--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-23(Thu)

嫌われ者とレズになったwww

1:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 18:57:44.47 ID:4MM8FQUHO

話をしても良いかい?


2:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 18:58:35.22 ID:Ts1JLsJ10

やめろと言ってもやめないくせに


3:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 18:58:43.89 ID:WvOozvxA0

良いでござる


6:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 19:05:31.17 ID:4MM8FQUHO

6年前の話だ、私は高校入学を迎えて新しい学校生活にワクワクしていた

オタク友達とか彼氏を作ったりしたいな、とか色々考えていたけど新しいクラスにはDQNしか居なくて絶望した


9:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 19:24:17.82 ID:4MM8FQUHO

よし、ただいま

クラスで初めての弁当の時、私は一人でむなしく食べていた、
でも一人弁当は私以外にも居た
ダメもとで弁当食べようと誘ったらその子は無表情で良いよっていってくれた、
ちなみにこれからは私を1、彼女を梓としよう
梓は俺っ子で腐女子、私も腐女子、行きたい部活を聞いてみたら漫研らしいので放課後に一緒に行くことにした


10:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 19:29:37.21 ID:4MM8FQUHO

漫研には男の方が多く、ワイワイ騒いでいた
入学生歓ゲイと黒板には描いてあり阿部さんの絵とかアソパソマソの絵とか描いててとりあえず色々カオスだったのは覚えている
私も騒がしいのは好きなので梓と笑いながら初日は過ごした
絵は描かずに殆ど雑談だった


11:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 19:38:32.41 ID:4MM8FQUHO

部活は水木金曜日、私は確か木曜に行ったので翌日も梓と部活に顔を出した
その日は昨日見なかった一年や先輩もいたので自己紹介をした
梓「4組の梓でーすwww好きなゲームはポケモンとFFでーす漫画ならブリーチやリボーンが好きですwww腐女子っすwwwよろしくwww」
1「4組の1です、好きなゲームはKHとテイルズですwww同じく腐女子でーすwww」
みたいな感じでみんなの前に立って梓と自己紹介した


12:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 19:40:40.07 ID:WvOozvxA0

嫌われ者って梓のことか?


13:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 19:45:42.22 ID:4MM8FQUHO

その後しばらくして地味男子の自己紹介を聞いてたら太った目つきの悪い女子が出てきた、彼女の名前をデラ子としよう
デラ子は人見知りなのかニヤニヤしながら自己紹介をした
「1年2組のデラ子です、好きな漫画はジョジョとかですね、よろしくです」
私も太ってたがデラ子は私を上回ってたと思う


14:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 19:46:45.43 ID:4MM8FQUHO

誰が嫌われてるのかは後でわかるからちょい待ち、スペックとかいるかな


15:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 19:49:03.63 ID:eEPLAyHHO

デラ子だな!!


16:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 19:53:55.41 ID:4MM8FQUHO

一応
1
身長は167~170くらい
体重は75キロあるかないか
髪は長いがバレッタやゴムでとめてるかゆわいてる
顔はブスより


身長は168らしい
体重は当時48、今は53らしい
顔は普通
髪はかなり短い

デラ子
身長は155くらい
体重は当時80オーバーくらいかな?
顔は太ってるくせに可愛かった
髪は長く一年の頃は結んでた


17:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 19:58:22.11 ID:4MM8FQUHO

続きね、その日は集まりが悪くて自己紹介中心だったので
その次の週に絵を描くことにした
梓の家は私の家とは離れていたけど寄ることにした
高校一年なのにエッチなホモ本を持っていたりしててビックリした、私は当時同人誌は健全なものを我慢しながらもちゃんと買っていたのでちょっと悔しかった


18:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 20:08:36.05 ID:4MM8FQUHO

梓は家につくなりパソコンを起動しながらベラベラ喋ってた
内容はデラ子の顔こえーとか中学どこだったとか萌えるキャラとか
私も暇だったし一緒に動画をみながらダラダラしていた、帰るときにはもう8時だったので急いで自転車にまたがって家に向かった
帰宅中にライフというスーパーの入り口にデラ子を見かけたけどやっぱり顔はちょっと怖かった
遠くだったし、話したこともないのでそのまま帰ったけどね


19:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 20:16:56.90 ID:4MM8FQUHO

その翌週ようやく真面目に絵を描いた
正直、梓は絵は初心者だった、私は部活のメンバーの絵を見てちょっと得意げな気持ちになるくらいには絵は描けてた
とりあえずエッチな雰囲気の絵を描いてたら部活の男女がくれくれ言ってくれて気持ちがよかった
だけどその後に来たデラ子はヤバいくらい上手くて今までくれくれ言ってきた先輩や同学年の子がデラ子を囲いだしたのにはイライラした


20:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 20:19:37.05 ID:d0OJud000

みてる


22:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 20:25:50.36 ID:4MM8FQUHO

ちなみに私の絵はいかにも女性向けだがデラ子は何でも描けるしとにかくヤバかった、萌え系もガチムチも少女マンガも少年マンガも上手く、あんなに上手い高校一年生はいまだにデラ子以外では見たことがない、とにかく私は嫉妬丸出しでデラ子を初めは一方的に恨んでいた


23:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 20:30:18.65 ID:AwDQ4DEg0

みてます


24:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 20:34:13.21 ID:4MM8FQUHO

梓は私を気遣ってくれて
「気にすんな、あんなデブの絵より俺はお前の絵が好きだ」
と言ってくれた
デラ子は部活のメンバーと仲がよく、デラ子の絵がうざい的な愚痴は二人の間のみだったけど
でも今思えば最低な女二人だと思う

でも慣れてくるとそんなに酷い嫉妬もしなくなり、私と梓とデラ子は良く話すようになった、デラ子は案外良い奴だった


25:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 20:39:31.80 ID:4MM8FQUHO

私たちは裏でデラ子をバカにしてるのに
デラ子はいつもニコニコして「楽しい話題知ってて羨ましいな」とか「二人とお話できて嬉しいよ」とかいつも恥ずかしくなさそうに言ってきた、梓もしばらくしてデラ子カワイーとか私の前で話したりしていたし、私もデラ子の絵以外はデラ子に友好的だった


26:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 20:49:12.08 ID:4MM8FQUHO

そんな感じで高校に入って3ヶ月ほど経過した7月の事、私は梓にうんざりしてきていた
梓は口悪くいつも私がジョークを言うと、「死ね、今すぐ死んでこーい」とか言ってくるからだ
梓なりのツッコミだし、悪気がないのは知っていたけど私はイライラして仕方がなかった
部活のメンバーも「梓氏は確かに話し方怖いよね~」としか言わないし
梓は私以外には優しいからそれも嫌だった
親しき仲にも礼儀はあるだろうし、私は高校一年の7月で早々と絶交しようかとまで考えていた


27:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 20:56:04.21 ID:4MM8FQUHO

どうしようかと悩み、最近一緒に帰ってるデラ子に相談した
1「ねぇ、私さ、梓と絶交しようか悩んでるんだ」
デラ子「え?何であんなに仲良しなのに?」
1「だってさあ…最近私に遠慮ないし話してて傷つくんだもん」
この後のデラ子の言葉は今も身にしみてる

デラ子「えー、良いじゃん、信頼してるんだよ
梓ちゃんは1ちゃんを仲良く思ってるから安心してるんだよ
1ちゃん凄いよ、そんなに人のこと信頼させられるなんて憧れるよ」
私はデラ子の純粋さにビビった


28:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 20:56:37.49 ID:BtJhcKT60

見てる


29:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 21:02:13.64 ID:4MM8FQUHO

1「気休めは良いよ…私絶交してもあんたと梓が話してるの見ても気にしないから
だから絶交しても私と仲良くしてね」

デラ子「え、やだ」

1「は?」

私はデラ子に相談するのは間違いかと、高校生活終わるのかと本気で思ったけど
デラ子泣き出す

デラ子「やだ、1ちゃんも梓ちゃんも一緒に話してなきゃ嫌だ…うう」
みたいな事言いながら私の制服を握ってた


31:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 21:09:25.97 ID:4MM8FQUHO

前にも言ったけどデラ子は太ってるわりに顔がかわいい、泣いてる姿もブヒィィィィンというより、女の子って感じだった

1「おい!泣くな!じゃあ私どーすればいいわけ?!」
混乱しながらデラ子をなだめていたらデラ子は鼻をすすりながら話してた

デラ子「あのさ、梓ちゃんは確かにちょっと怖いからさ、優しくいいなよ…

私、梓の事好きだけどこういうのはいやなんだって言ったらきっと分かってくれるよ、相手はほめられると嬉しいし気がゆるむから…」

その時にコイツ、交友スキルぱねぇなと思ったのはいうまでもない


32:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 21:18:12.81 ID:4MM8FQUHO

私はその夜デラ子に言われたように梓と電話した

梓の事は会えてよかったし、話も楽しいから一緒にいたいけど言葉がきつくて悩んでる


梓もその日はごめん、これからは気をつけると言ってくれた
梓らしくない反応で私も気にしすぎだったかなと思ったけどその日の夜はとりあえず梓と二人きりで久々に話した
梓が途中、「最近デラ子が居るから話せなかったよね~。俺あいつカワイーとか言ってるけどちょっと邪魔だよなー」
みたいな事を言ってたけど私は梓と話すのが楽しくて思わず
「ねー」とか言ってた
当時の自分を殴りたい


33:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 21:24:52.19 ID:WvOozvxA0

見てるぞー 頑張って!


34:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 21:28:45.69 ID:4MM8FQUHO

その数日後くらいに私は反省文を10枚出された
遅刻やプールの授業をサボりまくり
授業中携帯をいじり、寝て授業移動しなかったり
本当にひどかった為だ
そのためデラ子に泣く泣く反省文を手伝うようにお願いした
デラ子は爆笑しながら「よろしい」と言ってたけど良く考えたらデラ子が居なきゃ反省文が書けないので金曜日にデラ子を家に泊めることにした

一旦家に帰り荷物をまとめてきたデラ子の私服を見て、制服の時よりやや痩せてるなと思った
本当にやや
ちなみに私服はグレーのワンピースだったと思う
随分前の話だから曖昧


36:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 21:37:38.96 ID:4MM8FQUHO

デラ子は文が上手いし書くのも早い
あっという間に5枚書き上げた
私はテレビでも見ててと言われたのでお言葉に甘えてネットでおジャ魔女どれみを見ていた
チラッとデラ子を見た時にちょっとドキッとした
デラ子の胸の谷間が目に入って中の下着がちらついていたから
デラ子の胸はでかいし、谷間のあたりも真っ白できれい、羨ましく思いつつ彼氏とか居るんかなとか思った


37:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 21:43:07.98 ID:4MM8FQUHO

デラ子のブラジャーは紫と白の縦縞だったと思う
何故か見てはいけないものな気がして恥ずかしくなった、ちなみに私はその時部屋着で赤Tシャツに黒短パンだった

おジャ魔女どれみが頭に入らずに3話ほど流れた後にいきなりデラ子が
「だっしゃー!終わったよ!」とか言い出すから焦った
多分マジでびくっとしてたと思う


38:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 21:48:41.57 ID:4MM8FQUHO

1「まじか!ありがとう、さすがデラ子様だわ」
なんて言いながら内心ドキドキしながら受け取ると同時に申し訳なくなった

1「何か食べよう、お母さんに頼んでくる」

私は階段を下りて母親に夕飯を作ってもらった
夕飯なんだったか忘れたすまん

デラ子にお礼に肩もみなんかしてあげると
デラ子「1ちゃんが困ったらまた手伝ってあげるよ」とかなんとか言ってた


39:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 21:54:25.73 ID:4MM8FQUHO

その後は一緒に風呂に入った
私は友達と泊まるとお風呂に必ず一緒に入ってた
デラ子は慣れてないみたいで顔がちょっと固まってて背中の洗いあいの時も
「い、たく、ない、ですかー?お、きゃくさ、ま」みたいなことを必死に言ってた
必死なデラ子に笑ってたら
「こんなデブデブな体恥ずかしくて死にそうだよ」みたいな返事をニコニコしながら言ってた

私も太ってるし~とかフォローを入れても
私はデブデブ~とか歌ってた


40:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 21:57:07.23 ID:4MM8FQUHO

ちなみにデラ子の良いところばかり書いて見えますがデラ子は理数と英語とスポーツは絶望的に出来ません
あと結構バカです


41:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 22:00:17.43 ID:4MM8FQUHO

梓はかなり頭が良く運動神経も抜群です
私は理数得意で他は普通です強いていうなら長距離走が速いのが自慢です


42:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 22:09:38.91 ID:4MM8FQUHO

見てくれる人が居て良かったです
続き書きます

お風呂につかろうと言ったら
デラ子「私が入ったらお湯がたくさん減っちゃうから」
とか断ってきたけど
お風呂入らなきゃ梓と絶交すると意地悪に言ったら大人しく入ってくれた
ゆっくり向き合って浸かるからデラ子の体がお湯に入るところを眺めなくてはいけないわけで

1「ねえ」

デラ子「なに」

1「早くつかってくれなきゃ気まずいよ、エッチぃよ」

デラ子「エッチは無いなwでもお湯が…」

いつまでもグダグダしてたら体が乾きそうなので私は一回立ち上がって一気に浴槽に入ろうと提案した


43:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 22:14:06.72 ID:4MM8FQUHO

1「それなら恥ずかしくないだろ」

デラ子「うーん…おk」

1「よし、じゃあいくぞー」

二人で思いっきりしゃがんだ
狭いし、お湯飛ぶし二人で笑いながらお湯の掛け合いとかして遊んでた
風呂にでるときに頭拭きたまえとか良いながら屈んだら痛いくらい激しく拭かれてそれでまた笑った


44:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 22:24:35.90 ID:4MM8FQUHO

風呂から上がりパジャマに着替える、私は部屋着もパジャマも一緒なので同じ服だがデラ子は寝るときもワンピースだった
暇なので絵を描こうという話になり描く
二人きりで描くのは初めてだけどデラ子と二人で描く絵は嫉妬もなく寧ろ楽しかった
ホモのエロい絵をかこうといったら
「ちょwwwこーらっ」
とか言われたけど描いてくれた
そのうち話題もエッチな話題になっていって
ホモやら幼女で語っていた


46:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 22:30:17.11 ID:4MM8FQUHO

私は正直ムラムラしていてエッチな話がしたくて仕方がなくなっていた
今更だけど我ながらキモイと思う
デラ子も下ネタばかり話していて完全に深夜テンションだった
頭がエロまみれになった私はとりあえず
1「デラ子ってオナニーする?」
と聞いてみた
1「みんなしてるみたいなんだけど私したことないからどんな感じか気になって」
ちなみに嘘で私は中学~高校の頃オナニーばっかしてた


47:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 22:31:35.80 ID:4MM8FQUHO

ここからちょっとエロ系の話が入るので苦手な人は注意してください


48:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 22:37:01.91 ID:zYwjFwxU0

>>47
ここに苦手な人とかいねーだろwww
好きな人は腐るほどいるが。


50:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 22:46:01.47 ID:4MM8FQUHO

>>48
だよね


1「デラ子の下着カワイイよね、おっぱいもデカいし」

デラ子「何いってるのwww」

1「おっぱい触らせろー」
ツンツンすると明らかにびびるデラ子

デラ子「きたないから!」
1「汚くねーしwww風呂はいっただしょー」

デラ子「デブエキスがついちゃうから!」

このデブエキスは後に私がデラ子をバカにするときに使われる


49:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 22:38:32.21 ID:4MM8FQUHO

デラ子は真っ赤になってたと思う、人間恥ずかしいと本当に赤くなるんだね

デラ子「オナニーなんてしてない」
明らかに声が小さくなってて
ちょっとドキドキした
1「本当に?」

デラ子「してたとしても誰もいわないよ」

1「じゃあしてるんだ」

デラ子は顔を伏せながらもじもじして黙ってた

1「オナニーなんてみんなしてるんだって、出来ないのが悩みなんだよねー」
私はなんかこの時必死だった
当時のデラ子からしたらガン引きだっただろう


51:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 22:52:38.83 ID:4MM8FQUHO

1「そういえばオナニーするとおっぱいでかくなるんだって」
デラ子「ふーん」
1「だから誰にもいわないから教えて、オナニーしてるんだよね?」
デラ子「さーね」
1「言ってデラ子
私だけ知らないのずるい」
確かこんなやりとりをしてて暫くしてデラ子が
私を見ながら
「誰にもいわないなら言う」
って折れてくれた


52:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 22:56:02.29 ID:0l+iR8EAi

あれ、デラ子可愛い・・・?


53:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 22:58:37.88 ID:4MM8FQUHO

やった!とか思った私はとにかく質問攻めしてた
1「オナニーするときって気持ちいいの?」
デラ子「痛かったらしないよ」
1「中に指いれたりする?」
デラ子「怖いからしてない」
1「じゃあどこ触ってるの?」
デラ子「尖り」
私はクリトリスの事だとは知ってるけどわざと知らないふりを決め込んでた
1「尖り?!なにそれ?」
とか言ってた、自分がうざいwww


54:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 23:03:54.67 ID:BdhUJQnp0

くそっ気になる


55:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 23:04:59.82 ID:4MM8FQUHO

そしたらデラ子は携帯を取って何か調べだして
クリトリスの図面みたいなのを見せてきた

デラ子「これ」
私と顔をあわせないように必死にそらしてた
図面を見てもわからないふりをしたらこんどは別の写真を見せてきそうな気がしたから止めた
1「デラ子ここ触るの好きなんだ」
とか言ってたらとうとうデラ子が泣いた


56:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 23:10:43.80 ID:4MM8FQUHO

デラ子「ごめんね、嫌いにならないで、私変態だけどデブだけど1ちゃんと居るのが楽しいから引かないで」
みたいな事言ってた
どうやらデラ子はクラスに絵を描く子がいないらしい、みんなギャルや不良で心寂しく班を決めるときもいつも一人だったという
私たちには頑張って笑顔で接していたけどお弁当食べるときもトイレで一人で食べているとのこと
まさかの展開にとりあえず私はデラ子を抱きしめておいた


57:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 23:15:33.05 ID:WvOozvxA0

>>56
高校生で便所飯か…辛いな


58:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 23:17:20.75 ID:4MM8FQUHO

「ばかやろう、何で言わなかったの」
私が聞くとデラ子はうっうっ、て言いながら
「私まだ3ヶ月しかみんなと居ないし、いつか嫌われても一人だったなら初めからショック受けなくてすむから」
みたいな事いってた、私はいまだに理解できてないから理解できる人がいたら解説を頼みたい
1「私、デラ子と友達でいてあげるからね」
とか言ったらデラ子はまた泣いて私にぎゅーってしがみついてた


59:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 23:18:38.01 ID:KpGBZu+o0

裏切られて離れて悲しいくらいならそもそもくっつかない方がいいってことかと


60:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 23:27:10.39 ID:4MM8FQUHO

>>59
そうなんかなー、
デラ子くらい表面強くなれる子は
そんな心配いらないと思うんだけどね

とりあえず書く

1「お前はバカちゃんだからね、大親友になってあげるよ」
とか調子に乗ってたら
デラ子がニコニコしてありがとうって涙拭いてた
デラ子「服くしゃくしゃにしてゴメンね」
1「気にすんな」
デラ子「うん、大親友だもんね」
1「そーそー、大親友だからデラ子さんのオナニーみたいなーなんて」
とりあえずおちゃらけてみたけどこの後すぐに「あー!私のバカ!体目当てみたいじゃん!」って後悔した
だけどデラ子も意外だった

デラ子「1ちゃんならいいよ」

私の中のマイケルジャクソンがポゥした


61:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 23:28:28.31 ID:KpGBZu+o0

表面で強がってるだけかと


62: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2012/02/21(火) 23:28:28.16 ID:JMCJgrTm0

ジャクソンがポゥしたってなんだよwwwwwwww


63:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 23:33:25.48 ID:4MM8FQUHO

この時は興奮しすぎてあんまり覚えてないけどなるべく詳しく書いてみる
1「え、いいの」
デラ子「私なんかで1ちゃんの役に立てるなら頑張るよ…」
1「デラ子ー、優しすぎ」
デラ子「えへへ」
みたいな会話をして

デラ子「全部脱いだ方が良いのかな」
とか聞いてた
とりあえずうんと言うとデラ子は脱ぎだした
いつ見てもデカいおっぱいにドキドキした


64:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 23:39:08.98 ID:4MM8FQUHO

「恥ずかしいからあんまり見ないで…」とか言ってたけど私はシカトしてガン見してた、わざとDVD!DVD!とか言ってたら頭ぽんぽんしてきた
とりあえずブラジャーを取るデラ子、乳首がちょっと大きくて乳輪はややオレンジだった
やばいくらいに私の心臓の音が耳に響いてた


65:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 23:44:53.05 ID:4MM8FQUHO

デラ子がパンツに手をかける時もわくわくしてた
下ろしたパンツには濡れた染みがついてて私のあそこも濡れてきてた
1「デラ子お漏らし?」
とか聞いてたら
自分の声がカッスカスで焦った
デラ子「さっきエッチな話したから」
とか言ってたけどデラ子の声もカスカスで、この時から何かデラ子に恋みたいなものを抱いたんだと思う


66:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 23:52:08.59 ID:4MM8FQUHO

