--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-05(Mon)

ホモなオレが女友達に惚れてしまった話をする

1:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 21:49:08.40 ID:NKBHVgGV0

スレ立ては初めてで書き溜めしてないがゆっくり聞いてくれ


2:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 21:49:57.45 ID:+/azp81UP

スペックは聞きたくないw


3:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 21:51:52.36 ID:NKBHVgGV0

とりあえずことの発端は中学のときだった
俺にはゲイ(?)疑惑の兄がいた
だから必然的に俺もホモになった
別にそれを不思議には思わなかった


6:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 21:54:16.00 ID:NKBHVgGV0

中学のときにできたT(別に名前のイニシャルでも寺生まれでもない)という男に俺は惚れた
Tは陸上部で背が低く可愛くて面白いやつだった
そいつが好きだった


7:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 21:54:26.72 ID:fQxatFO4P

ホモとゲイは違う・・・
ま、いいけど

続けてくれ


8:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 21:54:52.38 ID:XC1yd3A20

バイであってホモじゃないよね


10:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 21:59:20.59 ID:NKBHVgGV0

まぁ中学なんてみんな思春期だろ?
彼氏彼女が作りたい世代じゃん?
Tは陸上部でエースで顔もまぁまぁかわいかったからモテたモテた
特に先輩からモテた
仲がいいってことで俺を中継して告られることもあった
まぁそんなときはおれが適当に理由つけてTに近づかせなかったけど


12:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 22:01:24.14 ID:NKBHVgGV0

それでもTに近づく奴は多かった
そして中1の秋、Tはほかのクラスの陸上部と付き合いだした
Tはホモじゃなかったんだ・・・

その日くらいから俺とTの中にTの彼女が入ってきた
イチャイチャしてる二人を見て泣いて帰ったこともある


13:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 22:02:49.43 ID:NKBHVgGV0

そんなTが見てられなくて中1の冬はわざと距離を置いた
たぶん俺も憧れていたんだと思う
好きな人と一緒に過ごすっていう青春に
ただ告白することでTにひかれることが怖かった


14:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 22:06:19.02 ID:NKBHVgGV0

ちょうどそんなときだったと思うマキに出会ったのは
マキって名前は堀北マキに似てるから勝手につけた
マキは陸上部でTとも仲が良くよく二人でしゃべっているのを見かけた
俺とは全く絡みがなかったが、学期ごとの選択授業でマキとは同じ授業で前後の席になった


16:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 22:08:50.71 ID:NKBHVgGV0

Tつながりで俺達は仲良くなった
話のほとんどはTの悪口とかを笑いながら話してた
話しているうちにマキはTと同じ小学校ということを知った
めちゃくちゃうらやましかった


17:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 22:11:14.32 ID:NKBHVgGV0

早い話がTとマキは幼馴染だった
俺よりも長い間Tと一緒にいるしTのことを俺よりも知っている
マキと俺には大きな差があると感じた
なぜか俺はその当時、マキはTが好きだという想像をしていて、Tもまんざらでもないと思っていた


19:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 22:12:54.40 ID:NKBHVgGV0

Tと一緒の時間はどんどん減っていった
Tは休み時間は彼女のとこにいたし、席替えで俺達は離れたし
それでも俺はTのことが好きだった
好きで好きでたまらなかった

ある日の放課後、オレが部活に行っていると後ろからマキが話しかけてきた


20:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 22:17:09.01 ID:NKBHVgGV0

マキもこれから部活に行くところだったらしく俺の顔を覗き込んで
マキ「今日もまたTと遊ぶの?ちゃんと部活せなん!!」
と言ってきた
俺「いや、今日は分からん」
Tのことを聞かれて動揺した俺はそっけない態度をとってしまった


25:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 22:29:24.25 ID:NKBHVgGV0

マキ「ふ~ん、そうか」
俺「あ、俺急がなきゃ」
マキ「分かった!変なこと聞いてごめんね!ばいばい」
別に急がなくても良かったんだけど早くその場所から逃げたかった
そして、俺はマキがTのことが好きだと確信した


28:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 22:33:39.75 ID:NKBHVgGV0

Tのこが本当に好きだと再確認するとともにマキもまたTのことが好きだと分かり、苦しかった
マキは友達だけど恋敵・・・
何よりも自分よりもマキのほうがTのことを理解していることに苛立ちを覚えた
ホモである自分は異常なんだと枕を濡らしたこともある


30:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 22:39:39.84 ID:NKBHVgGV0

1年もそろそろ終わろうとしている頃、TとTの彼女が学校じゃ結構有名なラブラブカップルとして知れ渡り始めた
そんなときだった、選択授業で後ろの席だったマキが俺に手紙を回してきた
「メールアドレス書いて!」
女の子らしい文字と、なんかよくわからないキャラクターと空欄の吹き出しが書かれた手紙
俺はそれに当時使っていたヤフーメールのアドレスを書いた


32:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 22:45:23.44 ID:NKBHVgGV0

3日後、知らないヤフーメールアドレスからメールが届いた
開いてみると
「マキばい!登録してね!」
と顔文字も交えた文章が送られていた


33:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 22:47:20.35 ID:fQxatFO4P

青春か?青春だなっ!?


34:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 22:48:28.96 ID:NKBHVgGV0

メールに「了解」とだけ返信すると、すぐにマキからメールが返ってきた
マキはとにかくメールの返信が早いやつだった
メールの内容なんてほとんど覚えてないけど
「今日の部活の話」とか「テレビの話」とか
当たり障りのないものばかりだった


35:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 22:50:25.41 ID:NKBHVgGV0

毎日ってわけじゃないけどほとんど毎日メールしていた
全部マキからメールが来て、その最初のメールは必ず「よっ!!」だった
なぜかそれが俺たちの共通のあいさつになっていた
いつしかマキが俺の恋敵であるということを忘れてしまうほどに俺達は仲良くなった


36:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 22:52:55.55 ID:NKBHVgGV0

春休みに入って俺と絡みのある奴は小学校の友達、部活の友達、そしてマキだけだった
Tとは完全に疎遠になってしまった
この時まだ俺はTのことを忘れることができずにいた
なにもようもないのにTを求めて外出することが俺の日課になっていた


37:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 22:53:29.80 ID:fQxatFO4P

青春だった・・・


39:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 22:55:52.87 ID:NKBHVgGV0

俺とTの家はかなり離れている(自転車で40分)し、陸上部は忙しいのでそうそう会えるはずもないのに歩き回った
一人でいると無意識のうちにTのことを考えていた
4月に入り、間もなく新学期というとき
なんとなく寄ったコンビニにTがいた
Tの彼女とマキも一緒にいた


40:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 22:57:09.56 ID:fQxatFO4P

イベント発生!


41:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 22:57:34.84 ID:NKBHVgGV0

最初に俺に気付いたのはTの彼女
T女「あれ?1君?だよね?」
そしてTが俺に気付いて「おー!1--!!何やってんだよおい―!」
と抱きついてきた
Tの反応に俺はものすごく驚いた


42:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 22:59:56.69 ID:NKBHVgGV0

Tとの関係はすでに終わったと思っていたからTがいまだに俺に昔のように接してくれることがうれしかった
俺「な、なんでもねーよ。暑いから離せバカ!」
たしかそんなこと言った気がする
それでもTは離さなかった「うわー偶然かー?会いたかったぞー!」って言ってくれた
「何やってんだよホモか」
そんな言葉を発したのはマキだった


43:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:02:05.08 ID:NKBHVgGV0

その言葉にすごくショックを受けた
マキとは友達だと思っていたから。女友達の中じゃ一番仲のいいやつだったから
マキに拒絶されたと思い一人傷ついた
別にマキはそんなつもりはなく、ただの冗談で言ったんだろうが
マキはホモに対して拒絶反応を示す奴だったのだ


44:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:04:05.98 ID:NKBHVgGV0

俺「いいから離れろよ。彼女見てるぞ?」
そういって何とかTを引きはがした
T女「えーT達ってそんな仲良かったっけ?」
T「おー当り前よ!俺らマブよマブ!!」
Tがモテる理由がよくわかった
俺もまたこいつのこんなとこが好きなんだから


47:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:06:46.03 ID:NKBHVgGV0

聞くと3人はこれからマキの家で遊ぶらしく、Tの誘いで俺も一緒に遊ぶことになった
コンビニでお菓子とかを買ってマキの家で漫画を読んだりゲームをした
マキの家は結構でかくて度胆を抜かれた
T達は何度も遊び来てるらしく劣等感を覚えた


48:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:09:56.84 ID:NKBHVgGV0

マキの家では小学生のころの写真を見たりした
T達は何度も見てるんだろうけどマキが写真を見てとうるさかったのでみんなで鑑賞会をした
その中にはマキとTが写っている写真も多く、
マキとTの関係に嫉妬した


49:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:12:24.24 ID:NKBHVgGV0

どんな会話をしていたかは覚えてないけど俺とマキがメールしている話になり
T「なんだよお前らーいつの間に仲良くなったんだよ!つか俺ともメールしようぜー」
とTが携帯を取り出し、アドレスを見せてきた
俺はマキからメモ帳を借りて写して、家に帰って速攻メールした


50:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 23:14:39.94 ID:fQxatFO4P

幼馴染か・・・萌える^^


51:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:15:35.13 ID:NKBHVgGV0

その日はTに会えたこと、Tがまだ俺を友達と見てくれていたこと、Tのメアドをゲットできたことなど
うれしいことが多すぎて一人ニヤけていた
Tとのメールはマキ以上に楽しかった
好きな人補正があったのかも知れないが、学校と同じノリで
ボケたらツッコミ、ツッコんだらボケを繰り返してた


52:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:18:48.83 ID:NKBHVgGV0

マキとのメールもその当時は頻繁にしていた
メール受信箱にはマキ、T、マキ、T・・・となっていて
受信箱がたまっていくのが楽しかった
マキにもTにも「2年で同じクラスになれたらいいね」と言われてすごくうれしかった
我ながら単純な性格だと思う


53:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:20:32.22 ID:NKBHVgGV0

そしてついに訪れた新学期
校門に張り出された新クラスを見るのが怖かった
Tと離れたくない、離れたらまた疎遠になってしまう・・・
春休みに仲が良かった分、よけいきつかった


55:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:25:19.11 ID:NKBHVgGV0

人ごみの後ろで掲示板を見ることができずに困っているとマキが近寄ってきて、
マキ「ねぇねぇ!うちら同じばい!!」
と言ってきた
マキ「しかもね!Tも同じクラスだけん?」
そのセリフを聞いた瞬間胸の奥から何かがこみ上げてきた
うれしすぎて顔が赤くなった


56:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:27:27.04 ID:NKBHVgGV0

なんだよ一緒かよやったマジ?超幸せ
漫画とかアニメみたいにうれしさのあまり頭がどうかしてた
マキに「うっそ!?マジで!!」と二人でハイタッチもした
中2もTと一緒で、それにマキもいる
毎日がエンブリディになると期待した


58:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 23:28:37.77 ID:NKBHVgGV0

