--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-23(Thu)

変な女につきまとわれた話

1:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:27:59.71 ID:3hX63WC30

たつかな?


2:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:29:13.83 ID:ndqq3qhZ0

勃った _ト ̄/〇


4:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:30:39.80 ID:3hX63WC30

たったw
初めてスレ立てた。暇な人はお付き合いください。


5:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:32:27.86 ID:hTKGe9nsO

はよ


6:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:32:56.61 ID:3hX63WC30

その女と初めて会ったのは中学3年のときだった。
友達の友達で、違う中学だったんだ。
女はハーフで藤井リナをちょっと崩したかんじだったのでリナにする。


7:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:36:12.86 ID:hTKGe9nsO

!!?藤井リ‥‥‥‥ふぅ


8:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:39:41.32 ID:3hX63WC30

リナは当時相当モテていて、彼氏がころころ変わってるような子だった。
中学ではヤリ●ンだのなんだのと噂されたりしていたらしい。(知らなかったけど)
中学の時はメールしたり、たまーに何人かで遊んだりするくらいで
同じ高校に進学したことでいつも行動を共にすることになった。
ちなみに自分は女です。

そうすることで彼女の色々なことが分かってきた。
ハーフということが自慢。だけどどこのハーフかは濁す。
話の8割が自分がいかにモテるかなどの自慢と女の子の悪口と男の話。
典型的な女子ってかんじだった。
自分はあんまり気にせず流してたりしたんだけど周りの女子はたぶん嫌ってた。
明るいし、共通の趣味なんかもあったせいで自分はそれなりに仲良くしてた。


9:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:42:37.42 ID:+0h2RZHAO

リメにしとけよ


10:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:47:45.24 ID:3hX63WC30

読んでくれてありがとう。ごめん書き溜めとかしてない・・・。

うちの高校は校則とかそんなにキツくないけど、結構な進学校で
当時他の高校の子から聞いていたいじめやら女のドロドロはほぼ皆無だった。
それがすごく心地よくて、勉強は苦手だったけど学校は楽しかった。
しかしリナはなぜかそれが不満だったらしい。
ある日他校の友達にたまたま会ったときに「1の学校意外と大変なんだね~」と言われた。
自分はてっきり勉強の話だと思っていたら話は違った。
リナがその友達(A子)に送っていたメールの内容は実際の学校生活とはかけ離れていた。
端的に言うと番長(笑)が出てきたり、薬やらなんやらが蔓延する少女漫画チックな学校
という意味不明なものだった。


11:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 02:55:45.87 ID:3hX63WC30

このとき自分は「あぁリナって馬鹿なんだ」と気が付いた。
だって普通に考えて地元の人間にそんなこと言ってもバレるだろwwww
その他にもいろいろアホな発言が多くて生暖かく見ていたんだ。
気付いたらリナと仲良くしているのは自分だけだった。
露骨な無視とかはみんなしなかったけど、あんまり関わらないようにというか
距離をとっているのがわかった。

そして高校3年になった。リナとは1年から同じクラスで進路の関係もあってその年も変わらず。
自分は国立受験→落ちて滑り止めという結果になった。もちろんFラン。
リナは最初から私立一本で見事合格していた。こちらもFラン。
県外に出ることとなり、リナとも離れるな~なんて思っていた3月。
リナ「大学おんなじ県なんだよねぇ~☆」


知らなかったwwwwwww
ちょっと離れられると思ってた自分がいたwwww
しかも結構近かった。自分に興味のないことはとことん知らんのが裏目に出たwww
そうですリナにちょっと嫌気がさしていました。


13:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:04:49.28 ID:PtUkv+LP0

見てるよ


14:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:06:40.16 ID:3hX63WC30

それもそのはず、リナは1のことをあることないこと言いふらしていた。
経験人数何人だの援交してるだの子ども堕ろしただの・・・
そしてリナは1がそれを知っていることを知らなかった。
自分はほんとにどうでもいいと思ったので放っておいた・・・のが悪かった。

地元は田舎なのであっという間に噂は広がり1はヤリ●ン扱い。
病気で入院したのも性病だとか言われてたwwww
見た目が派手でビッチ系だったのもあり、この汚名は未だ返上されていないorz
そのまま進学で他県に出て生活を始めた。
最初の頃は忙しいのもあり、リナもあまり連絡を寄越さなかった。
自分は「一人暮らしキャッホーイ!」状態でリナに連絡するはずも無く。
リナから連絡が来たのは7月のことだった。

