--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-24(Fri)

俺の過去を語ろうかな

1:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 23:36:17.25 ID:iM3E23Xj0

聞いてくれるかな


2: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/02/23(木) 23:37:17.00 ID:aUbdDYyLi

ふぅ…


3:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 23:38:07.00 ID:JJNNvHQZ0

うーんと


6:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 23:42:34.18 ID:iM3E23Xj0

じゃあ語ってみる
俺はほかの友だちと比べるとひどい人生おくってると思うんだ

まず、3歳で母を亡くした
まだ子供から当時は何があったか分からなかったが
このころからだんだん人生が大きく変わってく


7:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 23:42:59.57 ID:VsKR7sUd0

ほう


10:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 23:46:42.08 ID:iM3E23Xj0

書き込むの遅くてごめんねごめんね

親が父一人となり弟と俺の三人生活が始まった
親は福祉系の会社に務めていて帰りが遅く、保育園では弟と二人で8時とかまで帰りを待っていた

保育園ではいつも遊んでる奴が二人いて毎日遊んで楽しかった
でも、親の転勤が決まった


12:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 23:50:14.24 ID:iM3E23Xj0

簡潔に書いていくから聞きたいことあったら言ってね

転勤先は都会だった。田舎に住んでいた俺にとってはワクワクでいっぱいだった
あの頃は無邪気だったなぁ、と思う

転勤してまもなく、親が再婚した
お母さんが出来てとても嬉しかった
だけど、こいつのせいで更に人生が狂う


13:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 23:52:43.39 ID:pXBWLAec0

虐待→中卒→自殺未遂→いまは底辺職で何とか食ってる
こんな感じなら寝る


17:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 23:59:35.17 ID:iM3E23Xj0

>>13
虐待はあったかなぁ

そしてある事件が起こる

友達が遊びに来てくれることになった
全然遊べなかったからとても嬉しかった
でも、俺は公園でしか遊べかったから友達にそれを伝えたんだ
そしたら、友達は「ちょっとぐらいいいって」と言って俺を誘った
俺も少しぐらいいいよね、と思って近くにあった駄菓子屋にいったんだ

当然お金は持ってなく友達が買うのを見てるだけだった
すると友達が話しかけてきた
友達「買わないの?」
俺「お金持ってないんだ」
友達「お金あげるからさ、こっち来なよ」
俺「いいよ、いらないよ」
友達「じゃあこれあげるよ」

そう言ってガムをくれたんだ


14:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 23:53:42.21 ID:iM3E23Xj0

まず、遊べなくなった
学校から帰ったら2時間勉強させられた
土日に外に出るときも遊べたのは隣にあった公園だけ
その近くに友達の家は無かったからいつも一人で虫(蟻とか)を見て遊んでいた
これのおかげ?で一人が寂しいとは思わなくなった


15:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 23:53:58.85 ID:TVkfPymz0

簡潔で読みやすい、続きをどうぞ


16:名も無き被検体774号+:2012/02/23(木) 23:54:44.77 ID:eX82vmTC0

悲しい展開になるのか?


18:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 00:05:22.06 ID:rZaWpTFO0

>>16
悲しいってよりは暗いかな、明るい人生ではなかった

帰宅すると母が仕事から帰っていた
洗濯物出しなさいって言われたから着替えて母に渡した
しばらくすると母が大声で俺を呼んだ
母「おい、これはなんだ?」
手には友達がくれたガムが入っていた
母「お前お金持って無いだろ?これどうしたんだよ」
俺「と、友達がくれたんだよ」
母「嘘つくな!」
すごい剣幕で怒られた
そして何回が頬を殴られてその日は飯抜き、リビングに入れてもらえなかった


19:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 00:11:18.82 ID:rZaWpTFO0

俺は悲しかった
友達と楽しく遊べたのにこんなことになるなんて思ってなかった
その日から友達と遊ぶのもやめた

その日から一ヵ月くらいたった頃、また事件がおこる
この事件はあんまり覚えてないんだ

母と風呂に入っていたときの事
母が浴槽に入っていた。俺も体を洗い終わり寒かったから浴槽に入ろうとしたんだ
ちなみにこのときはまだ小学1年生である
入ろうとしたとき、親が俺を突き飛ばした
ここから何も分からず気づけば少年院に入らされていた
多分あの時意識を失ったんだと思う


20:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 00:17:08.50 ID:rZaWpTFO0

少年院にいた俺は何故ここに入らされたのか、俺は何をしたのか
何も分からず、知らない人たちとの生活が始まった

少年院に入って5日後、寝込みを男に襲われた
小学6年生だったかな、そいつが俺のズボンを脱がしていたんだ
俺は怖くて大声を出した
すると、すぐに先生が来てその場は収まった
その子はどうやら性的は行為をしてここに入らされたんだと思った
俺はこんな人がいるなんて知らなかった
だから先生に聞いたんだ、ここはどんなところなんですか?どうして俺はここに入ってるんですか?と

俺が入らされた理由はその子と同じ理由だったそうだ
母が少年院に相談したらしい
俺は別にそういう意味で浴槽に入ろうとしたわけじゃないのに


21:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 00:22:24.15 ID:rZaWpTFO0