1「そーなんだ、ねえデラ子クリトリス教えて」
って知ってるくせに聞いてみると
デラ子は「恥ずかしいからダメ」
って、ここは諦めてオナニーを見せてもらうことにした
最初に寝転んだデラ子を見るとおなかがへこんで痩せたみたいになってた
私がお腹痩せたとか言いながら撫でたら
ああって言いながらビクビクしててぶち犯したくなった


67:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 23:54:37.40 ID:c1DXtiND0

見てるから早く


68:名も無き被検体774号+:2012/02/21(火) 23:59:32.84 ID:4MM8FQUHO

まさか太った女に欲情するなんてって思ったけどデラ子は太ってる印象が感じられないくらい清潔で可愛かった
デラ子が自分の胸をゆっくり揉んで乳首を指先で根本?から先端へ撫でる手付きがいやらしかった
声を必死に我慢しながら電気薄くしてっていうから薄暗くした、
チンコが勃起したときの感覚が何となくわかった
1「デラ子、声出せ声」
って言いながら頭撫でたら小さく喘いでくれた
テレビつけてなかったら響いてたかなとかぼーっとした頭で考えた


69:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 00:00:52.82 ID:IOIiGVwoO

ねぇ、デラ子可愛いんだけど


72:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 00:07:58.33 ID:qcQPNw3kO

デラ子は自分の口に指を入れて唾液のぬめる指で乳首を刺激してた
興奮したのか
デラ子「1ちゃん、1ちゃんどうしよう、気持ちいい」
って何度も言ってくるから私も我慢できなくて
デラ子に覆い被さっておっぱい吸った
舌先でおっぱいが揺れるくらい舐めると
「1ちゃんダメ、こんなの友達にしちゃダメ」
って言うから
「セフレで友達としても大親友なら問題なし」って訳わからないとは自分で思うけど言ってた

デラ子の耳にマンガでみたように噛んだりなめたりしたら
デラ子も大人しくなって私の背中に知らないうちに手を回してた


73:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 00:16:36.70 ID:qcQPNw3kO

デラ子のおっぱいを舐めたり揉んだりしてたらデラ子もさすがに「なんか胸がピリピリしてきた…」とか言ってたから
耳元で四つん這いになってってお願いしてみたら
最初こそ抵抗はしてたもののゆっくりお尻を持ち上げてきた
お尻の穴もマンコも丸出しだけど薄暗くしてるせいで変にいらやしく見えた
デラ子はちょっとビラビラが長くて悩みらしいけど
私が
「なめて良い?」
って聞くとデラ子は「汚いよ」って言ってたけど無視した
デラ子のマンコならなめれるなって何か思ったんだよね、理由はわからないけど


74:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 00:16:44.50 ID:Nef1m0MM0

スレタイから想像できんかったデラ子の可愛さ…
なんだこの気持ち…


75:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 00:23:49.06 ID:qcQPNw3kO

>>74
デラ子は譲らん


デラ子のビラビラの表面を舌全体で舐める透明な汁がどんどん溢れて私も興奮して仕方なかった
デラ子本人も
「あ、あ、1ちゃん1ちゃん、ごめんね、どうしよう、私」
みたいことをひたすら言ってた
わざと舌先でビラビラの間を細かく舐めるとデラ子のマンコからしょっぱいのがじわぁってかすかに漏れてきて
デラ子もびっくりして起き上がってごめんごめんって言ってきた


77:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 00:30:41.73 ID:qcQPNw3kO

デラ子「1ちゃんごめん、どうしよう、1ちゃん嫌わないで」
って何回も言うから意地悪したくて
1「クリトリス触ったの見せてくれたら許す」
って言ったら
一瞬戸惑ってたけどデラ子は割れ目に指を挟んでた
クリトリスを親指でこすって顔伏せてたからもっと意地悪したくなった
デラ子は私に嫌われたくないから何でもしてくれるって思い始めて
調子に乗ってデラ子に顔上げて、1ちゃん好きですって言ってって訳わからない要求までしてた


78:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 00:39:59.75 ID:qcQPNw3kO

でもデラ子は聞いてくれた
「1ちゃん好きです、好き、好き1ちゃん」
みたいな事ずっと言ってて可愛かった
コイツMかとか思ってデラ子にまた四つん這いにさせてお尻を軽く叩いてみたら
「あっ」
って今までの中で一番良い声出してた
我慢してない感じの
でも不完全燃焼は嫌なタイプだから
親指をちょっとマンコの穴の前に押し付けてグリグリしてみたら
やっぱり透明な汁が出てきた
その汁で優しくクリトリスを擦ったらデラ子はびゅっておしっこ出しながらイった


79:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 00:49:16.80 ID:qcQPNw3kO

その後冷静になった私たちはお互いに恥ずかしいやら何やってるやらって感じだった
デラ子もキツそうに起き上がって床拭いて自分のマンコも拭いてた
あまり言葉を交わせずにいたけど
ここは空気を読んで私からデラ子に声をかけたけど
「デラ子可愛い」
としか言えなかった
でもデラ子は力なくニコニコして
「私はただのでぶちんだよ、今日のこと、誰にもいわないし、友達だもんね」
って言ってた
友達って聞いて私は複雑な気持ちになった、私はたった3ヶ月でデラ子が好きになってたんだってこの時は気づかなかったし
デラ子が誰を好きかなんてこのときはまだ知らなかった


80:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 00:50:40.98 ID:q47TdkreO

デラ子健気でまじ可愛い…


82:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 00:56:50.76 ID:qcQPNw3kO

ちなみに私はその後デラ子が寝たのを見計らってオナニーしてた、自分が満足してないのにデラ子がイった時自分も解放された気持ちになった
翌日の夕方までは普通に話したり萌えトークをして帰ったけどそれから高校2年に上がるまで私とデラ子は部活意外で話さなくなった
デラ子から距離を置いてるようだがデラ子には一定の友達や恋人ができた様子は無かった
デラ子はバイトを高校一年の夏休みから始めたため、めきめきと痩せてデブからポッチャリになっていた、私も痩せたけど悔しかったデラ子を私はまた嫌いになっていった


83:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 01:04:14.56 ID:qcQPNw3kO

デラ子と距離を開けた私は梓と話しまくった、梓と外出の約束をしたとき
デラ子は珍しく「私もいって良い?」って聞いてきたけど私は梓と「デラ子にはあわないんじゃない?」ってニヤニヤしながら断った
デラ子を運動会の時バカにしてた、デラ子はそれを聞きながらえへへと笑ってたけど
辛かったと思う、私は部活の仲間にデラ子がみんなの絵をバカにしてたとかあることないこと言ってた
私は最低だった
デラ子が辛いのを知ってて突き放したから


84:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 01:12:32.55 ID:qcQPNw3kO

ある日にデラ子がボコボコになって部活にきた、デラ子はふらふらしてたけど一部の先輩以外はみんな私の悪口を信じていたからデラ子を見て笑ってた
デラ子もいつものように「えへへ、転んだだけですよう」って先輩に言ってた
でも部活の終わりに梓が笑いながら教えてくれたがデラ子は同じ漫研の男子部員に最近痩せて可愛くなったねといわれ、その男子部員の彼女と彼女の友達にリンチにあったらしい
その彼女は私の嘘を信じた子のひとりでその嘘に対する苛立ちもデラ子を殴った理由らしい


85:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 01:15:56.47 ID:jqkvBuFx0

デラ子……守ってやりてー…


86:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 01:22:58.71 ID:qcQPNw3kO

でも暫くして高校2年の5~6月、デラ子の傷も直る頃、久々にデラ子からメールが来た
久々に遊ぼう
との事だった、
私は予定もないし、デラ子から誘うこともなかったので言ってみることにした
デラ子とは以前デラ子を見つけたスーパーの前で待つことにした
久々に会うデラ子は違うものだけどグレーのワンピースだった、まえより痩せた腕には大きな袋
私へのプレゼントらしい
中を開けたら私のほしいと言っていたペンタブやゲームが沢山
デラ子は私にプレゼントしたくて約一年働いてくれていた


87:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 01:28:05.71 ID:qcQPNw3kO

デラ子は誤ってた
デラ子「私がもっとシフト入るところいってたら早く渡せたのにごめんね」
私は泣いた
嗚咽を吐きながらデラ子に理由も話せずに
ただデラ子にしがみついて泣いていた
デラ子は「どうしたの?何かあったなら私がついてるから、大親友でしょ、大丈夫だから」って
私はデラ子が真っ直ぐすぎて泣いた
自分をデラ子に殺してほしかった


88:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 01:28:28.54 ID:oji0u54d0

デラ子…不憫でならん(;w;)


89:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 01:35:44.80 ID:qcQPNw3kO

デラ子は泣いた私の頭を背伸びしながら撫でてくれた
デラ子「私、ちょっと痩せたんだよ、お風呂のお湯が今じゃ前より遥かに減らないんだから」
デラ子は努力家で一途だ、ちょっと嫌なことがあると泣く、愚痴る私なんかより強くておとなだった
私はデラ子を抱きしめてひたすら謝った、近所のスーパーの前なんて気にしなかった
それなのに勘違いをしたデラ子はずっと
「泣くほど嬉しかったの?」とか「1ちゃん生まれてきてくれてありがとう」って言ってくれていた


90:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 01:43:16.89 ID:qcQPNw3kO

私はその日またデラ子を部屋に呼んだ、悪口を言ったことはいえなかったけどデラ子に寄り添ってキスをした、デラ子はビックリして固まってたけど私の手を握り替えしてくれた
デラ子「これ友達のキスだね、嬉しい」
私は違う意味でキスしたけど
「うん」
と言っておいた

デラ子「私、誘ってよかった、1ちゃんに嫌われてると思ったから」
1「私も嫌われてると思った」
デラ子「嫌いなんかじゃないよ、だって、梓ちゃんと1ちゃん仲良しだから遊び誘いづらくて」
ちょっとしたデラ子の本音を聞いてなにもいえずにただ時間を過ごした


91:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 01:54:11.30 ID:qcQPNw3kO

また私はその日を境にデラ子と遊んだ、周りの子は私と梓が喧嘩したのかと思ってたけど梓も含めて話した
梓はデラ子に対し冷たかった
ちょっと話すとすぐに「はい、終了ー」とか「うぜーwww」とか言っていた
陰口もすごく
梓「俺さ、アイツ嫌い、早く死ねよ、くずが」
なんて日常茶飯事で
お昼にデラ子を誘うなんて夢のまた夢
デラ子は高校2年でもトイレ弁当だった


92:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 01:59:30.04 ID:vb96NZNNO

梓ェ…


93:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 02:02:02.72 ID:qcQPNw3kO

そんな中、夏の暑い季節、デラ子が部活を休んだ、デラ子は水木金曜日は絶対にバイトを休んでいるし
来ないわけがなかった
メールをしても返事はなく結局3日間部活にこなかった、金曜日の放課後に梓に話してみた