「1の学校夏休みいつから?○日に飲まない?」
的なお誘いメールだったので普通に返信。すると
「1の大学のオトコノコも連れてきて☆」

それが目的か!!!!いや別にいいけど・・・。と思い何人かに声をかける。
そこで捕まった2人を連れて飲みに行くことになった。
自分・リナ・友達×2というこれなんてWデート状態wwww


15:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:10:55.61 ID:PtUkv+LP0

ふむ 読んでるから続けなさい


16:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:13:45.31 ID:3hX63WC30

見てくれてありがとう!
スペックとかってまとめた方がいいのかな?

友達は康太と亮とでもしておく。こいつらはノリがよくて面白く、顔もそこそこ。
雰囲気イケメンというかなんというか・・・
リナの高校時代のプリクラを見せていたのでノッリノリだったwww
そして当日。
指定の居酒屋に着くもリナがなっかなか来ない。ので先に入店。
約束の時間から20分が経過したところで
「おまたせ~☆」
という聞き覚えのある声がした。(事前に席は伝えておいた)
そこにいたのは豚だった。


17:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:15:00.97 ID:YK7oCpkr0

なん・・・だと?w


18:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:15:07.77 ID:PtUkv+LP0

豚ワロタ

できればスペックまとめてくれ


20:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:24:14.40 ID:3hX63WC30

自分の少ない引き出しから探し出した結果
タトゥー?の髪長い方の最近の姿という結論が出た。
とりあえず憎々しい、ではなく肉肉しい。

時が止まる、というのはこういうことを言うのだと知った。
高校時代のリナはちっちゃくて(150くらいしかない)可愛かった。
繁華街を歩けば男の子は振り返るし、髪もふわふわで人形みたいだった。
高身長の自分にはそれが羨ましく、同時に一緒にいることが誇らしくもあった。
性格はきっついけど可愛いし、優しい一面もある。
そんなリナ。
しかし目の前にいるのは劣化版タトゥー。
高校時代のリナの思い出が走馬灯のように駆け巡った。
以前のリナは言っていた。
「女のデブって見てて不愉快だよね。自己管理出来ないって言ってるようなもん」
今のリナはどうだろう。
そんなに超絶デブというわけではない。しかし高校時代を知っている自分には
衝撃的な体型になってしまっていた。

向かいにいた康太と亮もそうだったようだ。
あっけにとられる我々3人を前にリナは
「とりあえずビールだよね☆」
とビールを4つ注文していた。正直うろ覚えである。
気付いたらビールが目の前にあり、リナが意気揚々と
「カンパーイ☆」
と号令をかけているところだった。


21:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:25:18.62 ID:YK7oCpkr0

康太&亮「おいどういうことだ。これ詐欺だろ・・・」

って思ってたに違いないw


22:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:34:00.85 ID:PtUkv+LP0

ふむふむ


24:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:40:12.46 ID:3hX63WC30

ごめんスペックまとめます。
1・・・当時19~22。高身長でやや痩せ型。趣味ゲームとアニメ。
    倖田に似ていると言われていた。ビッチ顔。
リナ・・同級生。元藤井リナ似 現劣化タトゥー。スイーツ。
    後にわかるがフィリピンハーフ。気が強いし明るい。
康太・・明るいアホ。年は一個上。雰囲気イケメン。
亮・・・上に同じ。タメ。
こいつらはそこまでかかわらない。

続き
ビールで正気を取戻した3人は何とかリナと話せる程度まで回復した。
リナ曰く「新歓で飲みすぎて ち ょ っ と 太っちゃった☆」とのこと。
いやちょっとではないお・・・と思うも心に秘め、学校の話などをした。
要約するとリナの学校は留学生が多く、リナみたいなハーフも少なくはない。
でもリナはサークルの人気もの☆
とのことだった。中身はとりあえず変わっていないようだ。
康太と亮の盛り上げのおかげで飲み会はなんとか楽しく終了した。
帰りのタクシーの中、康太と亮に
「何か・・・プリとか見せて期待させてすま○こ☆」
と明るく言うと2人は
「いやびっくりしたけどwwww楽しかったよwwww」
と言ってくれた。いい奴らだ。しかもメアド交換したとかwwww
この日はこうして平和に終わった。


