--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-27(Mon)

三角関係で人生おかしくなった

1:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:06:29.54 ID:GfIXrblP0

平々凡々な自分語りになると思うけど

オナシャス


3:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:07:25.67 ID:GfIXrblP0

スペック
28歳 おっさん
172cm 54kg ひょろい

先にいっとくが感動も何もないぞ。
オチもない
暇つぶしに付き合う感じで頼む



6:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:09:28.73 ID:GfIXrblP0

本筋は大学時代からの話なんだけど
簡単に高校までの話も適当に。

小中は若干女子に嫌われていた。もちろんの事中二病。
だが普通に面白おかしく生活していた。
毎日、かめはめ波が打てると思ってたような感じだ。

高校になってからは中学時代の仲間がDQN化したため気が合わなくなる。
かわりに卒業してから仲よくなった仲間が出来た。
親友の誕生だ。


8:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:10:56.99 ID:GfIXrblP0

そして高校になってギターを始めた。
ちなみにそれまで音楽は大嫌いであった。

理由は簡単だ。好きな漫画でギター弾き語りをしていていいなと思ったのと
親父の部屋でエロ本漁ってたらギターがでてきたから。
その流れで親友が出来たわけだ。


11:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:11:57.99 ID:HRCjBqo90

先に全員のスペックをだな
それによっては考える


16:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:15:02.77 ID:GfIXrblP0

>>11
スペックか。
色々でてくるから書きながら以降と思ったんだけど
だめw?


14:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:14:01.07 ID:GfIXrblP0

上達は中々早かった。高一の冬手前に始めて高2の冬には初ライブをやった。

イエモン。
おかげでイエモン大好きになった。
でも中二病だった俺は洋楽しか聴かないなんてかっこつけていた。

ちなみに学校では部活はやっていたもののほぼ一人だった。
適当に部活やって帰って朝までギター弾いて学校に行く。
高校はずっとDTである。

制服デート夢だったのに・・・


17:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:16:53.04 ID:GfIXrblP0

んで進路。バレそうなので伏せさせて頂くが国家試験がとれる
将来安泰な資格を目指す事にした俺。
家族にも目指すのに相当な事が色々あったので金はかかるが行く事にした。

受かった。

晴れて大学生である。

同時に親友のうち一人が音楽学校に行くため
東京に旅立った。


19:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:18:36.68 ID:GfIXrblP0

ここで親友紹介。

たくろー 180cmくらい 細長い GLAYのタクローに似てる
A 我が道を行くタイプ
B たくろーに飼われている感じ

AとBはあんまり重要じゃないんでこんな感じ


21:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:23:04.10 ID:GfIXrblP0

入学式。大学の雰囲気がダークネス。。
失敗した…と思った。でもなりたかったものは仕方がない。
俺は頑張る事にした。
夏休みになった。実習に行った。全くやりがいなくて絶望した。
一気にやる気がなくなった。


それでもなんとか頑張った。
しかし元々頭のできが良いわけではない俺。
悲惨な状況になった。。
一年生は留年してもう一回一年生になってしまった。

同時に彼女が出来た。


こうやって書いてるとクズだな俺


22:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:26:06.79 ID:GfIXrblP0

二回目の一年生はかろうじてクリア。
晴れて二年生になった。

しかし疑問が出始めた。
本当にこれでいいのだろうか…。
一生あの仕事で食っていけるのだろうか…。
なんでかわからないけど学校に行けば胸がものすごく苦しくなる。。

全く答えが出なかった。
なんせ優柔不断w


23:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:28:37.24 ID:GfIXrblP0

そしてものっそい邪悪な先輩に好かれた。
最初こそなついていたが、徐々に本性がみえてきた。
なんていうか…理屈を押し付けてくるタイプ。
自分の考えと正反対だったら切れるみたいな。
家が近い事もあり、よく拉致らレタ。


限界がくきて潰れる前に休学する事に決めた。
そして休学中は好きな事をやろうと決めた。
とりあえず音楽だ。バンドをやろう。
親友とバンドをくんだ。

そしたら東京の事務所から声がかかったり
とまぁいい感じで事が運んでいった。


24:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:30:36.64 ID:GfIXrblP0

人いないっすねww
文才ない上につまらない話と思って書いてるからいいや、続けますw



そんな中で、大学との縁も切れてなかった俺。
よく飲み会とかは参加していた。
あ、ちなみに軽音部な。
その中にかわいくはないが歌が抜群にうまい女子がいた。


運命の出会いである。。。


25:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:36:11.19 ID:GfIXrblP0

女のスペック
名前 ゆい(似てる芸能人はいない)
当時26歳
多分Bカップ 154cmだったかな?


話したりして仲良くなり
その子をボーカルに別なバンドを組む事にした。
ユニットもくんだ。
大学のライブやオーディションにでたりもした。

そうなると当然飲み会も増えた。

ちなみに俺はものすごく酒が弱い。
大学の飲み会で潰れていた。
その流れでゆいに介抱され、家にとまる事になった。

男女で大学生で酔っぱらい。
もう恐れるものは何もない。

一晩を共にした。


30:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:49:30.72 ID:GfIXrblP0

書き忘れた。

>>25の後、ゆいからは度々求められるようになっていました。
セフレでいい宣言もされていたので断りはしなかった。


26:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:39:36.14 ID:GfIXrblP0

ここから歯車が狂い始める。


俺の気持ちの整理含め
ぼかしつつもなるべく詳しく書いていきたい。
多分たたかれるけどw
見てる人がいれば、遅筆だけどお許しください。


ちなみにこのゆい、なまらうまかった。
自分に魅力がないから夜の技でつなぎ止めるとかなんとかいっておった。
友達に風俗嬢がいてテクを教えてもらっていたそうだ。


27:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:42:40.74 ID:i2hR7ILn0

見つめてるぞ


29:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:46:55.11 ID:GfIXrblP0

>>27
あざす!


