺じゃない!





327:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:06:55.17 ID:FSuPzY0CO

わなわな肩を震わせ


328:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:07:00.83 ID:e3Cn5BOf0

犯人は、


340:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:10:46.86 ID:oEM3zpo60

そうして人知れず僕は計画したのだった


352:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:13:08.27 ID:lSxRauVB0

女郎を買おうとしていた


363:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:15:54.99 ID:FSuPzY0CO

工作員として当然であった


370:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:18:18.92 ID:zE/OvhsX0

その時メロスは


371:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:18:42.00 ID:oEM3zpo60

一冊のノートを拾った


373:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:19:04.27 ID:oEM3zpo60

死神デューク


375:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:19:09.10 ID:Ra7G4Iyo0

ノートに名前を書き込むと


379:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:20:14.51 ID:oEM3zpo60

操れる魔法の書


395:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:23:16.16 ID:oEM3zpo60

見るに耐えない それは


398:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:24:26.12 ID:FSuPzY0CO

筆舌に尽くし難いほど


400:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:25:05.63 ID:oEM3zpo60

絶句した


410:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:28:02.69 ID:oEM3zpo60

僕はこの世界が奴らの手に堕ちることを危惧した


411:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:28:36.47 ID:FSuPzY0CO

奴らとは


421:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:32:16.76 ID:oEM3zpo60

暗黒面に堕ちてしまったのだ


449:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:40:33.99 ID:oEM3zpo60



つぶやいた





451:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:41:08.70 ID:Wfl2oc5C0

あの人、ほんとは


452:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:41:19.08 ID:lSxRauVB0

優しい人なんだ・・・


466:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:45:21.10 ID:NJHw1E/I0

大したヤツだった


473:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:48:06.50 ID:oEM3zpo60

心なしか瞳も暗い


477:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 04:50:36.92 ID:oEM3zpo60

少し気が晴れた気はした


507:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 05:02:51.52 ID:wFqxX1B70

すっと静かに、何かを決意したかのような深い呼吸をした。そして、


522:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 05:17:24.04 ID:KieoLEqn0

旅にでたのだった


523:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 05:17:55.68 ID:z36SmSjJ0

永遠に


526:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 05:18:52.80 ID:Ra7G4Iyo0

感動の旅へと







631:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 12:42:32.00 ID:Ra7G4Iyo0

そこであの名曲が流れる


632:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 12:43:54.56 ID:1jZAunJe0

♪あの鐘を鳴らすのはあなた♪


633:名も無き被検体774号+:2012/02/18(土) 12:57:17.64 ID:zQKaREa30

メロスは鐘をならす為に



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

おこん

Author:おこん
このブログは2ちゃんねるのほくげです



このブログについて




このエントリーをはてなブックマークに追加


アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
逆アクセスランキング
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。