そしてリナからは大した連絡も来ることなく時はすぎていった。
しかし大学2年の冬にリナは1を激怒させることとなる。
事の発端は康太から言われた一言だった。
「リナちゃんなんなの?俺もうあの子生理的に無理だわ」
康太はあの後からたまにリナと連絡を取っていたそうだ。それにビックリ。
「お前のこといろいろ送ってくるから俺イライラして文句言っちゃった。」
という康太。亮も不機嫌な顔をしていた。


25:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:42:58.54 ID:5GtVs9UQ0

男って噂話とか作り話とかあんま信じないよなー


26:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:43:12.47 ID:YK7oCpkr0

ハッキリ言う。

>>1のことをあることないこと言いふらしていた。
こんなことをしてる糞女を、
大事?な友人2人に紹介した>>1も悪いw

信用に関わるぞw
人身御供にするなよw


27:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:45:43.11 ID:qkcwfncV0

>>26
まあ最後まで聞こうや


98:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 06:07:02.80 ID:3hX63WC30

>>26
もういないと思うけど、その時はこの2人はプリクラ見せたら
釣れた!って感じだったんだ。
リナは男の子には基本悪いこと言わないのでいいかな、と思って。
あとで考えると甘かったんだけどね・・・。


やたら釣り釣り言われてるので誰もいないかなorz


114:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 06:33:42.89 ID:YK7oCpkr0

>>98
いるおw
まもなく落ちるがw

>>あとで考えると甘かったんだけどね・・・。
甘かったですねw

てかそもそも、デマを流された時点で、何故絶縁しなかった・・・って俺は正直思うが、
最後のほうに、あんなクソ?でも、大好きだけど大嫌い?な感情が>>1にあったので、
しゃあないのかな?って感じw

俺なら100%絶縁するし、おそらくフルボッコにしてるでしょうがw


115:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 06:38:14.70 ID:3hX63WC30

>>114
いたwwwww
ほんとにそうです・・・。
なんだろう、噂とか正直周りの人間は信じてなかったし
「こいつなんでそんなこと言ってんのに私といるんだ?」
的な興味もあったと思うwwww

今だったら確実に絶縁するレベルなんだけどねw


28:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:54:21.07 ID:3hX63WC30

慣れている1なので
「どうせヤリ●ンとかそんなんだろwwwバロッシュwww」
と笑い飛ばそうとしたら亮がキレた。
「そんなんだったら俺らもキレねえよ!」

いやそれもなんか納得いかないけど・・・。
リナが康太に送った内容は1にとって許し難いものだった。

ここでちょっと1の話をすると、1には親がいない。
まあ何のドラマもなく、事故って亡くなってただけだけど。
そのため祖父母に育てられ、年の離れた兄二人と生きてきた。
それが不幸だと思ったことも特にない。
家族は大好きだし思い出の中の両親もとても優しかったから。
小さい頃は参観日におばあちゃんが来ることをからかわれたりしたが
それも「うっせバーカwwww」くらいにしか思っていなかった。
とにかく、この生活で幸せ満喫してた。
しかし超がつくほどのブラコン&ジジババコンであった。

おわかりでしょう。リナは1の家族を侮辱したのです。
上の事情を知っていた康太が申し訳なさそうに語ってくれた内容は
・ブラコンすぎてキモい。間違いなく近親相姦してる。
・親いないとかwwwwかわいそうwwww
・ってかあいつの名前ダサくね?昭和かwwww
・あいつの家族仲良すぎてキモい。
というもの。他にもいっぱい。

もちろん全部許せなかった。でも一番許せなかったのは名前を馬鹿にしたこと。
1の周りでは「まりな」とか「ゆきな」とか今時な名前が多い中
1の名前は「○子」というちょっと古臭いものだった。まぁ今でも普通にいるけど。
でも漢字も読みも気に入っているし、何より記憶も少ない両親の
はじめての贈り物なんだよ。だからこれは許せなかった。


30:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:56:37.65 ID:wsZP8zmI0

>>28
泣きそう


31:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:56:40.36 ID:5GtVs9UQ0

そんな女いんのかよwwwwww
ねぇ?いないよね……?


32:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 03:57:51.71 ID:FTH7Pss5O

>>31
いまキミのうしろにいるお


33:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:01:07.58 ID:heiV7Kpc0

これはひどいww


40:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:06:13.68 ID:3hX63WC30

自分のことを悪く言われることなんてどうでもよかった。
何か変なんだけど、自分を悪口のネタにされても
その人が笑ってるならそれでいいって思ってしまうんだ。
自分にも悪いところはいっぱいあるから。
でも家族のことは許せなかった。

怒り狂った1はリナにメールを送った。
「ごめん康太たちから聞いた。今まであんたが私のこといろいろ
影で言ってたのは知ってるし、そんなことはどうでもよかった。
けどうちの家庭のことは許せんわ。
あんたの明るくてめげないとこ、アホなとこが好きだったけど。
もう絶対好きになれない。もう連絡してくんな。
最後になるけど、出来れば痩せたほうがいいよ。地獄に落ちろ」
という風な内容を送ってリナの連絡先を消去した。

リナはプライドがめちゃくちゃ高いため、連絡がくることはなかった。
康太と亮にも来なかった。
おかげで(?)楽しい学校生活を送ることができた。
そして1にも年下の彼氏ができる。彼は高卒で働いていたため社会人。
彼も康太たちと同様に結構なアホだった。どうも1の周りはアホばかりらしい。
彼との交際も続き、半同棲みたいな状態だったため卒業と同時に同棲することに。
うちの家族も彼を気に入っていたし、彼の親も
「もう一緒住んじゃえ☆家賃安くなるし☆」
みたいな感じだったので、結婚を前提に同棲することになった。

スレタイに沿うのはここからなんだごめん。


41:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:07:10.27 ID:YK7oCpkr0

ピザ再びか!?w


54:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:23:12.43 ID:ZOp6DMBf0

見てるよ!


55:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:23:57.37 ID:FTH7Pss5O

>>1が一番許せなかったのは、今は亡き両親にもらった名前をけなされたから、
ご両親を悪く言われたって理解したってことでいいよね?


100:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 06:11:52.98 ID:3hX63WC30

>>55
そういうことでとってもらっていいです。


57:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:24:19.44 ID:3hX63WC30

彼と住み始めてしばらくたった頃。
いつものように彼の弁当を作成し、玄関にて
「いってらっしゃいwwwデュフッwwww」と熱く送り出しているとき
玄関に違和感を感じた。
彼が行ったあとに確認のために玄関を見ていて気づいた。
郵便物が何か少ない。
1も彼もズボラなために郵便物は結構放置しがちだった。
電気代とかの請求書類はすぐに確認していたものの
宗教のハガキとかDMは放置することが多かった。
ちなみにドアポストね。

1はアホなので
「こないだ創○にフライングスパゲッティモンスター教って言ったのが効いた!」
と彼にメールを送っていたが、彼はそこまでアホじゃなかった。
「ポスト漁られてるんじゃね?www」

まっ先に彼のストーカーだと思った。
自分で言うのもなんだが私はモテない。
なんでか知らんが雰囲気が怖いらしい。初対面の女の子はよく泣く。
そして兄とその友人に囲まれ育ったせいか趣味も男性寄り。
「川と海の境を調べよう!」と春に川(きったねえ)に飛び込むような女である。
そのためモテない。
彼は逆ナン普通なくらいモテるし、某アイドルとかとも付き合うような顔。
そりゃあ彼氏だろうと思った。
「あんたストーカーされてるwwww」
と軽くメールして自分も家を出た。

帰宅して夕飯を作っていると、彼が帰ってきてこう言った。
彼「俺ほんとにストーカーされてるかも」
1「は?なんで?」
彼「○号室のおばちゃんが言っとった。女の子がよくウロウロしてるって」
1「まじかwwww私に身の危険wwww」
彼「いや笑い事じゃないって。」
1「ごめんなさい」

おばちゃんの話によると、最近ウロウロしている女の子がいる。
1たちの友達だと思って「こんにちわ~」というと走って逃げた。
でもよく見るから人見知りな子なのね~と思っていた。
最近ゴミがよく荒らされてるんだけどカラスかしら~

確実にその女ですよね。
そしてそのおばちゃんの目撃証言と照らし合わせるも似たような人は周りにいなかった。
「どっかであんた見たのかもね~気を付けなきゃね」
と話して、ゴミは今まで以上に気を付けて出すようにした。


58:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:24:23.43 ID:PtUkv+LP0

はよ



はよ


60:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:27:43.71 ID:qkcwfncV0

こええ


61:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:28:05.40 ID:PtUkv+LP0

続きを


64:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:29:53.03 ID:3hX63WC30

遅くてごめん。
あと会話はうろ覚えなところが多いです・・・。

郵便物も気を付けて、おばちゃんに変な人見たら追い払ってと伝えてから
特に被害はなかった。ゴミは開けられたりしてたけど。
そしてしばらく経ったとき、彼が時間になっても帰らない。
ストーカーの事も忘れかけていたので「事故?」などと思い
何度も電話してみるも繋がらない。
不安で仕方なかったときに、電話が鳴った。帰宅予定から3時間くらい経っていた。
もちろん彼からの電話で「変な女につきまとわれて、交番に逃げた」
とのことだった。


65:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:31:52.17 ID:FTH7Pss5O

リナ痩せたのかなw


70:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:39:47.22 ID:3hX63WC30

作り話しゃないんだぜ・・・。ごめんよ文才なくて・・・。
書くの遅いからレスは後でしようと思います。

最寄駅近くの交番に女もいるとのことだったので、急いで駆けつけた。
田舎なのでもう店なんかは閉まってて、交番だけやたら明るく感じた。
交番につくとそこには困った顔の警察の方と、泣きそうな彼と
赤ちゃんを抱えたマツコデラックスがいた。
茶髪プリンのマツコだった。
ここから会話で書かせていただきます。

警察「あ、ご家族の方ですか?」
1「はいそんな感じです」
警察「いや何か彼がね、この女性に後付けられてるって言って・・・」
マツコは何か呪文みたいにブツブツ言ってる。
1「はあ。で、この人誰ですか?」
彼「知らないけど会社出てしばらくしたら後ろにいて駅で声かけられた」
1「なんて?」
彼「あなた、こんなところにいたのね!って」
1「はあ。は?」
警察「彼の奥さんで、その子は二人の子だって言ってるんですよ」
1「ええええええ?」
ここでマツコが突然大声で
「私は幸せになるべき人間なの!!!!!!!」
と叫び出した。赤ちゃんギャン泣き。

その声には聞き覚えがあった。嫌な予感しかしなかった。
ご想像通りリナだった。


78:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:50:45.22 ID:3hX63WC30

うpでもすれば女と信じてもらえるのでしょうか・・・。
その枝豆とかなんとかも意味がわからん。

しかも書いてたやつ消えた。
とりあえず彼と警察の方に昔の知り合いと説明して
リナだろう人物と話してみることにした。
1「リナだよね?」
するといきなり詰め寄ってきて
「あんたがいなければ!あんたなんか!!!!」
とか言い出した。まじで怖かった。

1「彼と知り合いじゃないよね?」
リナ「知り合いも何もこの子は彼の子」
1「じゃあ彼のフルネームと出身、血液型は?」
リナ「フルネームは○○」
1「そのほかは?」
リナ「・・・」
1「うちのゴミやら漁ったのあんただよね?」
1「近所のおばさんが見てた人と一致するもんね。」
彼頷く
1「なんでここにいるの?ってかなんで家知ってるの?」
リナ「うるさい」
1「は?」
リナ「うるさいっていってるんだよ!!!」
また赤ちゃんがギャン泣き。こいつ投げるんじゃないかって勢いだった。


79:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:51:59.87 ID:hO0gtfkM0

ああ、別に>>1の話が面白ければうpとかどうでもいいです


84:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:58:10.12 ID:PtUkv+LP0

とりあえず続きをはよはよ


85:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 04:59:54.13 ID:3hX63WC30

1「うるさいじゃねえよ!」
とちょっと強めに怒鳴るとリナはシクシク泣き出した。
警察の方困ってるし彼も何が何だか状態。
1「一体何なの?もう縁切ったよね?何で彼につきまとうの?」
するとリナが泣きながらこっちを向いて
「なんで1ばっかり幸せになるの?」
と言ってきた。

何かその時の仕草が昔のリナのまんまでドキッとした。
リナは泣くとき(あんま泣かなかったけど)顔に手を当てたりしないで
涙をボッロボロ流す。
太ってて、髪もボロボロで変わってたけど目はリナのままだった。
そのままリナは続けた。
「何でリナの方が可愛いのに、1ばっかりなんでも持ってるの?
お父さんもお母さんもいないのに楽しそうだし
勉強できないけど先生にも怒られないし、大学も楽しそうだし
優しい人と結婚してるし、お仕事もあるし
一個くらいリナにくれてもいいじゃん!!!!」