1「デラ子、今週こなかったね」
梓「んー?まーねwww」
1「まーね、て何さ」
梓「俺があのくずに直接言ってやったからさあ、お前もあんなの早く離れた方がいいよ」


94:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 02:06:43.52 ID:oji0u54d0

デラ子純粋すぎてやるせない…(;w;)
でも、こんな高2ホントに居るの?って疑う俺は心が荒んでるの?(´・ω・`)


95:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 02:09:48.18 ID:qcQPNw3kO

1「は?」
梓「お前の悪口も含めて、部員のメンバーと一緒に言ってやったの」
その時私の頭は真っ白になった気がした
梓「あいつなかなか泣かないから悔しくて泣かすまでひたすらいってやったよwww
お前なんか1が本当に友達だと思うかよ
俺の友達になにいったか知らないけどお前うぜーよ
誰もお前なんか好きじゃねーよ学校辞めろってねwww」
たしかこんな事だった、私は自分もくそだけど梓もくそだと思った


97:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 02:12:37.24 ID:AfTACXyNO

追いついた
デラ子が良い子すぎて掘れそう


98:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 02:20:33.69 ID:qcQPNw3kO

私は梓の家に梓の親や兄弟がいるのも知っていたがキレた
初めて梓にマジ切れした
1「デラ子は私たちの仲を険悪にならないように手伝ってくれたのに!お前なんなんだよ!デラ子がてめーになにしたんだよ!
私は最悪の人間だけどお前はもっと最悪だよ!」
梓は唖然としてた
梓「は?え?どして?」
みたいな普段カッコつけてる厨二病な梓は居なかった
私が梓の口調で梓と絶交しようとした時のことを話したら梓は戸惑ってなにもいえなくなってた
私は急いで梓の家を出た


99:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 02:29:32.21 ID:qcQPNw3kO

デラ子に電話を何回もかけてメールもした、でも返事は一時間たっても二時間たってもこなかった
私はデラ子に素直な気持ちを伝えたかったけどデラ子はもう駄目なんじゃないかと思った
心も体もボロボロになって
誰のことも信用できずに寂しく一人悩んでいると思うと胸が苦しくなって
私はデラ子の体を汚してしまった
デラ子を追い詰めたと思うと胃が痛かった

だから賭けをした
デラ子にメールをした

私を大親友で居させてくれるならライフ(スーパーの前)で待つ
いつまでも待ってる

そう送った


100:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 02:39:58.86 ID:qcQPNw3kO

私は警察に連行されるまで居る気だったけどデラ子は30分ほどで来た

顔は真っ青で涙のあとがくっきり残っていた
デラ子「1ちゃんのバカ、だめだよ、私なんかほっといて帰りなよ」
かれた声でデラ子はニコニコしながら話した
ニコニコというよりも引きつり顔だ
1「やだ、デラ子は私の大親友だから」
私も泣きそうだけど必死に答えた
でもデラ子は泣きながら
「私のせいで1ちゃんに無理させてごめんね、私ね、1ちゃんと居るの楽しいけど1ちゃん楽しくないよね
今まで辛い思いさせてごめんね、私なんか忘れて良いから、私学校やめるから許して」
みたいな事を震えながら話してた唇はカチカチしててデラ子をこんなに苦しめた自分に苛立った


101:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 02:52:34.58 ID:qcQPNw3kO

私がデラ子に近づくとデラ子は逃げ出した
でも私の方が足は遥かに早いのですぐ追いついてデラ子の手を引いて自転車を引いて歩いた
1「家ここらへん?」
デラ子「うん」
デラ子は俯きながら歩いてた
私のせいなのに何でも自分のせいにするデラ子に可愛さと愛しさとイライラがないまぜになっていたけど
私はまずはじめにデラ子に謝った
1「ごめん、私一時期デラ子に嫌われたと思って最低なことしてた、デラ子のあることないこと話した、デラ子にひどいことした」
最後は声が震えて情けないことになってた
でもデラ子は怒らずに
「悪いことを素直に謝る1ちゃんはやっぱりいい子だ」
って笑ってくれた


102:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 03:08:57.19 ID:qcQPNw3kO

デラ子は何でこんなに優しいのか気になったから
私は近くの公園のベンチに座り聞いた

1「何でデラ子は優しいの、わがままになりなよ」
デラ子「わがままだよ
私すっごいわがまま
だから優しくないよ、
私小さい頃にパパに
シルバニアファミリー欲しいってわがまま言って
パパは買いに行く途中で
車の事故で死んじゃって
だから私なんかいない方が良いんだよ」
デラ子の父親は死んでるとは聞いてたけど死因は分からなかったので
私は驚いた
1「そんなことないよ」
デラ子「でもママは私が死ねばよかったって言ってるし、やっぱ私いない方が良いんだよ、お兄ちゃんや弟にも怒られるし」


103:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 03:18:59.32 ID:qcQPNw3kO

デラ子は家にすら居場所がなかったんだと思うと余計に苦しくなった
でもなにもしないでいるとデラ子が本当に死にそうで怖かったから私は泣きながらデラ子に死なないで、ごめんなさいって言ってた
デラ子は死なないよ、って笑顔で答えてくれた
デラ子「私、1ちゃんが死ぬときに死ぬよ、そしたら寂しくないでしょ」
そんな事いうもんだから余計に泣いた
私の手をデラ子のペタペタした手が触れて安心した


104:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 03:28:56.99 ID:qcQPNw3kO

デラ子はしばらくして私が落ち着いたのを見ると飴をくれた私はそれを舐めながらデラ子の痩せた首筋をなぞったりしていた
デラ子は「くすぐったい」って笑ってた
私もなんか笑った
この時自分が
デラ子に恋をしてるんだろうということは
わかっていた
でもまだ言える勇気はなくてデラ子にお弁当を食べようと誘ってやった
デラ子は嬉しそうにいいの?!って言ってた


105:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 03:37:32.66 ID:qcQPNw3kO

翌週からデラ子と弁当を食べた、梓は私が誘うまでもなく部活の他のメンバーの場所で食べてた
私はデラ子の作った弁当を見て笑った
デラ子の弁当は占い付きの冷凍食品ばかりで仕方ないので私のおすそ分けしたら嬉しそうにとっといていた
たまに誰もいないときデラ子にキスしたりおっぱいをつついたりしていたらデラ子は真っ赤になって固まってた
そんな幸せまっしぐらな高校生活を私は辞めようか辞めないか悩んでいた


106:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 03:49:00.75 ID:qcQPNw3kO

私がやめたらデラ子は一人に戻るかもしれない、でも私は親戚から事務系の仕事に誘われていた
書類整理や役所周りをする仕事だが日給もそこそこ、母親もいかせたがっている

一人では決められない、私はそう思ってデラ子を自分の家に話し合うために泊めることにした
内心ちょっとあの時のデラ子とのエッチ?を思い出して、どきどきしていた


107:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 03:51:42.93 ID:qcQPNw3kO

ちょっと今夜はもう寝ますねー、夕方の5時くらいにはかけるかと、こんなに遅くなるとは思わなかった


109:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 07:37:20.05 ID:jqkvBuFx0

ほしゅー


110:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 07:41:13.89 ID:ZJd1fO+r0

続き待ってる


111:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 07:52:54.97 ID:Nef1m0MM0

これはほしゅ。


114:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 15:40:42.33 ID:iA4IelFU0

泣いた。ほしゅ


115:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 16:36:24.80 ID:qcQPNw3kO

ほしゅありがとう

>>114
泣けるかはわからないけどありがとう



デラ子はその日もグルーのワンピースだった
1「またグルーワンピかwww」
デラ子「この色お気に入りだからねwww」
その日のデラ子は黒のパンプスでちょっとオシャレだった
私は相変わらず部屋着だった
デラ子はオススメの漫画を沢山持ってきてくれた
私はこの日からジョジョにハマった
今ではDIO様に忠誠を誓っている


116:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 16:39:49.38 ID:qcQPNw3kO

グレーとグルーを間違えたけど
さっき見直したら誤字が多いから変わらないよな
結局書いたけど疑問や知りたいことあったらどーぞ


117:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 16:47:47.04 ID:qcQPNw3kO

私は気まずいながらも早く悩みを片付けたかったのでデラ子に仕事の話をした

私はデラ子は泣いて
「辞めちゃやだ」
とかいうと思ってたけど
デラ子は頷きながら
「働くのは大変だけど
働いても私と1ちゃんは友達だよね
1ちゃんも働いて大変になるんだから
私もがんばらなきゃ」
って笑いながら言ってた
私はデラ子の頭を自分の胸元に押し付けて
ごめん、と一言だけ言った
本当は私は学校から逃げたかっただけだった
梓は男友達と話してるから完全に絶縁関係
私はクラスのギャルとつるむけど
楽しくなかった
デラ子には悪いけど学校が苦しかった
本当はデラ子も辛いはずなのに


118:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 16:57:07.35 ID:qcQPNw3kO

デラ子「いつ居なくなっちゃうの」
1「修学旅行の一週間後かな」
デラ子「良かった、まだまだ一緒だね、1ちゃん修学旅行楽しみだねえ」
修学旅行の沖縄の話をしながらジョジョを読んだりして二人して過ごした

夜になる頃には二人でサイキックフォースや、がんばれゴエモンのネオなんたらをやった

お母さんに風呂の呼び出しがくるまでテレビから動かなかった


119:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 17:04:21.64 ID:qcQPNw3kO

私たちはまた二人で入ることにした
相変わらずデラ子は恥ずかしそうにしてた

久々に私はデラ子の生のおっぱいを見た
前より痩せたので余計でかく見えて
私はまたツンツンしてた
珍しくデラ子も反撃して私のおっぱいをつついてきて
二人してつつきあいながら風呂に向かった

シャワーを顔に噴射したら「びゃーっ」とか言ってて可愛かった


120:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 17:17:43.91 ID:qcQPNw3kO

頭を洗い終わり背中の洗いっこしようという話になった、
デラ子は私の背中を優しくこするからちょっと物足りなかった

私の番になりデラ子の背中に回った時に
うなじがキレイでむらっとした


121:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 17:24:26.71 ID:qcQPNw3kO

悪戯したくなった私はデラ子のおっぱいを後ろからガッチリ抱きしめて泡だらけの手で触った
ビクッと固まったデラ子を無視して洗ってあげるとか言いながらもみもみしてた
男なら110行きだなとか思いながら
柔らかいおっぱいをひたすら泡で洗ってた
乳首を指で何回もこすってみてもデラ子は抵抗しなかった
「どうしたの?」
とか言ってみたら
「や」とか「あ」とか言ってたのは覚えてる


122: 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2012/02/22(水) 17:29:24.04 ID:2hzFcyt10

期待


123:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 17:32:52.74 ID:qcQPNw3kO

さすがにそれ以上のことはその時の雰囲気的にも状況的にも踏み込めなかった
あくまでも私たちはまだ友達だしデラ子もやたらと友達で有ることを強調していたからね
私はそのまま胸から手を話して背中をゴシゴシしてた