マキと一緒に教室に行くと、Tがいた
Tはいち早く俺に気付き、抱きついてきた
俺も激しく抱き返した
マキはそれを見ていた


60:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:30:50.34 ID:NKBHVgGV0

テンションあがりまくりのなか家に帰ってメールを見てみると
マキからメールが来ていた
「よっ!同じクラスだね♪修学旅行も一緒だよ!」
と来ていた
そうか、修学旅行があるんだ
それをTと一緒に行ける
この日ほど神様に感謝した日はないかもしれない


61:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:32:37.24 ID:NKBHVgGV0

2年から俺とTの時間は1年の後半に比べて長くなった
休み時間も一緒だったし、部活の時間もマキと3人で遊んだ
そんな日々が続き、5月に入ったくらいにTからメールがきた


「彼女と別れた」


62:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 23:33:22.83 ID:fQxatFO4P

方言出すのか^^;
俺は好きだがw


64:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:36:06.16 ID:NKBHVgGV0

>>62
九州圏なので訛ってます。すいません



この時俺はなんと反応していいのかわからなかった
メールには「そっか、まーもっといい人が見つかるさ」的なことを返したけど
落ち込んでいるTを見て、喜ぶに喜べなかった
何よりマキがTに告白するんじゃないかという恐怖があった


63:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:34:16.87 ID:NKBHVgGV0

考えてみれば普通のことだったのかもしれない
俺はTが彼女と過ごすことが多くなったから距離を置いた
そして今はTは俺と一緒にいる
二人の時間が作れなくなったという理由でT達は別れた


65:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:37:20.88 ID:NKBHVgGV0

その日はマキからメールが来なかったと思う
次の日、メールが来なかった理由を聞くと
Tの元カノの家に行っていたらしい


68:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 23:39:34.70 ID:NKBHVgGV0

俺はマキに聞いてみた。元カノが俺のことを憎んでいるんじゃないかと思ったからだ
別に寝取ったわけじゃないけど、二人の時間を作れなくなった原因は俺だ
Tの元カノは女子グループじゃ上位ランクのグループだったので
嫌われるのが怖かった
しかし、マキも「大丈夫だよ!1君のことは何も言ってなかったよ」
と言ってくれた


71:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 23:48:41.40 ID:fQxatFO4P

>>68
> 嫌われるのが怖かった

こういう正直なところが好感が持てる


70:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:46:21.70 ID:NKBHVgGV0

ちょうどその頃、俺はライトノベルにはまっていた
読んでいたラノベはシャナとかドクロちゃんとかハルヒとかメジャーな奴だったけど
学校の朝の読書の時間などに読んでいた
Tとマキも一緒に読んでいた


72:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:48:47.03 ID:NKBHVgGV0

Tは「こんな展開ありえねーよwww」とか言いながら笑っていたけど
マキはわりとハマっていた
そう、マキはオタクだったんだ
それを知った俺達のメール内容は一気にアニメや漫画とかの話が増えていった


75:名も無き被検体774号+:2012/03/04(日) 23:52:50.42 ID:EPQcCaRe0

>>72
なるほどそれで発展していったと。


74:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:51:59.78 ID:NKBHVgGV0

マキの好きな作品と俺の好きな作品にはかぶるものが多かった
だからオタク系の話を全力で話せるマキとのメールはより一層楽しく感じた
Tには「お前らオタクみたいやなーwww」と言われたけど


76:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:53:59.28 ID:NKBHVgGV0

そういえばスペック書いてないけど需要ある?


修学旅行を前にした数週間前
俺はとある女の子から告白をされた
ほぼ同時期にマキも野球部の奴から告白をされた


77:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:56:44.77 ID:NKBHVgGV0

俺はとりあえず返事は保留にして、Tに相談してみた
俺「俺、あいつから告白されたんけどどーしよ?」
T「どーって・・なん?付き合えばよかやん」
俺「いや、なんて断ろーかって」
T「えっ!!断るん!?」
俺「いや、だって、俺・・・す、好きな奴・・・・おるし」
それはお前だ!!!

とは言えなかったが


78:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/04(日) 23:59:28.11 ID:NKBHVgGV0

T「えー!?マジ?誰?ねえ誰?俺知っとる?」
的なかんじでTはしつこく聞いてきた
俺「いや、よかたい・・・もうその話は」
T「気になるやん!あ、わかった!マキやろ?お前マキ好きなんやろ!!」
その瞬間一瞬ドキっとした
俺は確かにTのことが好きだ。その心に嘘はない
でも俺はマキのことをどう思っているんだろう・・・って


80:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 00:00:10.48 ID:73Yya4080

スペックかいてくれるとありがたい


83:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:05:15.11 ID:NKBHVgGV0

>>80
了解


顔:ブサイク
性格:顔に出やすいらしい
概要:Tのことが好き。ホモ。くせ毛



顔:結構イケメン
性格:超明るい
概要:背が低い。足が速い。


マキ
顔:ハーフみたいな顔立ち
性格:明るい方
概要:メールの返信が速い。Tとは幼馴染


81:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:01:27.35 ID:NKBHVgGV0

マキのことは確かに好きだ
でもTを思う"好き"ではない
なんつーか、likeとloveの違いだった
でもその微妙な差が俺を苦しめたんだ
Tとマキ・・・
いつしか二人を天秤にかける自分がいた

ちなみに女の子はフリました


82:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 00:03:29.05 ID:/aSlk8VHP

>>81
> ちなみに女の子はフリました

おま、、、男前!


85:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:08:00.58 ID:zuvF4zB40

マキが告られた話をするのを忘れていた
マキは野球部の同級生から告られて付き合うことになった
その野球部の同級生の名前をパーカーにしよう。パーカー好きだから
放課後部活から帰るときパーカーとマキが一緒に帰ってるのを何度も見かけた


86:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:09:56.58 ID:zuvF4zB40

でもマキは彼氏といるし、マキもなんて反応していいのかわからず
とりあえずアイコンタクトで「ばいばい」とだけ伝えてた
家に帰ると絶対に「帰るとき会ったね^^」とメールが来ていた
マキとは彼氏ができても距離をとることがなかった


87:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:12:05.12 ID:zuvF4zB40

そしてマキはどこからかオレが女の子に告られた話を調達してきた
俺に告ってきた女の子→ペコちゃんとしよう
マキは俺とペコちゃんのことついていじることが多くなった
「お前ペコちゃんのこと本当は好きなんだろー?www」
とかそんな感じ
Tも同じようにいじってきた


88:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:13:51.18 ID:zuvF4zB40

マキに言われるのは良かったんだが、Tにいじられるのはなんというかむず痒かった
好きな人に「お前○○だ好きなんだろ」っていじられるのは
なんていうんだろうな
うーん
「いやオレが好きなのはお前だから!!」
って言いたくなる感覚があった


89:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:16:34.85 ID:zuvF4zB40

もちろんチキンな俺はそんなこと言えるわけもなく・・・
俺「うるせーって」と軽く流していた
でもこの時すでにTはオレがマキのことを好きだと勘違いしていたと思う
いやT"は"というよりクラスの奴らのほとんどがそう思っていたと思う

ここでマキの友達として新キャラ、直子とプーと登場する
名前は適当。俺ネーミンセンスねぇんだ


90:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 00:16:43.13 ID:/aSlk8VHP

マキが一番男前


92:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:18:15.25 ID:zuvF4zB40

とりあえずスペック

直子
マキの友達。よく一緒に俺をいじってくる。性悪

プー
同じくマキの友達で俺に冷たい。頭が良くてさらに頭がいい


93:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:19:50.29 ID:zuvF4zB40

マキ、直子、プーの3人に俺はよくいじられていた
昼休みは追い掛け回されたり、顔に落書きされたり・・・
その首謀者はすべて直子で、俺は直子が嫌いだった
Tはそれを見て笑うだけだった


94:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:21:27.92 ID:zuvF4zB40

そんな毎日を繰り返しているある日、野球部のヤンキーに呼び出しをくらった
そいつとは仲がよかったから特に警戒をしていなかったけど
呼び出された場所にいたパーカーをみて俺は何事かを理解した



まぁ要するに、「俺の女に近づくな」
だそうだ


96:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:23:44.78 ID:zuvF4zB40

その日からはマキと遊ぶことはなくなった
学校じゃシカト、目も合わせなかった。帰る道も変えた
でもメールはほぼ毎日来た
「無視すんなー」「これ返事せんと明日直子ちゃんともっとひどいことするばいww」
とか
その分Tとの時間が増えた
辛かったけど、Tといるときはそれを忘れれた


97:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:26:47.93 ID:zuvF4zB40

修学旅行前、班員決めをする際に先生の粋な計らいで
紙に仲のいい人を数人書いてそれを見て班員を決めてくれた
俺は真っ先にTと書いた
残りの枠は適当に同じ部の奴とかをいれたと思う
Tもきっと俺の名前を入れてくれるから班員に関しては心配してなかった
くじ引きとかだとTと同じになれるとは限らないからな


98:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:28:00.96 ID:zuvF4zB40

しかし問題が起きた
班員が
俺、T、マキ、直子、プー、テニス部の友達
という組み合わせだった


99:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 00:28:56.27 ID:/ROyTh6i0

良い先生だな

しかし直子、プーいらんねw


100:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 00:30:07.51 ID:/aSlk8VHP

マキが>>1を書いたんだろ?w


103:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:32:47.50 ID:zuvF4zB40

>>100
たぶんそうだと思う
あとTもマキのこと書いたらしい


よく考えればクラスも違うし回る場所も違う
パーカーのいない場所で堂々で話せばいいじゃん!
Tは間違った理解をしていたけど、Tのその言葉に俺は勇気づけられた
T「てか何かされたら俺に言えよ!?」
背の低いTがそんなことを言ったもんで俺は笑ってしまった


101:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:30:16.81 ID:zuvF4zB40

マキのことは極力避けるようにしてきたが、さすがに修学旅行でシカトはできない
どうしようか本当に迷った
仕方なくTに相談してみることにした
するとTは
「別にお前が我慢しなくていいじゃん?パーカーの前で堂々とイチャつけよ」
そういやコイツ、オレがマキのこと好きだって勘違いしてたわ・・・


104:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:34:11.22 ID:zuvF4zB40

まず修学旅行前に今までのことをマキに誤った
パーカーのことはかくしてだけど
マキは「ふーん。」ってかんじで特に反応はなかったけど・・・
そして迎えた修学旅行


105:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:36:16.01 ID:zuvF4zB40

バスの移動、飛行機の中、旅館での部屋・・・
すべてがTと一緒だった
修学旅行の1日はそれがうれしすぎてあまり覚えていない
しかし事件は起きた




俺はTと一緒に風呂に入らなければいけなかった


106:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:37:52.46 ID:zuvF4zB40

好きな人と一緒に風呂に入る
大浴場とはいえ、ほかにみんながいるとはいえ
Tの裸を直視したら俺は・・・
いやそれ以前に男の裸なんて見てしまったら・・・・
水泳の時間に見る裸と風呂での裸・・・
それは一味違うものだった


107:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 00:38:35.99 ID:/aSlk8VHP

盛り上がってまいりました~


108:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 00:39:47.48 ID:/ROyTh6i0