意味がわからなかった。まず結婚してないし。(リナの勘違いだった)


86:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 05:08:58.72 ID:3hX63WC30

とりあえず何か言わないとと思って
1「いや、意味わかんないし。だから彼くださいってか?」
リナ「そうだよ。いいじゃんそれくらい」
1「ふざけんなよ。彼は物じゃない。それに今の私があるのは努力したからだ。
何もしないであれ欲しい、これ欲しいが通るか」
リナ「だってみんなリナにくれたもん!」
1「そうですか。私は嫌です」
リナ「なんでそんな意地悪言うの!?」

段々子どもの喧嘩のようになっていくのを、見かねた警察の方が止めてくれた。
とりあえずみんな身分を証明するものを提出するように言われて出す。
リナはだいぶ落ち着いたようだがまだ泣いていた。
そこでビックリしたのがリナの住所。
例えると関東と九州くらい離れていた。
警察「ちょっとお母さんどこに泊まってるの?!」
リナ「・・・そのへんのホテル」
ビジネスとか、緩いラブホ、安い旅館を転々としていたらしい。
警察「お金とか持ってるの?」
リナ「カードがあるから」
とぼそぼそと警察の方と話していた。


87:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 05:17:29.51 ID:3hX63WC30

警察の方が「家に連絡させてもらうね」というと
リナは「絶対に嫌」とまた興奮し出した。
とりあえず彼は明日も仕事だし、帰りたい旨を伝えると
警察「どうします?ストーカーとか、ちょっと厳しいかもしれないけど」
彼「ポストとかゴミの件もあるんで・・・」
警察「ああそうでしたね。もう自分の担当じゃなくなるんで、このお母さんも
今日どうするかもあるし、署に連絡するのでその間待ってもらえますか?」
彼「構いません。」
ということで、担当の方が来るまで待つことになった。

その間リナは意外にもおとなしかった。
自分はリナに対して縁切った時のことも思い出しての怒りと
今のリナの格好を見て「ざまーみろ」と馬鹿にする気持ちと
何かすっごく複雑だった。
すぐに担当の刑事さんがきて、簡単に説明し、リナは署へ行くことに。
「明日家族の方が来られてからにしましょう。赤ちゃんもいるし」
ということで帰された。


88:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 05:25:49.38 ID:aDRy2R/n0

赤ちゃんの正体とは…?


89:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 05:30:42.08 ID:3hX63WC30

次の日彼は午後の仕事を休ませてもらい、署に行くことになった。
着いて相談室のようなところに通されると、リナとスーツを来た男性がいた。
「この度は嫁が大変ご迷惑おかけしました」
と、着くなりその男性が頭を下げてきた。リナの旦那さんだった。
旦那さんが思いの外普通の人でビックリした。
勝手にチンピラみたいな男を想像していたからだけど。

そこから刑事さんも交えて、話をすることになった。
リナの言い分としては交番でいったようなこと。
旦那さんはできる限りのことはするということ。
彼と自分は二度と近寄らないで欲しい。取ったものがあるなら返せということ。
訴える訴えないの話は、彼と自分だけ刑事さんに呼ばれ
・被害(けがとか?)が出ていないこと
・長期に渡って着けられていたという証拠がないこと(気づいてなかったし)
・リナはたぶん精神的に問題があること
などから、ちょっと難しいかもねという感じだった。
田舎なこともあり、あんまりこういう事件、とくに女→男っていうのが
ないことも理由だといわれた。
まとめとか、スレでストーカーの話を見ていてなかなか難しいって
みんな言っていたので納得してしまった。精神的に・・・とかも。


旦那さんには
「今後一切リナと私たちの接触を経つ。カウンセリングに行かせる。」
ということを約束してくれればもういいといった。赤ちゃんかわいそうだし。
旦那さんは泣いて「すみません、自分が不甲斐ないばっかりに」と言っていた。
そしてどうしてもそれだけは、ということで引越しにかかる費用+αを後日いただいた


90:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 05:32:43.51 ID:iMxhrT6uO

普通におもろい


91:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 05:35:20.47 ID:aDRy2R/n0