浴槽につかってデラ子に「はやくはやく」
って言ってたら
今回はすんなり入ってくれた
確かにお湯は全く減らなかった
1「まじだ、痩せたね」
デラ子「1ちゃんも痩せたよ~」
とか言いながら水の掛け合いをしてキャッキャッウフフしてた


124:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 17:42:20.38 ID:qcQPNw3kO

その後は私の部屋で夕飯を一緒に食べた、この日は確かパスタだった気がする
歯を磨いて、二人で絵を描いた
デラ子はプロシュート兄貴はセクシーだよね?!
とか言ってたけど私はDIO様攻めハアハアとか言ってた
やっぱり腐女子の血は抗えない

CP語りをしていたらやっぱり深夜テンションに突入してた
デラ子は噛みついたり叩かれちゃうようなエッチにぐっとくるらしい
私は大人の雰囲気?激しくない感じの甘いやつが好きなんだけど処女二人が何を言いやがるとか言ったらおしまいだ


125:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 17:50:18.47 ID:qcQPNw3kO

エッチな話題はまたオナニーの話に突入していた
話題をふったのは私だった
デラ子に最近オナニーしてるかを聞いたことからはじまった

デラ子は目をそらして「んー?さーね」
とか言ってきたから
ちょっとむっとして
「デラ子、友達なら教えて」
って聞いてみた
最初はうぅ…とか言ってたけど
「してる」
と短く言ってくれた
私は毎度ながら調子に乗って質問した


126:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 17:56:43.59 ID:qcQPNw3kO

1「オナニー最後いつした?」
デラ子「一週間前」
1「クリトリス触った?」
デラ子「ん」
あんまりにもデラ子が恥ずかしそうだから
私もなんか虐めたい気持ちが高ぶって
1「どんな事考えてオナニーしたの?」
って言ったら
デラ子が明らかに動揺してた
え?あ?わすれた…
みたいな事言いながら
焦ってなんか話そうとしてるみたいだけど
噛んでる
おかしいなーって思いながらデラ子にもう一回
「おしえて」って言いながら近づいてみたけどデラ子は体育座りしながら顔隠してうーうー言ってた


127:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 18:02:26.79 ID:fgtWDjA40

デラちゃん…


128:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 18:05:46.92 ID:qcQPNw3kO

「私なら大丈夫、何聞いてもデラ子の大親友だから
教えて」
とか何回言っても
「1ちゃんは意地悪」
とか言いながら伏せてるから
「私デラ子の事、嫌いにならないよ」
って何回も言ってようやくデラ子が顔あげた
「ほんと?」
って何回も聞くから
「ワタシウソツカナーイ」とか外人のマネしたら笑ってた


129:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 18:13:16.47 ID:qcQPNw3kO

デラ子は恥ずかしそうに何回も口に出そうとして引っ込めてた
「私あのね、えーと」
みたいな感じで
私も悶々して
デラ子の口元に耳を近づけて
「はよはよ」
って言ってた
書いててあれだけど私キモイ
ようやくデラ子が答える頃にはデラ子は汗かいてた

「ごめんね、引かれるかもしれないけど
1ちゃんの事考えてオナニーしてた」

私の中のザ・ワールドがキングクリムゾンした


130:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 18:15:27.86 ID:nOA5z2pu0

きたああああああああ


131:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 18:16:28.91 ID:fS8F3MlH0

っしゃああああああ


133:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 18:19:04.43 ID:qcQPNw3kO

何か分からないけどデラ子が私を好きってことなのか?!
とか思いながらデラ子を押し倒してちゅっちゅっしてた
顔や唇にキスしながらひたすら抱きしめてたらデラ子も
「1ちゃん好き」
って強く抱きしめてくる
こんな最低野郎の私を何故デラ子は好きになったのかは分からないけど
私も知らないうちに泣きながら
「デラ子好き、愛してる」とか言ってた
デラ子も泣いてた


135:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 18:28:32.01 ID:qcQPNw3kO

二人してぜーはー言いながら落ち着いた頃にもう一度話した

1「なんで私なんか好きなの?」

デラ子「んー?私と一緒にいてくれるし
たまに意地悪だけど優しいし面白いから
本当は入部して沢山お話してくれてる時から気になってて、私バカだから
1ちゃんにあんなエッチなことしてもらえるって思わなくて
1ちゃんのあの事思い出すと…」
みたいな事を恥ずかしそうにのそのそ話してた
私も理由を聞かれたけど
「優しいし、可愛かったからかな」
って正直に言ったら嘘、私可愛くないし優しくないって伏せながら話してた


136:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 18:40:00.02 ID:qcQPNw3kO

私も実際デラ子でオナニーしたことがあるので
私もデラ子の事考えてしてたよ
って言ったら
「どんなこと?」
って言ってきて
たまには私から言おう、
と思って語るのも聞くのも恥ずかしい内容をデラ子に言ってたな
内容としてはデラ子にバイブを入れてるやつとかデラ子のオナニー鑑賞してるとか
そしたら「あぅあああ」みたいな事言って「もう分かったから言わないで」って顔そらしながら遮ってた
逆に私から聞いてみたら「あの日のことを思い出しながら」
とか言ってたから
それだけ?って聞いたら
「玩具で触られるやつとか」
ってふるふるしながら言ってて私もふるふるした


137:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 18:53:35.08 ID:qcQPNw3kO

デラ子はその後ゆっくり私に向き合って
「1ちゃんが生まれてなきゃ私ダイエットもバイトもしてないし、きっとつまらなかったよ」
って言ってくれた
でもその後
「1ちゃんがいつか結婚して赤ちゃんを生むことに
なったら私のことは
忘れて良いよ
1ちゃんの赤ちゃんを生ませることも生むことも出来ないし
1ちゃんが苦しくなった時の逃げ場になれれば
私は満足だから
養ってあげることはできないかもしれないけど
お金沢山はいる仕事に私
きっと就くよ」
って辛そうに答えてて私みたいなやつなんかより真面目に考えてるんだ
って思ったら泣けてきて
「私は死ぬまで一緒にいるから、二人でお金を貯めて、ずっと居られるように頑張ろう
お前の事を私は絶対に捨てないから」
みたいなことを情けなく話してた


138:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 19:05:07.95 ID:qcQPNw3kO

デラ子は静かに「ん」って言って私の額にキスをしてた
私がデラ子にキスしたいって言ったら
「いいよ」
って言ったので
ディープキスをした
初めてのディープキスの味なんか理解できなくて
とにかくデラ子が息苦しくなるまでニュルニュル舌を舐めたりしていた

1「友達のキスじゃ無いよ」
デラ子「うん」
デラ子も何回もちゅーをねだるから
デラ子を押し倒して逃げられないようにした


139:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 19:16:54.81 ID:fS8F3MlH0

早くして もう出そう


140:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 19:20:08.37 ID:qcQPNw3kO

ちょっと怖いのかデラ子は若干固まってたけどパジャマのワンピースをめくってお腹を撫でたら
びくっ、と横を向いて耐えてた
私が全部脱がせようとしたら抵抗してたけど力なくそのまま流されてすぐ裸になった
ブラジャーを取ってデカいおっぱいを揉んだら
小さな声で
「もっとやって」
って呟いてた


141:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 19:25:19.35 ID:qcQPNw3kO

デラ子のおっぱいをとにかく責めてた
ただちょっと意地悪したくて揉む以外は何もしなかった
デラ子は我慢できないようで
「1ちゃん、他、して」
とか言ってたけど
私は「他って?」
って聞いた
デラ子は一瞬悩んだけどよほど興奮してたのか
耳元で「私のおっぱいたくさん舐めて」
って素直に答えた


142:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 19:31:57.23 ID:qcQPNw3kO

指で一瞬ふれるとデラ子の乳首はさわってないのにかたくなってた
私はわざと
「淫乱、乳首勃起させて何考えてるの」
とか言ってたけど
今思うと私は言うことおっさんみたいだなと思う
デラ子は早くなめてほしいのか自分で乳首を触ろうとするからその手を抑えて
「変態にはお仕置きしましょうね」
って言っといた
二回目のエッチのくせにどのカップルよりも激しいと思う
とりあえず乳首をよけて胸を舐めた


143:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 19:34:24.90 ID:qcQPNw3kO

あ、ちょっと愛しのハニーと夕飯食べるのでしばらくしたらまた書きますね


145:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 19:39:02.31 ID:Nef1m0MM0

>>143
ハニー=デラ子ちゃん?


144:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 19:35:30.11 ID:jqkvBuFx0

うわぁぁぁぁぁぁあ
いってらっしゃい


146:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 19:49:24.17 ID:oji0u54d0

俺は激しく今の2人のスペックが気になるwwwww


150:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 20:47:54.45 ID:qcQPNw3kO

>>146
最後に書くつもりだったけど
私は今は体重は63~65
梓は最初に書いたスペック乗ってる
デラ子は今は何と身長157
体重は私と同じくらいか下


151:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 20:55:57.91 ID:qcQPNw3kO

あんまりにも焦らされてデラ子は必死におっぱいに私を押しつけてた

1「あのさ、苦しい」
デラ子「え、ごめん」
デラ子が無理やり耐えてるのが目に見えて面白くて
「ちゃんと言ったら何でもしてあげる」
って言ったら
「え」って息苦しそうに言ってた
乳輪の近くをちろちろ舐めてたら
「あぁ、1ちゃん意地悪やだ」
って言いながら私の頭を抑えてた


152:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 21:03:22.04 ID:qcQPNw3kO

1「意地悪してないよ、デラ子の勃起乳首早くなめてほしいみたいだけど
ご主人様の許可が下りないからいつまでもビンビンのままなんだよ
かわいそう」
書いてて恥ずかしいけどこんなこと言いながらデラ子のお腹やおっぱいを乳首をよけて
舐めたり触ったりしてたら
デラ子がとうとう
「1ちゃんに私の乳首なめてほしい」
って言った
顔はそらしたままだけど
可愛いから頭を撫でて舐めた
デラ子は「あっあっ、1ちゃんに舐められてる」
みたいな事言いながら喘いでた


153:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 21:09:32.33 ID:qcQPNw3kO

デラ子のかたくなった乳首を唇ではもはも?挟んで舌の先端でくりくりしながら片方の乳首にも唾液を付けて撫でてあげた
デラ子は「1ちゃん、好き、もっと、もっとやって」
とか言いながら私の頭を抱きしめてた
デラ子のデカいおっぱいに顔が埋もれて息ができないから顔をずらして胸の谷間から舌を伸ばして
デラ子の右の乳首をペロペロしたら
「はっはっ」って苦しそうに息をしてた


154:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 21:18:53.91 ID:qcQPNw3kO