その場で反応しちゃわないか心配だなーw


109:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:41:00.38 ID:zuvF4zB40

陸上部らしく筋肉質なTの体
割れた腹筋、Tシャツから除く二の腕、降ろされたズボンから除く細くしかしがっちりとした脚
すべてに見とれてしまった
完成された芸術が
ワシントン条約で保護すべき生物が、そこにいた


110:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:41:24.65 ID:zuvF4zB40

すまん
こんな時間だが風呂ためてくる


111:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 00:41:41.56 ID:/aSlk8VHP

>>110
いてら


112:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 00:42:14.33 ID:73Yya4080

>>110
いってらっしゃい


113:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:50:21.46 ID:zuvF4zB40

帰ってきた



兄貴の目を盗んで読んでいたホモ本の1億倍はそそるボディに血沸き肉躍った
俺の男の子の部分も血が滾り肉ははち切れるほどだった
そしてTのパンツに手がかけられる
そのほぼ生まれたままの状態のTを凝視していたのがばれてしまい
T「ちょーwwwなんだよ!見んなよ!ホモかお前はーwwwww」
T的には笑いを取りに来たんだろうが、ホモを異常というようなそのセリフにまた少し傷ついた


114:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:52:15.07 ID:zuvF4zB40

俺「・・・いや、ちげーし!!」
周りを見るとタオルで股を隠している奴も多く、俺もタオルで必死により一層男前になった男の部分を隠した
浴場ではTや数人と背中を流し合った
Tの背中大きいなりぃ・・・


116:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:54:49.50 ID:zuvF4zB40

1日目の夜、俺らの部屋の人間は消灯時間が過ぎてもしゃべっていた
もちろん俺も寝る気なんて全くなかったしTも同じだった
それでだ
やっぱり修学旅行といえばあれだあれだ
ガールズトークならぬボーイズトークが始まった


117:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 00:58:18.05 ID:zuvF4zB40

話の始まりは部屋の誰かが
「つかTとマキちゃんと1っていつも一緒じゃね?」的なことを言ったのが始まりだった
修学旅行の班まで一緒となると目立つらしい
それに俺はペコちゃんの告白を断っているため、俺はマキのことが好きだといううわさが流れていたのだ
俺は必死にそれは違うと話した
が、みんなまったく聞く耳を持たなかった
「残念だったなパーカーがもうマキちゃんとっちまったぜ?」
そんなことをいうやつもいた


118:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:02:25.70 ID:zuvF4zB40

俺「だから好きじゃねえって!!」って結構でかい声を出してた気がする
するとTが突然
T「あー・・・俺さ、Kのこと好きなんだよな」
と暴露した
周りの奴らは一斉にTの話に興味を示しだした
しかし俺はこの時、(TがKのことが好きだなんて・・)とは思わず

Tが俺のために嘘をついてくれたんだと思った


119:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:05:35.92 ID:zuvF4zB40

次の日、Tに聞いてみるとやはりあれは嘘だったらしい
T曰く「1が困ってたから助けてやったんだから感謝しろよ?あーこれでまじいじられるわーwww」
と笑ってくれた
そんなTを見て、Tのことが好きでよかったと思った


120:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:08:15.93 ID:zuvF4zB40

この時、改めてTを好きだと感じた
そして今のこの関係をなんとかしたいと思った
今のこの友達以上の関係から更なるステップを踏みたかった
確かにそれは許されざることなのかもしれない
だけどその時の俺は、世界を敵に回してもいいくらいの覚悟だった


121:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:10:12.81 ID:zuvF4zB40

この修学旅行中に告白する
それを心に決めた
例えフラれたとしても、今の俺達ならすぐに今のような関係に戻ると思った
Tなら、Tならきっと俺がホモであることを理解してくれる
そう信じていた


122:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:14:11.43 ID:zuvF4zB40

金閣寺や清水寺、京都の名所を6人で回った
Tとの思い出を作りたくて精一杯楽しんだ
それはマキがいたこそ楽しめたこともある
でもそれは修学旅行前に俺を励ましてくれたTのおかげだ
Tのことが本当に本当に本当に好きだった
この時の俺は直子のことだって許せるほどの心の余裕を勝ち取っていた


123:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 01:14:33.88 ID:UnWUiQ5dO

読んでるよー


126:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:20:47.67 ID:zuvF4zB40

>>123
ありがとう!
たぶんまだ今半分くらいだけど最後まで読んでくれたらうれしい




2日目の風呂に入ったあとの自由時間
本当はいけないんだけど俺とTは旅館の外に出た
外に出るとすぐにベンチがあってそこに二人で腰かけた


124:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:17:39.89 ID:zuvF4zB40

Tに告白するにあたって勇気づけられたことがもう一つある
それはペコちゃんの存在だった
2日目の晩飯の時間、俺はペコちゃんに一緒にツーショット写真を撮ろうと言われた
一度フった俺に対して写真を撮ろうということは相当な勇気がいるだろう
そんなペコちゃんの勇気を買って写真も撮ったし、俺もペコちゃんのようになりたいと思った


125:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 01:20:17.11 ID:ommWVO3h0

ペコちゃんつええ


127:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 01:22:19.56 ID:/aSlk8VHP

もう寝不足は覚悟の上だ


128:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:25:41.89 ID:zuvF4zB40

セリフは曖昧ですけど大体あってると思います

俺「あー、明日で終わりだな修学旅行も」
T「そうだなー楽しすぎてあっという間ってこんな感じだろうな」
俺「あぁ・・・だろうな」
T「・・・・」
俺「俺、お前と一緒でよかったよ、修学旅行。」
T「なんだそれ、俺もそう思うよ!俺の班が俺らの班で良かった」
俺「同感!マキもいるしな!」
T「・・・ねえ、お前って本当にマキのこと好きじゃねえの?」
俺「・・・うん」
T「そっか!」
俺「・・・・俺は」