そんなに距離離れてたのにリナは旦那に何て言って赤ちゃんと一緒に>>1のとこまで行ったんだろ。


94:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 05:49:14.05 ID:3hX63WC30

>>91 旦那さんには実家に帰るって言ってたみたい(実家はこっちに近い)

リナが言ったことは高校時代にまでさかのぼった。
1が親がいないのに幸せそうで、うちはどっちもいるのに楽しくない。
リナはモデルになりたかったけどちっちゃい。1は大きい。
リナの方が勉強出来るのに勉強できない1は学校で楽しそう。
文化祭で目立ってはなかったけど、みんなと楽しそうに準備していた。
大学に入ってもリナは友達ができなかった。
就職も失敗した。結婚したけど旦那はあんまり家にいなかった。
子どもは可愛くて仕方ないけど、寂しかった。
みんなリナが悪口言うと相槌打って、それから近寄らなくなる。
1はリナを怒ってくれた。
最後までリナといてくれたのは1だった。
1が大好きだったけど、羨ましくて、憎くて、よくわからなくなった。
だから1に近づこうと思った。だから彼をもらおうとした。
迷惑かけてごめんなさい。
リナは1のことが大好きだけど、大嫌い。
自分でもどう思ってるかよくわからないの。


というようなものだった。
自分は高校時代リナが羨ましくてしょうがなかった。
悪口云々はいただけないが、はっきりNOといえて、目立って
小さくて可愛らしくて。
だから悪口言われても懲りずに一緒にいたんだと思う。


92:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 05:38:41.30 ID:3hX63WC30

あ、赤ちゃんは話し合いの間時間で預かってくれる保育園にいたそうです。
確かまだハイハイくらいだったと思う。大きさ的には。

緩い制裁といわれそうだけど、正直疲れた。
旦那さんと少しお話したが私が住んでいるところがバレたのは
たぶん大学の同窓会でリナがこっちに来たときだと思うとのこと。
大学のある町に住んでたから、どっかで見かけてつけたんだろう。
刑事さんにお礼を言って帰ろうとすると、ちょっと待ってと言われた。
本人が謝罪したいと言っている、と。
正直聞きたくもなかったが旦那さんの「どうしても」という言葉と
自分が交番で聞いたリナの言葉が気になっていたため聞くことにした。


95:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 05:57:25.58 ID:3hX63WC30

最後にリナはまた泣きながら「ごめんなさい」と
しっかり目を見て言ってた。なぜか今でも思い出す。
旦那さんはリナの結婚のくだりで、びっくりしたような顔だった。
出張とか多い職種だったみたいで。

後日旦那さんから振り込まれたお金で引越しした。
何年か経つけどリナには会っていないし、接触もしてこない。
実家が比較的近い(隣町)なので、帰省している際に兄が見かけたらしいが
マツコからちょっと小さくなってたみたい。
ニコニコして旦那さんらしき人と子供と歩いてたそうだ。
(兄は旦那さんを知らないので)

自分でも何で書きたくなったかわからないけど
やっぱりリナの行動は意味不明意だし、大学時代のことも許せない。
でも何年か経った今考えると、リナの「大好きだけど大嫌い」ってのが
自分にも言えるんじゃないかなと思ってきた。


96:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 06:01:45.13 ID:3hX63WC30

リナは不幸だったと言うけど、優しい両親がいるリナが羨ましかった。
勉強が自分よりできることも目立った行動取れるところも
なんだかんだ言っても友達が(自分だけど)いることも
羨ましかったんだと思う。

何が言いたいかわからんけど・・・。ごめんなさい。
とりあえずレスしますね・・・。


104:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 06:16:05.76 ID:ZcE1ReIp0

最後の終わりかたが平和そうで良かった
1さんもお疲れさま
お幸せに~


109:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 06:18:22.46 ID:3hX63WC30

>>104
大したオチもなくてごめんなさい。
読んでくれてありがとう!!


105:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 06:16:22.45 ID:YdeVDT/j0

大変だったな
おもろかった乙


109:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 06:18:22.46 ID:3hX63WC30

>>105
大したオチもなくてごめんなさい。
読んでくれてありがとう!!



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

おこん

Author:おこん
このブログは2ちゃんねるのほくげです



このブログについて




このエントリーをはてなブックマークに追加


アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
逆アクセスランキング
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。