音楽仲間になると思ってゆいにもあわせた。
俺の彼女を紹介してみんなで遊んだりもした。

そして自然とゆいとたくろーの三人で遊ぶ事が多くなった。

…バカ波長が共鳴したのだと思う。


彼女と会う機会は減っていった。
っていうかどんどん忘れていった。

彼女の名前ははるかでw

毎日のように三人で遊んでいたと思う。
今思い返してもクズだな。


そして親友同士で会う事も少なくなっていった。


28:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:43:24.07 ID:GfIXrblP0

この間ちょくちょくたくろーが帰ってきていたので
親友四人で集まって遊んだりもしていた。

そんなこんなであっというまに一年過ぎ去っていた。

まだバンドがやりたかった俺はもう一年休学する事に。


一年経った頃、たくろーが東京から帰ってくる事になった。

みんなで喜んだ。
またみんなで集まれる。最高にわくわくしていた。


31:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:51:00.92 ID:GfIXrblP0

たまにBをいれて遊んだりしていた。
…がやはり基本三人でという事が多くなった。
ちなみにAは我が道を行き始めていた。

当然この頃もゆいとの情事は続いている。


たくろーの家に三人で暮らすような感覚。

しかし、ゆいは家が遠かったため
たまに来れない日もあった。

距離的には車で一時間程度の距離。


そしてどんどんゆいがおかしくなり始める。


32:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:52:53.26 ID:GfIXrblP0

まず束縛のようなことが増えた。
今どこ?とか。家の前にいる。とか。
鬼電の嵐。

実際に家の前にいた事も多々。

本気で怖くなってきた。


すまん、ここら辺からの時系列とか起こった事
記憶が曖昧すぎるんで
バラバラになるかもしれん。。
覚えている範囲で書いていく。


33:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:54:42.39 ID:GfIXrblP0

そんな事が頻繁に起こるようになった。
怖かったので俺はバンドのベースの友達の家によく避難した



ゆいからメールが来る。

「どこにいるの?」

ほっといたら当然のように鬼電。
仕方なく電話に出て話す。

どうやら家にはいなかったらしいんだが、胸騒ぎがしたらしい。
…恐ろしい。
ベースの家にいる旨を伝える。

「また裏切られるかと思った」

…ん??
よくわからなかったけどそのまま電話を切った。


34:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 14:57:45.14 ID:GfIXrblP0

ここら辺からゆいの行動が加速度的におかしくなる。

簡潔に。
夜中電話くる→これから死ぬ→1時間かけていく→リスカしてる


「死んでほしくなかったら抱いて!」
そんなドラマチックなセリフを言われるようになったのもこの頃から。


同時期くらいに彼女と別れたと思う。
ゆいが厄介なの半分、俺がまったく構わなくなったの半分が原因。


35:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 15:00:16.22 ID:GfIXrblP0

クリスマス。
俺がバイトしていたところは元々人手不足だったんだけど
24。25日はとても忙しくなる。
毎年人脈で人をかき集める。

そして新人の女の子が入ってきた。
二個下のかわいい女の子。
音楽が好きというのですぐに打ち解けた。

何となく俺に惚れている事がわかった。
名前はかよでw


36:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 15:02:56.15 ID:GfIXrblP0

そしてゆいと仲の良い友達関係に戻りたかった俺。
クリスマスの話をしたらやりたいという。
家も遠いんだしと…諭すもだだをこねる。

そもそも話すのが失敗ですね…。

嫌な予感しかしない俺。
でも働く働くぎゃんぎゃんと騒ぎ立てるゆい。
収集つかないので紹介して働いてもらう事に。。




大失敗だった。


37:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 15:05:20.65 ID:QlZrdbeS0

音楽に救われたかと思ったら・・・


39:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 15:12:03.30 ID:GfIXrblP0

>>37
サーセンw
でもこんなとりとめもない話読んでくれてありがとう。


売り向けばそこにいる悪魔。
…えっ?!
あなた先に上がったじゃない…。

呆気にとられている俺を無視して車に乗れというゆい。

なんてこった…。


ゆい「どこいくの?」
俺「どこもいかないよ」
ゆい「うそ。嫌な予感するもん」
俺「関係ないっしょ」
ゆい「ふざけるなvぶwvvrvhれhvfv;!!!!!」

そんな口論をひたすら。
あぁもう地獄だった。


38:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 15:07:00.96 ID:GfIXrblP0

クリスマス
てんてこ舞いで働く

休憩中にかよに今日あいてますか?と言われる。
あいている旨を伝えると

「じゃあ今日終わったらうちにきて下さい」

うっほwww春が来るwww
内心万歳な俺だがカッコつけて一言「おk」

今夜が楽しみとwktkしながらバイトを終わらせた。

商売繁盛!
終わって早速かなの家に行こうとした。


「どこいくの?」


40:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 15:14:32.86 ID:GfIXrblP0

ゆい「携帯をみせて」
俺「なんで?」
ゆい「いいからみせて」
ゆい「はやkふhvぐいrぱゔぇあろ;vふいえぁrv」

殴られたり発狂されたり携帯奪われそうになったり
ゆい発狂。最早聞き取れない。
仕方ないのでかよの家に行く旨を伝えた。


41:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 15:17:04.03 ID:GfIXrblP0

ゆい「…………………」
突然おとなしくなったゆい。

沈黙が訪れる車内。。

ゆい「…………まただ」
えっ??なんて??