襲われたときに俺がマジで怖がっていたので、この子は性的な行為はしてないんじゃないか?という事を先生たちが考え出した
もちろん俺はそんな事してない
親と先生との話し合いで俺は少年院を出ることになった

少年院を出たあと、俺の扱いはひどくなった
毎日リビングに入れてもらえなかった。弟は父と仲良くテレビをみてて羨ましかった
家にいるときはずっと勉強だった。夕食も3人と違う時間に用意され食べていた


22:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 00:28:26.28 ID:rZaWpTFO0

そして母との生活に終焉がきた

俺が夜勉強していた時の事
父と母が大喧嘩していた
母は包丁を持っていた。俺は弟と一緒に自分の部屋でずっとその喧嘩をみていた
しばらくして、喧嘩が止み、父が俺たちに土下座してきた
すごく驚いた。俺たちにごめんなさいと謝っていた
もう何がなんだかわからなかった
父は軽く浮気していたらしい
この事が原因で、父と母は離婚。父が俺と弟を引き取ることになった


23:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 00:30:57.12 ID:Ju6DYxx90

ふむふむ


25:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 00:33:24.16 ID:rZaWpTFO0

親が会社をやめ、俺は転校することになった

転校先は自然がいっぱいあったところだった
運動場にキツツキの森があったり、周りは森に囲まれててすごかった
通学路には地獄坂とよばれるとても急な坂があってすごい事の連続だった

学校で友達は少しではあったができた
ずっと勉強していたので成績一番だった
休み時間はサッカーをして遊んでいた


27:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 00:39:05.15 ID:phW+0RfI0

母親もクズだが、継子を可愛がれないのは生物の本能として汲めなくはない。
真のクズは実の息子がそんな扱いを受けてるのを黙認してのほほんと過ごしてた父親だろ。


29:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 00:45:30.52 ID:rZaWpTFO0

>>27
父は黙認していたわけじゃないんだ、父は優しかったよ。クズとは思ってない

父が仕事についた
前福祉系の仕事だったので、今回もその関係の仕事になった
弟はまだ幼稚園児であり、それを父が仕事が終わってから迎えに行っていたので
俺は8時頃まで家で一人だった
でも、母がいた頃よりはマシ、と思い本を読んだりテレビ見たりして過ごしていた
お手伝いもし始め、炊飯、風呂掃除をするようになった
炊飯は父に教えてもらった


28:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 00:39:05.38 ID:rZaWpTFO0

ある日、俺たちは授業に遅れてしまった
俺たちの担任は女の先生だったがすごい怖い先生だった
友達の一人は胸ぐら掴まれてた
正直ビビッた
その授業中はずっと後ろに立たされてた

その日から外で遊ぶのをやめ教室内で本を読むようになった
昼休みは図書室にいて静かに暮らしていた
たまに友達とサッカーをして遊んだ

母がいなくて、友達がいて楽しかった


30:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 00:51:20.93 ID:rZaWpTFO0

楽しく暮らしていたが、また父の転勤が決まった
今度は都会に行くことになった

そこでは休み時間にハンドベース(キックベースの手バージョン)という遊びをしていた
チームが二つあり、弱い方と強い方で別れていた
俺ははじめは弱い方にいたけど、だんだん上手くなっていって強い方に入れた

この学校には親の帰りが遅い子供を世話するボランティア施設があって俺はそこに入り、そこに入っていたほかの人と仲良くしていた


31:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 00:58:09.36 ID:rZaWpTFO0

しばらくたったある日(当時3年生)父の帰りが遅いので父のお姉さんが俺たちの面倒を見ることになった
しかし、この姉さんが来てから、外で遊ぶときはすぐそこの公園だけ、ということになってしまった
また、遊べなくなってしまった
でも、学校の友達に事情を説明すると、何人かは遊びに来てくれた

一ヵ月後、またしても父が転勤することになった
3度目だったからもう慣れていた

転勤は最初の学校の近くだった
職場は一番最初に入っていた会社に入ることになった


32:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 01:00:51.72 ID:HZxgL0qw0

なんで近くの公園だけなんだろうな


33:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 01:04:22.91 ID:rZaWpTFO0

そこの学校である人と再開した
保育園でよく遊んでいた二人である
とても嬉しかった
この時点で5年生である

無事、その学校を卒業することができ、中学校に入れた

父の仕事が安定し、中学では成績は5番以内と中々いい生活を送れていた

中学校からは結構グレ出した
宿題はあんまり出さなかったし、ガラス割ったこともあった
そしてオタクになっていった
アニメも見てたし、休み時間はラノベを読みまくっていた

中学校は無事卒業、高校もはいれて現在に至ります


34:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 01:05:30.09 ID:rZaWpTFO0

すごく簡潔にまとめました
今は楽しい生活送っています


35:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 01:07:59.90 ID:rZaWpTFO0

一応恋の話は除いてあります
こういう経緯があってからか普通の人よりは考え方が大人っぽいとよく言われます

何か質問あったら出来る範囲で受け付けますよ~
そして眠い・・・


36:名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 01:16:14.78 ID:rZaWpTFO0

皆さんキチガイな女には注意して生きましょう!

お や す み な さ い



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

おこん

Author:おこん
このブログは2ちゃんねるのほくげです



このブログについて




このエントリーをはてなブックマークに追加


アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
逆アクセスランキング
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。