T「俺はマキのこと好きだ!」


129:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 01:26:56.64 ID:moC0B6mR0

/(^O^)\


130:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:27:41.05 ID:zuvF4zB40

なぜだろう
TがKのことを好きといった時は嘘だと分かったのに
その時のTの言葉はすごくしっかりとした覚悟を感じた
Tのことを分かっているからこそ
そのTの気持ちを分かりすぎてしまった
Tはマキのことが好きだった


131:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 01:28:07.11 ID:/aSlk8VHP

うおおおおをををををををおおおおおおお~~~~~


132:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 01:29:04.24 ID:UnWUiQ5dO

まじかー


133:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 01:29:10.75 ID:xiPbsJRa0

なんてこった


135:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:29:46.16 ID:zuvF4zB40

俺「・・・・そうか」
T「あぁ!あいつに彼氏がいようと関係ねえ!好きだからな!」
この時ハッとした
修学旅行前に俺に言ってくれた言葉は
自分に向けての言葉でもあったんだ
Tは自分もマキのことが好きなのに俺のことを応援してくれていたのだ


136:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:32:09.14 ID:zuvF4zB40

思わず泣きそうになったいろんな考えが頭を巡った
自分の恋を心の片隅に仕舞いこみ俺を応援してくれたTに
マキが好きだと告白したTに
そしてマキもTのことが好きだというこの現実に


到底、かなわないと思った


138:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:34:18.65 ID:zuvF4zB40

俺「じゃあさ、頑張れよ!お前!!」
T「おう!お前もな!!ってかお前は誰が好きなんだよ!!」
俺は何も答えずに旅館に戻った
Tの顔を見たら涙が溢れそうだったから
Tが後ろで何か言ってたけど
俺は無視して走った
そしてトイレで泣いた。消灯時間を過ぎても泣いてたから先生に怒られた


139:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:35:51.02 ID:zuvF4zB40

部屋に戻るとTに怒られた
「何やってたんだ」「心配させんな」
他の奴らにもいろいろ言われた
でもまったく頭に入らなかった
心の整理がつかなかった
その日はすぐ、寝てしまった


140:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:36:59.79 ID:zuvF4zB40

Tは昨日の俺に対しては何も聞いてこなかった
なんで逃げたかも何も聞いてこなかった
それがTの優しさなんだと思った
泣けば忘れれると思ったけど
Tへの想いは消えることはなかった


141:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 01:37:05.43 ID:moC0B6mR0

なんかリアルだな


142:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 01:37:26.74 ID:lt9Xey/N0

追いついた
おもしろいぞ続けてくれ


143:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 01:38:49.16 ID:/ROyTh6i0

切ないね


144:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:38:53.92 ID:zuvF4zB40

もしもオレがTに告白したらどうなるんだろう
ずっとそればかり考えていた
今の関係が崩れるかもしれない
Tに引かれるかもしれない
何より、それでTを困らせたくはなかった
もし、オレが告白することでTが苦しむなら
俺の気持ちはそっとしまったおこう
Tがそうしたように、俺も


145:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 01:39:03.82 ID:Cbjrxy9mO

つらいよな、


147:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:41:12.26 ID:zuvF4zB40

修学旅行はTの言った通りあっという間だった
最終日は気が滅入っていてあまり覚えていない
まともに覚えているのが2日目だけという、そんな修学旅行だった
何も覚えていない修学旅行
だけど決して忘れられない修学旅行だった


148:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:43:46.54 ID:zuvF4zB40

Tのことを忘れたい
何度も何度もそう思った
Tの心が俺に向くことはない
だったらオレが忘れればいい
他の奴を好きになればいい
そう思ったのになれなかった
俺はTのことが好きすぎていた


150:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:45:53.51 ID:zuvF4zB40

でもTのことを忘れるときが少しだけあった
それはマキとのメールのやり取りだった
マキとメールをしている間は
マキへの返信を考えている間は
マキのメールを待っている間は
Tのことを忘れることができた


152:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:47:48.24 ID:zuvF4zB40

Tはどんどん遠くなっていった
部活ではエースとして試合でバンバンでて
俺と遊ぶ時間は減っていった
同じ部活のマキは今もTと一緒にいるんだろう
俺とマキにはあまりにも高すぎる壁があった
いやそもそも壁なんてないのかもしれない
なぜからTは俺を異性として見てないのだから


154:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 01:51:40.71 ID:/aSlk8VHP

異性、ってか、恋愛対象、ね
続けて


157:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:55:43.01 ID:zuvF4zB40

>>154
確かにそうだwww


いつもの俺だったら「別にー」とか返してただろうその質問
だけどなぜかその時真面目に返してしまった
Tも触れなかった俺の悩みに唯一触れてきたマキに対して
俺はこう返信した

「たとえばの話だけど・・・
誰かのことがすごく好きで、愛して愛してやまなくて、
でもそれは絶対に叶わない恋で適わない恋で
許されざる恋で解りあえない恋だったとしたら
マキなら、どうする?」


155:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:51:43.62 ID:zuvF4zB40

苦しかった辛かった
メンヘラだと思わるかもしれない
でも本当に好きな人ができたとき人はいつだって苦しむもんなんだ


ある日、マキにメールで質問された
「最近なんか悩み事でもあるの?」


156:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 01:53:43.08 ID:/aSlk8VHP

マキに惚れそうだ・・・


158:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 01:59:12.84 ID:zuvF4zB40

マキからの返信はすごく遅かった
いつも返信の早かったマキだったけど
俺はマキに対して反応しづらいメールを送ってしまったかと後悔した
パソコンを閉じようとしたとき
マキから返信が来た