ゆい「また……裏切られた」
ぎゃんぎゃん泣きだすゆい

訳が分からない。

そして発狂。もちろん聞き取れなく
殴られたりしたけど、もうなすがまま。

そして沈黙。

前触れもなく一言。
ゆい「抱いて」


42:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 15:19:54.82 ID:GfIXrblP0

いや無理。ほんとに無理。
もう関わりたくない旨を伝える。
本当にもうやめて。と切実に伝える。

そして訪れる沈黙。
車を出て行こうとするも暴れて出させてくれない。
もう手が付けられない。

そしてぼそっと一言。






ゆい「…心中しよ」


44:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 15:24:16.22 ID:HGJOKq6F0

見てるぞ


45:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 15:29:11.93 ID:GfIXrblP0

>>44
ありがとうー!


…???

俺が疑問の言葉を出す前に
車は轟音をたてて動き始める。
レッドゾーンな音。

急加速する車。
Gを感じるんだぜ。


マジで殺されると思った。
前には壁が迫る。
スローモーションな景色。
よみがえる記憶。
鳥肌が立つ。


「やめてえぇぇぇぇぇぇぇっ」


46:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 15:34:28.10 ID:GfIXrblP0

命の危険を感じると人間は凄い。


即座にギアをニュートラルにいれ
サイドブレーキを全力で引く。

ぶおぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!

レッドゾーン超えな空ぶかしの音が響く。
冬道なので車がスリップしまくる。


こういう時って声もでないのな。

声にならない叫び声のようなものと共に車が止まった。



…どうやら生きていた。



そーっと顔をあげると


目の前には壁があった


51:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 16:30:26.06 ID:GfIXrblP0

…表現しようのない
重たい沈黙が訪れた。

ゆい「心中できなかった」

この時、俺の中の何かが切れた。
何でもしますから殺さないで下さいとかなんとかいった気がする。

当然の事のようにお決まりの台詞



ゆい「じゃあホテルいこ。」

恐怖は人を支配するには最も適している。
かよに電話で断りをいれて、ホテルに向かった。


52:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 16:34:53.89 ID:GfIXrblP0

最早逆肉便器。

気持ちいいとかそんなのあるわけない。
勃起という生理現象が起きて、穴に入る。
生理現象で精液がでる。

おわり。


次の日も朝から仕事だったのだが
夕方まで監禁された

バイト先に電話する元気もなかったので
大量にお菓子を持って夕方からいった。


怒られると思ったが
ただならぬ雰囲気を感じたのかもしれない。
何も言われず次回からは連絡するようにとだけ言われた。


53:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 16:39:58.10 ID:GfIXrblP0

そして年が明ける。

年越しはゆいの実家に拉致られた。
愛想笑いでやり過ごしたがもちろん抱いてコールはあった。
最早断れなかった。

年明けてすぐ俺の誕生日。
目隠しをされて車に乗せられた。
高級なホテルに拉致られた。

全くうれしくなかった。
マフラーをあんできてくれていた。

家に帰ってすぐ燃やした。





そして年明けとともにたくろーが本気を出してきた。


54:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 16:44:41.54 ID:GfIXrblP0

ちなみにこの頃にはバンドは解散していた。

ドラムが音信不通に鳴ったのが原因。
そしてAが我が道を行き始めた。


ゆいがいつもと違う感じでホテルに行こうと言ってきた。
内心いきたくないけど快諾した。

ホテルでもいつものようにしてこないゆい。
そして口を開いた。


ゆい「たくろーね、ガンらしいんだ。スキルス胃がんのステージ4らしい」

言葉を失った。


56:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 16:49:20.73 ID:GfIXrblP0

こいつの前では涙なんか見せたくない。

風呂に突っ込んでごまかした。
ゆいがきて色々言ってきた。

「お前いつまで自分から逃げてるんだよ?そろそろ素直になろーよ」
そんな感じの事を言われた。

そして続けていった。
「たくろーは君に言うつもりはない、だから亡くなるまであたしが面倒を見る。
あいつわたしに惚れてるから」
「だからせめて君はわたしの事をささえて??」

断る理由は見つからなかった。
が、半分以上疑っていた。


その後はもちろん逆肉便器になって帰宅。


57:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 16:52:26.42 ID:GfIXrblP0

そして後日、たくろーにドライブに行こうと誘われた。

話があると。


静かなところに行き、話した。

たくろーの東京での話。
彼女が自殺した事。
実家が借金まみれな事。
自分が鬱になっていた事。

他にも色々言ってた気がするけどもう思い出せない。

そして親友だと。死ぬまでよろしくな、と。


最早疑う理由はなかった。


58:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 16:54:54.23 ID:GfIXrblP0