ずっとおっぱいを触っていたら
デラ子が「おっぱいもうやらないで良いよ」
って言うからわざとおっぱいを口に沢山入れて口の中で乳首を舐めた
そしたらデラ子は「おっぱいじゃ無くて下も触りたい」って呟いたから
私は舐めるのをやめてわざと「下ってどこ」って聞いた
デラ子は私の手を取って自分の陰毛にすり寄せた


155:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 21:25:32.39 ID:qcQPNw3kO

私はデラ子の陰毛を撫でながら
「触ったよ」
って言った
そしたらデラ子は「やだ、ちゃんと、前みたいにやって」
って小さな声で言うから
私は「じゃあM字開脚して何して欲しいかエロく頼んで」
って言ってみた
デラ子は「そんなのやだ」って首をふったけど
私が「デラ子が好きだから、こういう要求するんだよ、やって、デラ子のエッチなところ見たい」
とか何とか必死に頼んだら
「うう」
って言いながら起きあがってくれた


156:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 21:37:10.79 ID:qcQPNw3kO

デラ子はゆっくりM字開脚して顔を隠した
電気を明るくしているからデラ子のマンコがはっきり見えてやばいくらいエロかった
ビラビラが割れ目からちょっとはみ出ててぐちょぐちょの汁がテラテラ光ってて穴のあたりがヒクヒクしてた気がする

これを自分の好きに出来ると思うと小さな人間をボロクソにして「人がゴミのようだ」って言ったムスカさんの気持ちが分かった
私が「デラ子のマンコエロいね」
って耳元まで行って呟いてみたら
「こんなグロいのみないで」
って震えながら話してた


157:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 21:44:45.62 ID:qcQPNw3kO

「デラ子、可愛い、好き、次はなにしてほしい?」
って私が聞くとデラ子は「舐めて」とだけ言った
私はマンコの割れ目の周りを舐めた
至近距離にあるマンコが妙に非現実的に感じたけど
ひたすらビラビラをよけて焦らした
「1ちゃん…これも言うの?」
デラ子が顔を覆った指の間から伺うから
「うん、エロく教えて」
とだけいっておいた
しばらくペロペロしてたらデラ子は「1ちゃんのベロで私のマンコ舐めて」
って途切れ途切れに話した


158:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 21:50:19.55 ID:x6deBZo+O

いいよいいよー!


159:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 21:56:04.67 ID:qcQPNw3kO

私はなにもいわずに
デラ子のビラビラを唇で往復させたりした
デラ子は「ふ、う」
とか言って力込めてたから脇腹を撫でたりしてたまに力を抜かせるようにした
おしっこの匂いや味がかすかにするけどデラ子が濡れてる感じてると思うと興奮が止まなかった
わざとジュルジュル音を立てて汁を吸うと
デラ子がマンコをすりすり寄せて
「気持ちいい、1ちゃんにマンコ舐められて、あ、うう」
とかをひたすらぼそぼそ話してた
私は何か空気読まずに
「デラ子はマンコよりオマンコって言った方が似合うよ」
とか意味不明なアドバイスを入れてた


160:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 21:58:47.18 ID:nKFKnqIYO

>>1ちゃんのスキルすごw

ただ家族にバレたりしないのか心配(´・ω・`)


162:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 22:09:16.47 ID:qcQPNw3kO

>>160
大したことないけど
昔から恥ずかしさがないのと
何でもやってみるのが私
自分で言うのもあれだけど私の家は広くてよほどデカい声を出さない限りは大丈夫なんだな


161:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 22:05:36.74 ID:qcQPNw3kO

それでもデラ子は引かずに
「オマンコ…いいよ、きもちい、オマンコいい」
って呟いてた
目がトロンとするってこんな感じなのかなってデラ子の指の間から見える眠そうな目を見て思った
ある程度表面を舐めたので
クリトリスを舌で弾くように早く舐めたら
汁が溢れてきた
「あ、1ちゃん今の、オマンコもっと、もっと!」
っていきなりデラ子が言い出すもんだから上を見てビックリした
デラ子の口の端から唾液がトロトロ零れてて顔なんか隠さずにおっぱいぎゅうぎゅうしてた
携帯があったら撮りたかった


163:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 22:15:42.35 ID:qcQPNw3kO

デラ子に言われたようにクリトリスを何回も弾く
何回も可愛がるたびに固くてでかくなってる気がした
「デラ子、マンコ自分で広げて見して」
私が頼むとデラ子は足の付け根の当たりを広げて見せてくれた
マンコの穴を見るのははじめてで何かすっごい、バイブがあったらぶち込みたかった
デラ子はクリトリスが良かったみたいだけど
私は穴の当たりを舐めてみた
穴の辺りからビラビラの間を舌で往復した


164:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 22:24:17.47 ID:qcQPNw3kO

でも何か物足りないのでガクガクするデラ子の足を持ち上げてまんぐり返しのポーズにさせた
デラ子は抵抗もしないで息を荒くしてた
デラ子の体がある程度曲がって良かったと思いつつデラ子に私の顔が見えるようにマンコの穴からクリトリスをクチョクチョ音がなるまで舐めた
「あ、ああん、や」
って感じで喘ぎながらデラ子は珍しく目をそらさずにそれを眺めてた


165:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 22:30:21.21 ID:qcQPNw3kO

私は正直初心者だからデラ子をクンニでイかせるのは無理だとは思ってたけど
穴をぐりぐりしたりクリトリスを下品に舐め続けてたらデラ子はまたしょっぱい汁をじょわっと出した
「あ、1ちゃん」
って何か言おうとしてたけど無視した
無視してとりあえず片手の親指でマンコをこすった
気持ちよかったのかデラ子はおしっこを漏らした


166:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 22:36:31.36 ID:qcQPNw3kO

「や、嘘っ、とまんない、やだ」
ってデラ子は言ってたけど私は親指でビラビラごとデラ子のマンコを広げて
おしっこする所を眺めてた
デラ子は「あ、や、見ないで、やだ」
って何回も早口に言ってたけど抵抗もなかったし私も最後にチョロッと残りが出きるまで見てた
力なくくたびれたデラ子の頭を撫でて「お漏らししちゃったんだ、可愛い」
って言ったらデラ子は私にしがみついてごめんね、ごめんねって謝ってた
むしろ興奮した私は以前ドン・キホーテで買った機械を使おうと思った


167:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 22:43:46.95 ID:qcQPNw3kO

デラ子は私がちょっと待ってて、と言って機械を探してる間、おしっこをふいていた
自分のしたおしっこを好きな人間の前でふくってどういう気持ちだろうとか思ったけど
私は棚に厳重にかくしておいた電マを取り出した
私が「じゃん!」とか言いながら電マを見せたときのデラ子の引きつったような顔は忘れない
デラ子「それって…AVのやつの」
とかいってた気がするけど
私は確か「デラ子、パンツはいて」
とか言ってた


169:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 23:05:01.35 ID:qcQPNw3kO

最初は弱でじわじわやってたんだけどあんまり感じてなかったので思い切って強にしたらしばらくして「あ、あっ、気持ちい」って言い出した
私が
「どこが気持ちいい?」
って言ったら
「オマンコ、オマンコ気持ちい、1ちゃんにオマンコいじられるの良いよう」
とか何とか小声で言ってた
私もムラムラして
デラ子を寝かしつけて一緒にマンコに当ててグリグリしあった
デラ子とキスしながらおっぱいくっつけて同じことしてるんだ、
とか思うとマンコにムラムラするなんかがきて
デラ子がイっても私がイくまでぐりぐりしてた
デラ子はイったばかりだから辛そうにしてたけど私はデラ子のお尻と頭を抑えて電マがずれないように腰をこすってた


170:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 23:06:20.25 ID:iA4IelFU0

一気に釣りくさくなったな


171:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 23:13:07.54 ID:qcQPNw3kO

>>170
まあ釣りに見えても仕方ないかな
でも腐女子レズはこういうの多いらしいね
しらんけど

とりあえず見てくれる人が居るなら書くよ

その後もぜーはーしながら何で二回目でこんな関係になったんだと思ったけど事後の後で頭が回らない私は混乱した
その日は私が変態でデラ子はMなんだという結果で終わったけど
梓の逆襲がくるとは思わなかったんだな
最低の高校生活の終わりがくるんだよね


173:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 23:21:17.19 ID:qcQPNw3kO

私と梓は喧嘩していたままだったけど仲直りした、梓から謝ってきて
私も退学するのが決まってたから今更かよとか思いつつ
良いよ、って言った
それからは私と梓とデラ子で食べてたんだけど梓はデラ子によく話しかけてたんだ
あの時はアイツもデラ子にひどいことしたの反省したんだなとか思ってたしデラ子も「梓ちゃんは頭が良くていいな」
とか言ってたからまあ私も気にしてなかった


175:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 23:31:04.27 ID:qcQPNw3kO

梓はある日、私に買い物に誘った
確か秋の始まり頃かな
夏休みは大体はデラ子とエッチしたくらいしか無いので省いておく

そんな訳で私は梓とデパートに向かった
梓は音ゲーが得意らしくなんかボタンがたくさんあるウサギとなんかのゲームやってた
私が「で、何買うの」
と聞いたら旅行の荷物を入れるカバンを買いたいらしい
私もなかったのでちょうどいいやと思って一緒にお揃いのカバンを買った


176:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 23:31:05.36 ID:1GA4/3Z0O

気になるのは>>1とデラ子の性活だな

基本的に>>1がタチだとは思うが
一方的に攻めるだけで満足するもんなのか?


177:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 23:34:59.42 ID:qcQPNw3kO

>>176
まあ満足しないよね
でももともとタチのがやってて楽しいから回っちゃうけどたまにデラ子が責めてたけど
アイツは責めは、つーか攻め駄目だな
でも基本的に一緒に気持ち良くなるから良いんだよ
私たちは体だけじゃないから


178:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 23:42:18.24 ID:qcQPNw3kO

私が買った翌日にデラ子が私にカバン買ったか学校で聞いてきたから
私は昨日、買っちゃったんだよね
って話した
そしたらデラ子は
「あ、そうなんだ」
とか言ってて
なんか梓の事が引っかかったから
「なんかあった?」
って聞いたら
「ううん、買ってなかったから買おうかなって思ったんだ」
って言われた
「買いにいく?」
って聞いたけど
「いいよ、大丈夫」
って言ってデラ子は授業の準備をしにいってた


179:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 23:43:09.47 ID:1GA4/3Z0O

うらやましす…

と思ったけど遠距離ながら彼女いるからなんともないや
向こうが春休みに入るぐらいに会いに行って
ズッコンバッコンしてくるし

もう一つ質問
チンコ欲しいって感じたことは?


180:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 23:47:41.63 ID:qcQPNw3kO

>>179
ある、超ある
でも今思えば女だから
デラ子と色々な思い出作れたんだから良いよ
デラ子がチンチン生えたとか言って黒ベルトビラビラさせてた時に欲しいか聞いたことあったけど同じこと言ってたよ
遠距離ファイッオー


181:名も無き被検体774号+:2012/02/22(水) 23:56:35.66 ID:qcQPNw3kO

梓の奇行は目立っていった
部活中にやたらと私の絵をやたらほめたり
デラ子と男子部員に夫婦みたいだなお前らとか言ったり
デラ子はそんなことないよー
とか言って笑ってたけど面白くなかった
それからしばらくして修学旅行も近い頃に
先輩が私と梓を恋人みたいとか言ってた
思わずデラ子を見たけどデラ子は笑ってたけどなんか変な笑い方だった
私もその時は仕方なく
「梓と恋人とか似合わないからね~」とか言ってたけど梓は「こいつ、私がいなきゃだめだから~」
みたいなこと言い出して
正直内心ちょ、まてよ(KMTKボイス)だった


182:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 00:12:21.20 ID:zLUk5js7O

私はそんなぐだぐだを抱えたまま沖縄へ行った
飛行機で具合が悪くなった私を梓は介抱してくれた
夕飯になりラッキーな事にデラ子と近い席で食べることになった
デラ子の部屋着が普段の私には見せないびちっとしたTシャツにズボンだったのでなんか斬新だった
デラ子がギャルと恥ずかしがりながら話しているのを見て安心した
私が手を軽くふったら気づいてふりかえしてくれた
そんなことをしてたら隣の梓がいきなりご飯をあーんさせてきた
梓「具合悪いんだろ、無理すんな」
悪魔のささやきだと思った
周りの子も1さん無理しないでとか梓さん優しいとか言っていた
仕方なく一口食べたら口までふいてきて
嫌な意味でドキッとした
デラ子をギャルと話してたけどみられていたかもしれないと思うと不安だった


183:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 00:13:18.90 ID:zLUk5js7O

ちょっと風呂ってくるよ


185:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 00:22:15.02 ID:1wJ90BE80

>>183

<◎> <◎> じーーーーーっ


187:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 00:32:34.57 ID:zLUk5js7O

>>185
お前の顔が阿部さんになる呪いをかけた


私はその夜の自由時間に同室の梓に黙ってデラ子を訪ねに行った
部屋をノックしてみたら部屋にはデラ子しか居なかった
ギャルのクラスメイトはほかの部屋に行っているらしい
私はデラ子に「会いたかった」ってキスをしたけどデラ子は珍しく嫌がった
無理やりキスをしたら泣きそうな顔になってて
私は梓の事かなと思ったけど言い出せなかった
ただ、「デラ子が世界で一番だからね」としか言えずそのまま部屋を出た
部屋に戻ると梓が寝っ転がって
「カードしねえ?」って
出してきたけど私は断ってふて寝した

後ろから梓が「つまんねーよ」とか言ってたけど何か凄くイライラしていた


184:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 00:20:30.74 ID:HsQ75tK8O

待ってる


186:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 00:24:26.85 ID:wZicXO4E0

今日バイト先は俺以外の人間はみんな彼氏彼女持ちだとわかってバイト辞めようかと思ったけどこのスレのおかげで思い留まれた







今、ゲイになります


188:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 00:42:27.97 ID:zLUk5js7O

>>186
お前の薄い本描いてやる

私は翌日の朝、梓に起こされて朝飯を食べに向かった
朝の食堂にもデラ子が居てちょっと変にドキドキした
あまり人が居なかったから耳をすませたらデラ子とギャルの席の声は聞こえる
ギャルが淡々と昨日、友達の部屋で話したことを聞いてたら
一部のギャルが風呂の話をはじめた

「昨日デラ子ちゃんと◎◎達と風呂言ったんだけど、☆☆とデラ子ちゃん超巨乳なんだよ」

頭の中が一気に不快感に襲われた
デラ子の体をあんな奴らが見たと思うと殺意すらわいた
デラ子をちらっと見ると恥ずかしそうに伏せてた
会話はもう頭に入らなかった


189:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 00:49:44.86 ID:zLUk5js7O

私は少し声を大きくして話した
「梓昨日はありがとう、今日はカードしようね
梓と友達で良かったわ」
みたいな事を梓に話したら梓はパッと笑顔になって
「なんだし、良いよ今夜やろう」
とか言ってた
私はわざとらしく笑って梓の肩を引いて
「私たち大親友だからねー」
とか話してた
デラ子は悪くないとか分かってたけど
デラ子を嫉妬させたかった
私がいなきゃ何も出来なくしたかった
デラ子をメンヘラにしても良かった
むしろ私が変なメンヘラだったのかもしれない


192:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 00:58:33.32 ID:yMsXQ90Y0

>>189
あ~、なんかわかるわ。
女同士の恋愛ってそうだよね…


190:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 00:57:22.12 ID:Az434+UZ0

>>1はすぐにヤキモチ妬いちゃてるなw
束縛したがりじゃね?w


193:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 01:09:05.88 ID:zLUk5js7O

>>190
よく言われます


私は修学旅行が終わってもデラ子と仲良くできなかった
デラ子はきっとまたトイレで冷凍食品を食べてるのかと思うと
私の母親の入れた夕飯の残りを大切に取っておいて最後に食べたデラ子が頭に浮かんで寂しくなった
それでも私はデラ子が私を頼るまで絶対に動く気は無かった
デラ子は部活でもひとりで絵を描いていた
そんな姿を見てデラ子がキスを拒んだのを思い出してはイライラしていた
夜になるとやけにムラムラした
デラ子に目隠ししてスパンキングした事やローターを付けて外に出たことを思い出してはひとりで自分を慰めた

私はこんなにデラ子が好きなのにデラ子は何で私を求めてくれないんだって当時はバカだから思いこんでいた


191:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 00:57:55.84 ID:zLUk5js7O

私はデラ子を見つけても知らないふりをした
デラ子はひとりで行動してた
この時のことを思い出すたびにデラ子に酷いことをしたと毎回涙が出そうになる
デラ子はひとりで居場所のない家庭へのお土産を見ていた
何を買ったかは分からなかったけど
私はその場を後にして梓と部活メンバーで外をぐるぐる回っていた

夜になって大富豪をしたりしたけど
頭からデラ子が離れなかった


194:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 01:16:32.49 ID:zLUk5js7O

しばらくして学校をやめる日が来た
私は最低の気持ちで学校を出た
先輩や後輩や同級生は寂しくなるとか
また会おうね!とか言ってた
梓は初めて泣いた
「お前の居ない学校つまんないわ」
って、いつも素直なら良かったのにって思った
何だかんだ高校初めての友達だから私も泣いた
その日は梓の家で遊ぶ約束をした
デラ子は部活にも見送りにも来なかった
私はデラ子に捨てられたと思った


195:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 01:25:33.09 ID:zLUk5js7O

私はその日梓に
「卒業おめでとう」
って言われた
そして梓に告白された
「お前が女でも構わない
俺はおまえが好きだ」
みたいな感じだった
へへっ、周りはレズ大国かよって呆れながら思った
私は梓なら私と居てくれると思って
良いよ
って言っていた
梓にそのままキスしようと言ったけど
梓は「キスやセックスは無理」
と断った
私は梓はきっと友情の延長線にいるだけで
私に恋はしていないんだなと思ったけど
それでも付き合うことにした

デラ子には一週間たった頃に電話をした
「梓と付き合うからバイバイ」
と伝えたら
必死に震える声で
「そっか、さようなら
今までありがとう」
って言ってた
私は電話した後、久々に声をあげて泣いた
自分はデラ子の体が目当てだったんだと思いこもうとしたけど無理だった


196:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 01:27:37.70 ID:3Du7y+oxO

気になって寝れんw釣りでも良い


198:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 01:41:58.44 ID:zLUk5js7O

それから数ヶ月がたった
梓達は高校三年に
梓が言うからにはデラ子は部活をやめたらしい
絵のうまさから部活の同級生の女子部長からも嫌われてその部員の流した噂からクラスでもギャルに嫌われて孤立
便所弁当も扉を蹴られてバカにされるから今は学校の外まで行っているようだった
そんなマンガみたいな話しを聞いても私はいまいち信じられなかったけど梓は私には嘘はつかない奴だった
私はデラ子を捨てたのは私だったんだろうなと落ち着いた頭で思った
そんな事を考えて梓と寄り添いながらネットを見ていたら梓は私から離れてカバンの話をしてきた
梓「あの時のカバン、デラ子は本当は…」
よくわからなくて
「何」
って聞き直したら梓は
「悪かった、俺はお前を恋人になりたいだなんて嘘でごめん、悪かった」
とかいきなり訳わからないこと言って泣き出して焦った


199:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 01:56:57.53 ID:zLUk5js7O

私はデラ子の家の様子や優しいところを梓に言ってあった、梓にデラ子と付き合ってたことも言っていたけど梓は当時気にしてなかった
でも梓曰わく「まさかデラ子がそんな良い奴だと思ってなかった」とのこと
最近考え直して自分がとんでもないことをしたと気づいたらしい
梓は親友の私を取られたくなかったからデラ子を突き放してしまったと
全部話してくれた

デラ子は実はカバンを2つ買っていて私に渡そうと思ってたこと(梓はそのことをデラ子から聞いていた)

デラ子が梓の前でも私のことを
優しいとか梓ちゃんや1ちゃんに会えたのが幸せとか言ったこと

私が学校から消えて元気がなくなり得意ニコニコすらできなくなったこと
私は涙ながらに語る梓を恨めなかった
一番のバカは私だった

私はデラ子からたくさん貰ったのに
カバンだって買ってくれていたのに
私は梓とお揃いのカバンを買ったあげく梓と肩を組みデラ子をふった
どれだけ辛いかなんて想像すらつかなかった


200:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:00:11.17 ID:3Du7y+oxO

デラ子報わねえw>>1がまたクズ過ぎるw


201:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:09:39.66 ID:zLUk5js7O

私はいてもたっても居られなくてどうにかデラ子と連絡を取りたかったけど私はデラ子の番号を消していて連絡の取りようがなかった
梓は「手遅れかもしれないけど俺がデラ子を学校では守りたい」
って言ってた
私はたしか「うん」
と言って梓の家を出て行った
前に行ったスーパーなんてあてにならないしな…とか思ってたら年賀状の事を思い出した
確か年賀状にデラ子の住所が乗っていたので急いで家までチャリをこいだ


202:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:09:45.84 ID:hZzLH0hhO

デラ子(´;ω;`)


203:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:16:06.75 ID:zLUk5js7O

家に帰って急いで箱をあさったら
デラ子の住所はスーパーの近くの団地だったことがわかった
ストーカーみたいな気持ちもしたけど
ひたすらデラ子と話したかった、顔がみたかった
謝りたかった
デラ子の家の方へ向かうためにまた自転車を走らせたけど
確かあのときの私の心臓は死ぬんじゃないかってくらい鳴ってた
汗もかいていたと思う


204:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:23:34.69 ID:zLUk5js7O

デラ子の団地の扉には確かにデラ子の名字がかいてあって
私はやけにヒヤヒヤした
ベルをならすのが遅く感じた
早く押したつもりなのに変に心臓がうるさかった
少しして、インターホン?から「どなた」という声がした
とりあえずデラ子の声じゃなかった
私は
「1と言います、デラ子さんはご在宅でしょうか」
となるべく落ち着いて話した


205:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:37:13.30 ID:zLUk5js7O

「今バイトです」
と相手は答えた
多分前に言ってた弟だと思う
「私、デラ子さんに伝えたいことがあって、友達なんですけど」
って言ったら何か奥から声がしてた
ごにょごにょしてしばらく
玄関をおばさんが開けた
「あぁ、こんにちは
デラ子の友達なの?
いつも娘がお世話に…」
みたいな事言ってた
私もとりあえず「はい、折り入ってお願いなんですけどデラ子さんに頼んでいたレポートについて教えなくちゃいけないことがあって…デラ子さんにここに連絡するよう言っていただけますか?」
と必死にとっさの嘘をついて携帯の画面を見せた
おばさんは携帯アドレスをメモして
はい、確かにと言ってた
多分メールアドレス変えてるから
デラ子は私のアドレスだなんて思わないだろう


207:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:43:24.93 ID:axy8zRem0

盛り上がる所だな
押せ!


208:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:49:20.22 ID:zLUk5js7O

3~4時間でデラ子からメールが来た
どなたですか?レポートって何ですか?
って感じの

私は送る内容に困って
「1だよ、話したい、ライフで待ってる」
とだけ送った

絶対にこない気がしたけど待とうと思った
でもデラ子は一時間くらいかけて来た
よたよた歩きで俯いていた
来ることを期待してたけど
来たら来たで緊張で胃が痛くなった


209:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:58:46.90 ID:zLUk5js7O

デラ子は何か疲れたような顔をしてた
デラ子「何でまた呼んだの?」
1「デラ子が」
好きだからと言おうとして、息を呑んだ
私が好きなんて言う資格ないと思ったから
でもその後
デラ子が私に抱きついて嗚咽を吐きながら泣いてた
デラ子「行かないで1ちゃん、私いい子にするから捨てないで」
って感じのことをずっと言ってた
私はとりあえず私の家に行こうといった
その週は家族は親戚の家に行っていて仕事のある私は残っていたから丁度良いと思ったからだ
デラ子の手を引いたけど何となく冷たいような気がした
デラ子は私の家につくまでずっと泣いてた


210:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:11:43.40 ID:zLUk5js7O

部屋に上げたデラ子は俯きながら「エッチするの?」って力なく話してた
私は「しないよ」
って言ったら
デラ子は「梓ちゃんは」
って聞いてきた
また声がふるえてて
私は梓とはキスすらしてないし別れたことを教えた
デラ子は「梓ちゃんはエッチしないんだ、私なんかお尻叩かれて感じたりエッチな事ばっか言うもんね!
エッチするには最適だもんね!
私なんか人好きになる資格ないよね!うわああああん」
って泣き出してた、私はデラ子がそんな事言うとは思わなくて
よほど苦しかったんだなって思った
デラ子はひたすら「それでも良い
1ちゃんと、1ちゃんとエッチだけでも良いから居たいの!好きだよ、1ちゃん、好き、世界一好きだよ!」
って言ってた私がデラ子に体ばかり求めたからこんな風になったんだと思うと切なかった


211:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:25:54.92 ID:zLUk5js7O

私はデラ子を泣きながら抱きしめた
デラ子は子供みたいにわんわん泣いてた
私は「辛いこと全部はいて
デラ子の全部教えて」
って言うしかなくて
デラ子は少しずつ本音を話した

私1ちゃんと学校もっといきたかった、やめてほしくなかった

1ちゃんともっとデートしたかった

梓ちゃんやみんなと絵が書きたかった

何で私ばっかり嫌われるの

何で私はみんなと仲良くできないの

1ちゃんしか私と居てくれる人いないからいなくならないで

男の人なんかと結婚しちゃやだ

私がんばるからいい子にするから一緒にいて

カバンだって買ったのに使ってもらえなかった

1ちゃんと正式に恋人になりたい


私はデラ子の止まらない言葉を最後まで聞いた
デラ子はむせながらも正直に内面を語った


212:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:34:35.91 ID:H6iKJ3dcO

追い付いた
デラ子いいこすぎ(;ω;)


213:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:38:54.06 ID:zLUk5js7O

デラ子は落ち着いてきたのか息は荒いけど私の背中に力強く手を回してた
私もデラ子に嫉妬していた事を伝えた、デラ子は「お気に入りの服装もエッチさせるのもキスするのも1ちゃんだけだよ」って言ってた
私はううとかごめんなさいってひたすら泣いて謝った
「デラ子を閉じ込めて私だけのものにしたかった
誰にもあわせたくなかった
デラ子を私が居なきゃ駄目にしたかった」
って普通ならドン引きするようなことを話したけど
「1ちゃんなら良いよ、
1ちゃんに閉じこめられるなら幸せ
それに私1ちゃん居なきゃ駄目駄目だもん」
ってデラ子は言ってくれた
じゃあ何でキスを拒んだの
って聞いたら
俯きながら
私だって嫉妬くらいするよ
とか言ってて可愛くて可愛くて力いっぱいぎゅーっと抱きしめた


214:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:42:43.46 ID:BnlxlLDPO

デラ子には幸せになってほしいわ、切実に


215:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:43:33.81 ID:3N6+VoI+O

デラ子はいい子だが不幸体質


216:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:48:45.18 ID:MjjI2sf/O

デラ子の気持ちが分かり過ぎる。1はお願いだからもう試すような事はせず、しちゃったらあとでグズグズに甘やかしてあげてね、見てる限り大丈夫とは思うけど。同性愛って普通の恋愛より幸せだけどそれ以上に怖い事不安な事だらけだし。


218:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:54:31.05 ID:zLUk5js7O

私が幸せでニヤニヤしてたら「1ちゃん、お願い聞いて」
ってデラ子が言った
私が「何?」
って言ったらデラ子は
結婚したいって言ってきた
デラ子「海外に行って本格的ってわけじゃなくて
1ちゃんと暮らしたい
毎日1ちゃんに抱きしめてちゅーしてもらいたい」

エッチ以外ではほぼ初めてのデラ子のおねだりに私は慎重に返事を考えた
ちょっと恥ずかしいけどのろけみたいなのが堂々と出来ないから2ちゃんねるで晒すわ、書いてて恥ずかしいけど


1「デラ子、私デラ子が好き」
デラ子「うん」
1「世界で一番好き、デラ子が居なきゃ生きられない」
デラ子「私も同じだよ1ちゃん」
1「愛してるから私の恋人で妻で夫になって」
デラ子「うん、なるよ
死ぬまで1ちゃんと居る」
デラ子はまた泣いた
私も泣きながらデラ子とディープキスをした
嘘くさいくらい恥ずかしい話したけどこれは私のせいじゃなくてデラ子の恥ずかしさが移ったんだよ、多分


221:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:08:03.99 ID:zLUk5js7O

みんな長い中つきあってくれてマジでありがとう
書いてる私も今泣いてるくらいだよwww
釣りに見えるのは私の文章力の下手さと変態さとありえなさのせいかwww
こういう板では信じる信じないは個人の自由みたいなところがあるからね、私もそういっておくよ
でもこの出来事のおかげで私は人のことを前より考えられるようになったと思う
本当は何回も書き込もうとしたけど踏みとどまってたから
みんな真面目に見てくれて嬉しい
あとこのスレ私が最低に見えるかもしれないけど私もそう思うwww
書いてて改めて私こんなに子供だったんだなって思ったもんwww
もう少し続くからよろしくね
あと梓と付き合うと思ってた人たちごめんね


222:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:10:47.05 ID:3N6+VoI+O

>>1とりあえず続きはよ
気になって眠れん


224:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:20:55.29 ID:zLUk5js7O

その日は私の家にデラ子を泊めた
デラ子をエッチなしで泊めるのは初めてだった
デラ子は私に抱きついていい匂いとかなんとか言ってた
わざとカーテンを開けて寝てたら夜の光が何か気持ちよかった
「何かエッチしてないと不思議だね」
とかデラ子が言うから
「したいの?」
って聞いたら
「今日はしたくない」
とか何とか言ってキスをしてきた
私は「エッチする事でデラ子を独占したかったのかもしれない」
って言ったら
「いやいやいや、1ちゃんあれはスケベ心だよ、そんな綺麗なもんじゃない」とかツッコミ入れてきたから笑いながら殴ったらデラ子も笑ってた


225:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:34:07.76 ID:zLUk5js7O

それから三年、今に至る
私は相変わらず親戚の事務所だ、給料がだいぶ上がってそこらの奴よりは裕福な気がする

デラ子は高校を卒業して印刷会社へ
本人曰く仕事を覚えるのが早いらしい
ちなみにデラ子の名前の由来はマツコデラックス
最近自分をマツコに似てると言ってたから付けた

梓は高校を出て約一年自宅警備員をしていたら高校の頃の同級生に誘われてパソコンを直す仕事をはじめた
その同級生とは交際中で俺から私っ子になった
相手は男な


私とデラ子は仲良く暮らしている
毎日キスとハグは忘れずやってるし土日はイチャイチャしてる


226:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:40:05.61 ID:amVc4Llai

何か変わったプレイはしてるのかね?


227:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:43:21.89 ID:zLUk5js7O

>>226
特には
高校と変化ないけど
最近やった一番激しいのはやっぱりスパンキング系だな
縛ったやつ


228:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:52:35.07 ID:zLUk5js7O

それからの事を短くかくなら

デラ子はやっぱりグレーのワンピースが好きで
下着は何故か派手

私が最近恋愛ゲームしてると後ろから覗いて
「ゲームなんかより実物もありますがいかがでしょう」
とかグリグリしてくる
簡単に言えば意思表示するようになったね

梓は私っ子になっても腐女子だし口悪いけど
昔より優しくなった


とかかな気になることあったら答えられる範囲で答える

あとみんなお疲れ様でした
見てくれてありがとう!


229:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:53:01.25 ID:3N6+VoI+O

終わり‥なんだよな?
>>1乙!
はよはよ言って悪かったな!そんだけ興味深かったってこーと(はあと)

デラ子とお幸せに!


230:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:53:22.08 ID:C53RGywh0

一緒に暮らしてるの?
というかどういう心境でスレ立てを?

デラ子以外馬鹿ばっかな話だったけど今が良ければそれでいいさね
馬鹿なりに一生懸命で正直で



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

おこん

Author:おこん
このブログは2ちゃんねるのほくげです



このブログについて




このエントリーをはてなブックマークに追加


アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
逆アクセスランキング
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。