そしていつものように三人で遊び
ゆいにおかされる日々が続いた。

年明け頃からだろうか?
寝落ちしようとしたらびっくりして
飛び起きる事が多々あった。

よくわからないからほっといた。


そして三月。
バンドももうないしな
大学に戻る事を決めた。


59:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 16:58:09.11 ID:GfIXrblP0

大学の友達はみんな喜んでくれた。

お帰りと迎え入れてくれた。
前と違って肯定的な気持ちで大学に通えるようになった。


そしてゆいとたくろーが飲みにいったみたいな話を多々聞くようになった。

夜中にびっくりして飛び起きる事もふえた。

時系列がいつかわからないけど包丁もって突撃された事もあった。
これまた間一髪でかわした。


60:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:01:23.73 ID:GfIXrblP0

大学では友達もたくさん出来た。
これなら頑張れると思った。


でもなにかおかしかった。
授業中に息苦しくなる事がふえた。
寝ようとしても息苦しくて寝れないことがふえた。


ゆいとたくろーはよく飲みにいっていた。
たくろーにゆい経由で診断書を請求したが
はぐらかされていた。

そしてたくろーとれんらくがとれなくなった。

相変わらず肉便器は続いている


もう訳が分からなかった


61:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:04:24.33 ID:GfIXrblP0

授業中息苦しくて途中で抜ける事がふえた。
教授からの評判最悪になったw


そしてちょっとまえに免停になり
学校を休んで免停講習に行かなければならなかった。
スピード違反な。


違反講習中、息が出来なくなった。
救急車で運ばれた。


63:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:06:40.54 ID:GfIXrblP0

病院に着く頃にはけろっとしていた。
検査も異常なし。

帰りの電車でまた息が出来なくなった。
気合いで帰った。
苦しくて寝れなかったので、次の日に病院に行った。
異常なし。

訳が分からなかった


64:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:09:49.48 ID:GfIXrblP0

何日か続いて病院をはしご。

パニック障害といわれた。
ゆいにいったらこういわれた

「キチガイの仲間入りだね!おめでとう!!!」

泣いた。


とりあえず安定剤飲んだら楽になったので
学校に行けるようになった。


65:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:13:46.23 ID:GfIXrblP0

そのまま状況かわらず夏休みへ。

友達カップルとゆいとライブに行った。
その帰りカップルの男の方と話して帰ってた。


ゆいと二人きりになって、いきなりゆいに胸ぐらをつかまれた。

「わたしのわるぐちいってたんだろ?ふざけんな」


勘違い甚だしい。
友達のFカップについて熱く語っていたのである。
なんか聞き取れない日本語を色々言ってくる。


気がついたらゆいの頭を持って地面に叩き付けていた。

友達カップルに止められた。
止められなかったら殺してたと思う。


もう俺は壊れていたと思う。


66:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:14:48.35 ID:QlZrdbeS0

oh...


68:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:17:11.34 ID:GfIXrblP0

>>66
読んでくれてありがとな


71:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:19:59.75 ID:QlZrdbeS0

>>68
暇なんだ^^;


73:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:23:53.95 ID:GfIXrblP0

>>71
暇なのに、ひどい話でごめんな…


74:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:27:42.73 ID:QlZrdbeS0

>>73
暇つぶさせてもらってます(`・ω・´)


67:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:16:52.17 ID:GfIXrblP0

その場は友達カップルが仲裁に入り解散。


これ以上は危険だと思ったので共通の友達数人に事情を説明し
ゆいの家にパーティー組んで乗り込む事数回。

やっとの思いで縁がきれた。

最後のゆいの言葉。
「わたしはたくろーと付き合って結婚すると思うから大丈夫。」



正直意味がわからなかった。


69:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:18:49.77 ID:RuWtq8D1O

え…と


73:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:23:53.95 ID:GfIXrblP0

>>69
なんもいえねいよね…


70:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:19:01.76 ID:GfIXrblP0

夏休みが終わればテスト。

正直勉強すると息が出来なくなった。
病院に言ったところ強い薬を渡された。

飲んだところ余計に勉強どころじゃなくなった。
逆効果と悟り、薬を飲むのをやめた。

このときテスト三日前。
・・・やばい


72:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:23:01.54 ID:GfIXrblP0

呼吸困難になりながらテスト勉強。
…パネェッス。


まともに勉強出来ないまま当日を迎えた。
朝から呼吸困難でぜひぜひいいながら運転して学校へ。
片道一時間。
事故らなかったのが奇跡。


テストは即効性の安定剤をミンティアのように食いながらうけた。
バレたら停学からの実質退学。
薬で頭はフラフラ。
テストどころじゃなかった。


75:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:29:15.42 ID:RuWtq8D1O

ちゃんと読んでます


77:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:34:21.25 ID:GfIXrblP0

>>75

ありがとう!!!!
がんばるお!



三年生になる頃にはもう限界になっていた。
ちょうど家の近くにパニック障害専門をうたっている
心療内科があったのでそこに行く事にした。


今まで飲んでいた薬じゃあきかなくなってるらしかった。
話しただけでわかるのかと思ったが。
薬が代わりSSRIという種類の薬になった。


同時にメンヘラ誕生。


76:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:30:15.28 ID:GfIXrblP0

しかし奇跡的に試験はパスした。

一気に飛ばすけど二年生は呼吸困難になりながら
無事通過。三年生になった。

ちなみにこの間、女は全く寄せ付けなかった。
が、俺に行為を寄せている女を利用するようになっていった。
無意識で女に復讐していたんだと思う。

クズ誕生の瞬間


78:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:41:20.90 ID:GfIXrblP0

ここで薬の説明。

いわゆる安定剤は穏やかに緊張や筋弛緩作用を発言する薬。
なので脳内には殆ど影響はない。
肩こりにも効いたりするので中々オールマイティなやつ。

そしてSSRIや三環系といった強力な薬。
現在の鬱等精神病の主力になっているやつ。
これらは中枢神経に作用する。
要するに脳みそに影響を及ぼす薬。

作用機序ってのがあるんだけど、、薬が体内でどうやって働くのかっていう奴ね。
後述の薬は麻薬とほぼ同じように作用すると言っていい。

メンヘラが増えているのはこいつらが影響しているのもあると思う。
ニュースになったところではパキシルって薬とか。


あ、ちなみに今は薬とかなんも飲んでないよ!


79:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:44:37.56 ID:GfIXrblP0

そんな感じで三年生は最悪のスタートを切った。

お薬のおかげで普段の呼吸困難はなくなった。
でも何かおかしい。。
うん、感情がない。感じる事が平坦になった
人の話が全く頭に入ってこない

性格も変わった
興奮したら息できなくなるから


笑ったり
怒ったり

喜怒哀楽を無意識のうちに殺した。


周りからはゆるい脱力キャラで人気をかっさらった。


81:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:50:39.89 ID:GfIXrblP0

そして三年生になってから俺に惚れている女の家に住み着くようになった。
そいつには付き合ってもおなしくない男がいた。

あえてそういう女の子を狙った。
俺がされた事を無関係の人にやり始めた。
発作のふりをして心配してもらった。

ほかにも彼氏いる女の子を狙って
修羅場を演出していた。
気分はさながらディレクター。

もうなににもやる気を出す事は出来なくなっていた。


メンヘラ完成体になった。


83:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:56:58.94 ID:GfIXrblP0

メンヘラ期間記憶曖昧すぎるんだよなぁー。
ぐちゃぐちゃになるかも。


休学してからも住み着いていた女の子と遊んでいた。
付き合う事にした。
速攻別れた。

風の噂ではその年、その女の子は留年したらしい。


次のターゲット。
一年の時から俺に惚れてたリスカちゃん
つり目猫顔のきつい顔の女の子。
多分Cカップ。


ダークすぎる期間だ。
思い出したくない。


84:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 18:04:36.18 ID:GfIXrblP0

ちなみにその子もずっと付き合ってる彼氏がいた。

実家からの家出を所望していたので
手伝ってあげた。

そのままうちにかくまった
まじであの頃の俺、死ねばいい。


そのまま三月が訪れた。
学校に退学届をだした。


いや違う、時間の計算が合わない。。
一年ずれてる

ごめんなにあったのか思い出せないから飛ばす
わからなかったら聴いて下さい。

大学やめてから次の冬に家出を手伝った。
女の子(あき)は卒業間近の四年だった。


85:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 18:06:48.86 ID:bDvnpluZ0

ちゃんと読んでるぞ


86:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 18:11:11.62 ID:GfIXrblP0

>>85
ありがと!!!



あきは卒業できたものの国試に失敗した。
国試浪人ってやつになった。
同時に働きながら勉強して一人暮らしを始めた。

半同棲を始めた。
その年の11月(あきが国試浪人中)俺も販売のお仕事で働き始めた。


あきもリスカするだけあって中々浮気性である。
俺はどんどんとゆいみたいになっていった。

あ、でも心中とかは流石にしてないよw


そしてあきと少しずつ連絡が取れなくなっていった。


87:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 18:15:25.55 ID:GfIXrblP0

俺は焦った。
その時の感覚では本気で好きだったから。

なのでパニック障害を治そうと思った。
心理学、パニック障害、鬱病
神経の仕組み…
関係ありそうなものはとことん調べ尽くした。

そして自律神経を興奮させないけりゃいいんだなと悟ったので
呼吸で副交感神経を活発にする方法や
意識的に副交感神経の働きを高める方法をとことん練習した。
ランニングもし始めた。

気合いと根性で治ると思うようにした。


そして少しずつ薬を減らしていった。


88:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 18:18:55.51 ID:GfIXrblP0

そして年が明けて二月。
薬をすべてやめた。


一週間くらいめまいやらなんやらの離脱症状に苦しんだ。
ある日の事。朝普通に起きた。

なんだか頭がすっきりしている。
モヤモヤしたものがなくなった。
体が軽い。


治ったと確信した。


とりあえず親と抱き合って泣いた。


89:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 18:20:40.76 ID:QlZrdbeS0

おおう・・・


92:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 18:27:25.68 ID:GfIXrblP0

>>89
ありがとう!!!
もうちょい続くのでよろしくお願いします!



あきには元カレと頑張れと伝え、別れた。
その年に結婚してたwww


交流関係も元に戻った。
メンヘラになる前の友達とまた仲良く遊ぶようになった。
中身が変われば仲間が変わるって言葉が実感できた瞬間。


そして三月。
元カノのはるかから連絡がきた。

うちの近所に引っ越しするから手伝えとの事。
実に四年(多分)ぶりである。


91:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 18:21:49.61 ID:GfIXrblP0

あきに治った旨をつたえ
試験頑張れと伝えた。

連絡は帰ってこなかったが、試験が終わった後
自己採点では受かったと連絡がきた。

会う約束をした。



会った。

なんで惚れてたのかわからなかったwww


93:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 18:29:55.46 ID:GfIXrblP0

引っ越し当日。
はるかの家にいくと一家勢揃いしていた。
…緊張した。
俺は買い出し班だったので
物資をかいにいった。

そのまま夜まではるか一家と過ごした。
ごはんも食べさせたもらった。

またはるかと遊ぶようになった。


94:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 18:33:31.90 ID:GfIXrblP0

はるかと遊ぶようになって一ヶ月。
俺は怖がっている事に気がついた。

多くの人を傷つけて大学をやめた自分
ゆいにズタボロにされた心
たくろーに裏切られた友情


もうなにも信じれなかった。



それでもはるかは受け入れてくれた。
四年の時を超え復縁。

ここだけ聞くと純愛だなぁwww


96:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 18:41:01.88 ID:GfIXrblP0

>>95
まとめさんきゅ!
秋と別れる時はまともに話し合ったな。
結果、あなたとは付き合えないって言われて
後腐れなく綺麗に縁を切った。

はるかはで初めて出来た彼女、>>27で名前つけてるわ。
わかりにくくてごめん。


97:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 18:47:42.83 ID:2uFQZi3Y0

だらだらした大学生として生活、はるかという彼女が出来る
バンド仲間(ゆい他)と遊ぶようになり、はるかと疎遠になる

ゆい(標準的害基地ビッチメンヘラ)に心を壊される、パニック障害発動
学生生活他、人生もこの辺りで狂い始める

女を寝取る事が生き甲斐になる(心の奥では女への復讐?)被害多数
本人記憶曖昧、客観的に言うと屑

あき(国試失敗)と本気で付き合うが、メンヘラの為疎遠になる
>>1は病気を治す決意、そして直す

あきと合うも、なぜ惚れていたのか分からない何を言っているのかわからねーとおも(ry
よりは戻らず、壊れていた過去の人間関係も病気を治す事により元に戻る

はるかと四年ぶりに会う、よく遊ぶようになる
しかし他人を信じられない>>1、はるかはそれを受け入れる


つづけて


98:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 18:50:44.50 ID:GfIXrblP0

>>97
thx!!



同年11月。

仕事先店舗が赤字だらけでついにシフトが月の半分になった。
転職をきめた。


同じ頃の週末、はるかと恒例の週末デートに行った。
少し遠出をして湖に行く事にした。


湖を見ている最中、懐かしい感覚に教われた。
パニック障害の発作直前の感覚。

特に再発に関わるようになストレスはかけないようにしていた。
疑問ばかりが頭に浮かぶ。

持てる技術を駆使して発作はおさめた。
その帰り道、全く出てこなかったので気のせいと思うようにした。


だがしかし、気のせいではないらしかった。


99:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 18:57:37.92 ID:GfIXrblP0

仕事中
家にいる時遊んでいる時
運転している時

発作直前の焦燥感が頻繁に現れるようになった。
常に呼吸を意識しながら生活する日々が続いた。
正直疲れる。


ちなみに余談ではあるが、最初のPDを治す時
どうしてもトンネルで苦しくなるっていう謎の恐怖症になっていた。
真空パックにつめられた感じ…とでも言うのだろうか?

治すためにトンネルの中に一時間座り込んで耐え抜いて
トンネルの恐怖を克服した。

なので基本的な精神がひん曲がっているくそ野郎ではないと思っている。
外的因子でなったもので内的因子でPDになったわけではない。

…と思いたい。


100:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 19:05:19.02 ID:GfIXrblP0

働けなくなったので仕方なく病院に行く事にした。
もう二度とならないと思っていたので手持ちの薬はすべて捨てていたのだ。


先述した安定剤の中でも最も作用が穏やかなものを出してもらった。
一時的な再発ですぐになくなるっていうお医者様のお墨付き。

泣く泣くお薬を飲んだ。

なんと言うのだろうか?からくりサーカスを読んだ人ならわかると思うが
なるみがゾナハ病発作の時に他人に笑ってもらって
呼吸困難が収まって楽になるって描写があるんだが
まさにあの絵の描写なんだよ。

一瞬で胸のわだかまりが解ける。

ちなみにこの時、バイト先には親戚を殺したり
風邪になったりとまぁ最低な言い訳をして休みまくっていた。




クズ第二章の幕開けです。


101:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 19:08:01.79 ID:jQc3YuoW0

壮絶だな…


102:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 19:08:13.71 ID:GfIXrblP0

ちと疲れた。。
キリもいいので
ご飯食べたり風呂入ったり家事したりしてくる。

夜9-10時頃またきます!!


あと、読んでくれてる人いたらありがとう。
レスしたり内容まとめたりしてくれてありがとう。
一度落ちます。


106:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 19:23:41.70 ID:bDvnpluZ0

おつかれ
待ってるぞ


107:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 19:34:26.96 ID:kNPm9qZFO

>>1

いま追いついた!あんま無理すんなよ ^ ^;


108:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 21:52:44.21 ID:GfIXrblP0

>>107
おおおおおお
読みにくかったろうに…(´;ω;`)
ありがとうー!
無理はしていない
なぜならJKだから


ではまたぐだぐだと書いていきます。
以下読んでいても不快になる可能性があるので
不快に思った方はスレから去ってくだしあ。


うんこもしてココアもいれたばっちりだ!
ではいきます!
駄文になりますがオナシャス。


109:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 21:58:55.56 ID:GfIXrblP0

読み返したら読みにくいな・・・。
ちゃんとまとめてから投下すれば良かった。。



この頃、他の会社に面接にいきながら
仕事に行っていた。

転職なんていったら聞こえはいいが就職なんてとてもこんな状況でできない。
実際面接なんて命がけの状態なのである。
真空パックにつめられながらの質疑応答なのです。
相当ファビョってたと思う。

薬は最低限。強いのは絶対に飲まない。
メンヘラ化で周りに迷惑だけはかけたくなかった。

そんな感じで師匠も走る12月。
一社から契約社員で合格をいただき今のバイト先をやめる。


110:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:02:05.23 ID:FtJtavUg0

オナシャスがうざい


112:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:07:35.13 ID:GfIXrblP0

>>110
ごめんなさい。。


徐々に徐々に不安感は強くなっていく。
でも薬は強くしたくない。

人を支配するには死の恐怖が一番。
心中の記憶と発作の死ぬかもしれない恐怖が強力タッグをくんだ。


それでも頑張った。
休みがちになっていった。
誰にも迷惑かけたくないとか言ってクズすぎる。


そして負けた。

業務中も常にギリギリのラインになってしまう。
やめる事にした。


111:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:04:10.76 ID:GfIXrblP0

新年1/5から新天地での仕事スタート。
最初こそ真空パックでのスタートであったが同期に恵まれ
好調なスタートとなった。


研修から中々楽しかったと思う。
最低限の薬を飲みながらお勉強。
元々何かを知る事が好きだったのでまぁまぁ楽しかった。

でも薬は手放せない。
プラス思考と
マイナス思考が
正面衝突していた。


113:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:12:21.06 ID:GfIXrblP0

やめて一ヶ月休んだ。


落ち着いたので働く事にした。
派遣の長期のお仕事。

そこで働きながらも前職の仲間と
限界ギリギリの体を引きずりながら遊んでいた。


PDな事は絶対誰にも言わないでおこうと思っていた。

全開友達をたくさん失くした。
両親には多大な迷惑をかけた。
はるかはPDじゃない俺の事を好きなんだと決めつけ
心にフタをした。

絶対一人で解決する、と



そもそもこれが間違いだったのだと思う。


114:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:16:22.64 ID:GfIXrblP0

派遣のお仕事をしながら
前職の仲間と無理をして遊ぶ。

冷静な判断力なんかあるわけもない。
パチスロに誘われていった。
気が狂いそうだったけど嫌われたくなかったからずっと打ってた。

もうすでにメンヘラ的思考回路。

とりあえずその日は5万くらい勝った。


んで派遣のお仕事。
そして徐々に前職の仲間とも疎遠になっていく…。
この頃はもう人と関わるのが辛かった。


115:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:18:49.58 ID:GfIXrblP0

完全に一人を選んだ。
折角戻ってきてくれたはるかとも連絡を控えるようになった。


体調はますます不安定になる。
仕事も休みがちになる日々。首にならなかったのが奇跡だと思う。

そうなると当然月末の支払いも足りなくなったり
ギリギリになったりもするわけで…


スロットにいった。


116:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:22:02.01 ID:GfIXrblP0

ここまでくると自分でも自分が全くわからなくなっている。

自分がPDなのか
PDを演じているのか
よくわからない。

完全に崩壊していたと思う。

安定剤も少しだけ強いのにかえた。
PDで具合が悪いのか薬で具合が悪いのかわからなくなった。


んで、スロットで足りない分はゲットする。
そんな事が数ヶ月続いた。


いま考えると何ヶ月間か勝ち続けてたって事自体奇跡。


117:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:24:45.66 ID:GfIXrblP0

そしていよいよスロットではまかなえなくなった。

手元にクレジットカードがあった。
キャッシングして支払いに使った。

ここからスロットではなくキャッシングに支払い方法を変える事にした。


キャッシングするってことは毎月の支払いが増える
俗にいう雪だるま方式の図式が完成。


でも当時の俺は来月からは払える!
自分に言い聞かせてた。


地獄が始まった。


118:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:26:27.36 ID:GfIXrblP0

そしていよいよ仕事も限界がきた。
今思えば何が限界だったのかもよくわからない。
自分が全くわからない。


2011年4月。
派遣のお仕事を辞めた。


5月からすぐに別な仕事が決まった。
派遣社員になった。


119:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:30:22.07 ID:GfIXrblP0

この職場はとても働きやすかった。

でも常に心臓はデンジャラスな音と心拍で
一日の疲労度が尋常じゃなかった。
研修かなにかの時、うんこを理由にトイレに逃げ込んだ回数が
かなり多かった。


三ヶ月で限界がきた。


車に乗って職場に行こうとすると
心臓のスイッチが入る。
肺がぶっ壊れたような錯覚に陥る。


この時借金既に100万超。

最早逃げ場はない。


120:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:32:55.83 ID:GfIXrblP0

なんとか職場に行っても
精神的な疲れが半端ない。

そらそうだ、一日中呼吸に集中してるんだもの。
無意識でやってる事を意識的にやると
ものすごく疲れる。


もう限界と思って職場の人に事情を説明した。
温かい言葉をかけてくれた。

素直にうれしかった。

でも目先の支払いにしかもう目がいかない。
そのままスロットに言った。


121:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:33:39.67 ID:2uFQZi3Y0

見てるからつづけて
止まったらレスするわ


122:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:38:44.51 ID:GfIXrblP0

>>121
ありがと!
もうすぐ終わります!!


馬鹿みたいに勝った。
二日で合計15000枚。
二ヶ月は乗り切れる。安心した。


そして10月。
二ヶ月も待ってもらった。
もう仕事となんてする気力がなかった。




クビになった。


スロットにいった。
ぼろ負けした。


借金が増えた。



11月は親に頭を下げた。


123:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:42:53.61 ID:GfIXrblP0

12月。
もう動く気力もなかった。

また借金が増えた。
四社総額150万。


12月のほとんどを布団の中で過ごした。


自殺を考えた。

ベルトで輪っかを作って首にかける。
力を抜く。


一瞬で血の気が遠のく。
怖くなってやめる。

何回か繰り返した。


結局人の輪の中で生きていたい事に気がついた。


124:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:45:14.15 ID:GfIXrblP0

2012年一月。

両親に頭を下げた。
大学で1000万捨てている俺。
最早生きている価値もないと思った。

これまでの流れをすべて説明し、
自己破産すると言った。


怒られなかった。
ただ、幸せに生きてほしいと言われた。

涙は出なかった。


はるかにいった。
怒られた。
もっと話せと。

涙は出なかった。


125:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:49:58.56 ID:GfIXrblP0

病院に行った。

自律神経をはかられた。

中々乱れている。

鬱と言われた。
予想通りではあるがSNRIという鬱と不安障害にダブルパンチで聞く薬を出された。

一回飲んでやめた。
ついでに飲んでる薬を全部やめた。

なぜか調子が良くなった。


一週間後にもう一回病院に行った。

調子がいい事
薬は飲みたくない旨を伝える。

再度自律神経測定。

なぜか正常になっている。

様子見した方がいいと言われ
処方は何もなく帰宅した。

簡単に自律神経測定できるわけがないと疑問を抱きながら…。


この間にカウンセリングにも通い始めた。


126:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:53:13.55 ID:GfIXrblP0

2月
両親が借金を立て替えてくれると言ってくれた。
積み立てをすべて崩して。

どこまで親不孝なのだろうか…。
そしてどこかで期待してい他事分もいた事に気がついた。
本物のカスになったらしい。

当然泣かなかった。


体は健康体そのものになった。

でも何かおかしい。
薬も何も飲んでないのに感情がない。
笑えない。
人とコミュニケーションがとれない。


どうやら根っこから性格が変わってしまったらしい。


127:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 22:56:01.48 ID:GfIXrblP0

2/7
突然の発熱。
同時に肩こり、首こり。

この時から平熱が37。4度になってしまった。


安定剤の離脱症状。
微熱。
そして安定剤には筋弛緩作用がある。

薬で安定させてたのがなくなったので
一気に体に症状がでた。


128:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 23:00:25.30 ID:GfIXrblP0

現在

微熱は継続。
肩と首残りは徐々になくなってきた。

感情は未だに戻らない。
色々あきらめないと行けない事も出てくるんだと思う。

でももう同じ過ちは繰り返したくない。
過去に原因があるならばという事で
びっぷらで振り返らせていただきました。



風の噂で聞いた話。
ゆいとたくろーは別れたらしい。

今どこで何をしているかは全くわからない。



以上で僕の懺悔を終わります。

ROMってくれた方、レスをしてくれた方
有り難うございます。

稚拙な文で読みにくくてごめんなさい。


なにかあれば質問ドゾ。


129:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 23:13:50.10 ID:2uFQZi3Y0

なるほど、後半はわかりやすかった
借金は大したことないと思う、大丈夫だ
とりあえずゆいは死ぬべきだな

はるかちゃんは?


130:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 23:19:04.15 ID:GfIXrblP0

>>129
前半部分は記憶曖昧な部分ありすぎてな…
すまんかった。

2年か3年前に一度ゆいに会ったんだが全く変わってなかったよ。
たくろーとの結婚式の仲人を頼まれたが丁重に断った。
もう君もいいでしょ?と言われて殴りそうになった

はるかはまだ付き合ってるよ!
懐の広い子で俺にはもったいない…。


131:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 23:21:53.83 ID:2uFQZi3Y0

ゆいとたくろーって結婚したのかwww
地獄だなww

その記憶が曖昧な部分、相当恨まれてるだろうな
借金とかは自己責任だからいいけどさ、額もあれだし

はるかちゃん逃がしたら終わりな気がするぞ!


132:名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 23:30:10.04 ID:GfIXrblP0

>>131
いや、結婚寸前まで言ったらしいんだけど
なぜか別れたらしい。
ざまぁって感じなんだがな。

どうなんだろうか。恨んでるのかな。
最早わからない。

はるかな。確かに逃したら一生女性と関われないと思う。
でも幸せにできる自信が全くないんだ・・・。
自分が無すぎてこれからどうやって行動していいのか全くわからない。



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

おこん

Author:おこん
このブログは2ちゃんねるのほくげです



このブログについて




このエントリーをはてなブックマークに追加


アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
逆アクセスランキング
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。