「確かにその恋は1ちゃんの言うとおりの恋かもしれない
でも、それがどうしたの?
たとえ恋はできなくても、愛は消えないでしょ?
今まで通りに愛してやればいいじゃん。友達として家族として

それに許されない恋だと思ってるのは1ちゃんだけかもよ?」


159:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:02:10.11 ID:zuvF4zB40

きっとどっかの漫画がアニメのセリフの引用だったんだと思う
だけど、俺はその言葉に励まされた
そうか俺はTと恋をできないけど
でも、好きでいいんだって
俺がTのことを好きな限り
Tだって俺の親友でいてくれる。親友として愛してくれる。
その時、少しだけだけど
Tがマキを好きなった理由が分かった


160:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 02:03:29.88 ID:/aSlk8VHP

マキ男前・・・


162:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 02:04:28.58 ID:73Yya4080

マキちゃんイケメンや


163:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:04:39.27 ID:zuvF4zB40

マキに「ありがとう」とだけ返信してTにメールした
「俺のこと好き?」と
返信はすぐに返ってきた
もう寝ているかと思っていたがTはメールを返してくれた
「当り前!!」
Tらしい単調な文章だった
Tのいう「好き」と俺のきいた「好き」ではものすごく差があるけど
でも俺はそれで十分だとおもった


164:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:06:39.59 ID:zuvF4zB40

それからは今まで通りの毎日だった
朝学校に来たらTがいて皆でだべって
昼休みは直子とマキとプーにもてあそばれて
放課後はTとマキで遊んだり
休日はTやほかの数人と出かけたり
毎日が楽しかった
いつの間にかマキはパーカーと別れていた


168:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:09:07.52 ID:zuvF4zB40

Tのことはずっと好きだった
マキに励まされた後もTにこの思いを告げたいと考えなかったと言えば嘘になる
でもなんとか耐えきれた
マキのおかげで
Tとマキがうまくいけばいいと思っていた
だからマキが別れたと知った時、Tがマキに告白しない意味が解らなかった


169:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:12:15.31 ID:zuvF4zB40

俺「マキに告白しないの?」
思い切ってTに聞いてみた
T「う~ん・・・なんだろ?今の関係が心地いんだよな。俺ら幼馴染だし、この関係が崩れるのが怖いのかな?」
なるほどと思った
今のTは修学旅行前の俺だ
Tとの間に特別な関係がほしい。でもそれがかなわなかったとき
今の関係が崩れるとしたら今のままでいい
Tは昔の俺だった


170:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:14:18.18 ID:zuvF4zB40

そんなTを見ているのはTが好きな俺としては見ていられなかった
いや見たくなかった
Tには幸せになってほしい
心からそう願った


171:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:17:46.76 ID:zuvF4zB40

月はめぐりめぐって3年になった
Tとは離れ離れになってしまったけどマキとは同じクラスだった
Tは悔しがっていたが、「マキの情報ちゃんとよこせよ!」よ笑ってくれた
マキとのメールではTの話題を出すことが多くなった
二人そんなことをするまでもないだろうけど
Tのためになるならと思ってやっていた


172:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:22:41.79 ID:zuvF4zB40

中学生最後の体育祭も終わり、中体連を控えていた俺はTに対してイライラしていた
いつまで経ってもマキに告白しないTに
正直言うとマキとTのキューピッド役をするのに疲れていたんだと思う
俺はTに直接言ってやった
俺「お前さあ、いい加減告れよ!」
俺のTへの気持ちも知らないで笑っているTに嫌気がさした


173:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:29:25.63 ID:zuvF4zB40

T「・・・いや、だってさ・・・前にも言っただろうけど」
 「俺、確かにマキのこと好きだ。でもだからこそ、この関係が崩れてほしくないんだ」


俺「・・・それってさ、お前が傷つきたくないだけだろ?」

T「・・・・」

俺「お前は自分が傷つきたくないから、だから自分の考えを美化して正当化してるだけだろ?」
 「結局自分可愛さかよ!フラれようが関係ないだろ!!」
 「あいつのことが好きなら愛してやれよ!」
 「例え"恋"はできなくても"愛"してやることはできるだろ?」

無意識にマキの言葉を使ってしまったけど、俺の言葉は支離滅裂ではあったけどTは俺の言葉から俺の言いたいことを理解したらしく


174:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:31:26.31 ID:zuvF4zB40

T「・・・そっか。俺、確かに・・・恐かったんだな」
 「あいつにフラれるのが・・・でもそれって自分可愛さだったんだな」

T「・・・ありがとう。勇気出た!!あーーーーーー!!マジでありがとう!!」
そこにはいつも通りのTがいた
俺の大好きがいつも通りのTが


175:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 02:31:31.89 ID:/aSlk8VHP

熱いぜ


176:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:32:42.57 ID:zuvF4zB40

Tは明日マキに告白すると俺の行った
今日、メールで呼び出して明日伝えると
この想いを伝えてみる



178:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:34:51.24 ID:zuvF4zB40

次の日のTはすごく面白かった
いや面白いのはいつものことだけど
マキとの妄想に俺に聞かせてくれたり、フラれるかもといきなりテンション下がったり
相手にするのがめんどくさかったけど俺はTとマキがうまくいくことを願っていた
Tとマキが付き合うことで俺の気持ちに区切りをつけたかったのもあるかもしれない


180:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:36:57.35 ID:zuvF4zB40

放課後、中体連前なので俺は急いで部活に行こうとした
するとTがやってきて
T「俺、告ってくる!!」
といってどっかへ消えた
マキの姿が見えなかったからきっともう待ち合わせ場所にいるんだろうと思った
Tが意気揚々と走る姿を見て、少し涙が出た


181:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 02:39:02.73 ID:/H0f2cjc0

面白い


182:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 02:39:33.45 ID:/aSlk8VHP

文章うまいんだよな~
読ませるんだよな~


183:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:40:05.45 ID:zuvF4zB40

その日、部活から帰るとすぐにパソコンを開いた
結果はメールで送るとTが言っていたから
どうせ両想いなのだから心配はしていなかったが
ヤフーのホームページを見るとメールは1通も来ていなかった
陸上部はオレが返ることにはもう終わっていたからTも帰ってるはずだけどな・・・
そんなことを考えながらとりあえず晩飯を食べることにした


184:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:41:53.53 ID:zuvF4zB40

晩飯を食べ終わって確認してみると【未読メッセージ1通】の文字が
Tからだ!
と思い開いてみると、なんとマキからのメールだった
内容はたった1行で

「Tに告白された」


186:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:43:36.32 ID:zuvF4zB40

んなことは知ってると思いながらメールを返した

俺「マジか で、返事は?」

マキ「もう少し考えさせてくださいって言った」

俺「なんで?」

マキ「うーん・・・」

俺「何よ?」

マキ「1ちゃんはさ、うちがTと付き合ったらどうする?」

んんんー?


187:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 02:43:49.11 ID:lt9Xey/N0

先が気になって眠れん


189:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:46:19.30 ID:zuvF4zB40

なんだよこの反応は・・・
何かがおかしいそう思いながらメールを返した


俺「そりゃあ、応援するよ」

マキ「本気で言ってる?」

俺「うん」

マキ「やめて」

俺「どうして」






マキ「うち、1ちゃんのことが好きだもん」


190:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 02:46:57.72 ID:qLCr/nSMi

アッー!な展開に胸を膨らませた俺がバカだった
続けろ下さい


191:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 02:47:15.28 ID:r8/98Tle0

きたか


192:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 02:47:59.11 ID:UnWUiQ5dO

わー…まじかああー


196:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:49:13.58 ID:zuvF4zB40

最初理解ができなかったメールの意味が分からなかった
俺はずっとマキはTのことが好きだと思っていたから
幼馴染だし誰の目から見ても
火を見るより明らかにマキとTは一緒にいたんだから

俺「いやわけわからん。お前Tのこと好きなんだろ?」
そう返信した
またマキがとぼけているんだと思った


197:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 02:49:52.54 ID:E1vOBDqC0

追いついた
いいよーめちゃくちゃ面白い展開だ


199:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:52:34.02 ID:zuvF4zB40

マキ「いや本気ばい。気付かんかったと?」
そんなことを言われても気付きようがない
どこでそんなフラグが立ったのか不思議だった

俺「お前いつもTと一緒にいるじゃん」

マキ「Tと一緒におったら1ちゃんと話せるじゃん」

なんだよそれ
俺はとんでもない勘違いをしていたらしい


200:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 02:53:21.17 ID:zuFLiHae0

面白い展開


201:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 02:53:35.71 ID:/H0f2cjc0

続きが気になって眠れん
明日仕事休みでよかった
まぁ今月で契約切れるんだけどなww
1は構わず続けてくれたまえ


203:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:54:09.44 ID:zuvF4zB40

メールを返さなかったらマキから追撃が来た

マキ「1ちゃんはうちのことどう思っとると?」

この時、前にTから「マキのことが好きなんだろ」と言われたとき思ったことと同じことを考えた
俺は
マキのことをどう思っているんだ・・・・・


204:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 02:54:23.37 ID:/aSlk8VHP

九州弁のマキに萌える・・・


206:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:57:26.06 ID:zuvF4zB40

確かにマキのことは好きだ
でもそれはずっと友達としてだった
マキを泣かす奴は許せないし
マキと一緒にいるとすごく楽しい

それは友達として好きだからだと思っていた



でも
俺とマキがTのことを好きだと思っていたころも
Tがマキのことを好きだと知ったときも

マキのことは嫌いになれなかった


そしてマキは今、俺のことを好きだと言ってくれる
こんな俺のことを
ペコちゃんに告白されたときとは明らかに違う感情だった


208:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 02:59:57.29 ID:zuvF4zB40

マキは俺のことが好き
そう考えると不思議と口元がゆるみ体の奥から力が湧いてくる
なんなんだろう
この感じ





あぁそうだ
オレがTのことが好きだった時と同じ感覚だ


216:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:03:04.24 ID:zuvF4zB40

俺はマキのことが好きだった
いつの間にか
Tのことを好きだったように、マキのことも好きだ
Tとマキの関係が発展しないのに苛立っていたのは
Tのことが好きだったからじゃない
マキのことも好きだったからこそイライラしていたんだ


218:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:06:02.97 ID:zuvF4zB40

でも俺はマキへのメールになんて返せばいいのか分からなかった
マキのことを好きだと自覚した今
どうしていいのか分からなかった
女の子を好きになったのなんて初めてだったから

もしもマキが俺がホモだと知ったらどうするんだろう?
いやそもそもここでオレがマキと付き合ったらTはどうなる?
恐くて何もできなかった


219:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:07:26.19 ID:/aSlk8VHP

あまずっぺ~


221:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:08:36.18 ID:/ROyTh6i0

どうなるんだ・・三人の関係・・!!


224:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:11:38.26 ID:zuvF4zB40

T「やっぱりダメだったよ」

ただそう書かれたメール
返しづらいメールがまた増えた
そう思った

ん?
待て、おかしい
"やっぱり"・・・?
なんだろう、その前からフラれることが分かってるようなメールは
そもそもマキは返事を保留にしてるんじゃなかったのか?


225:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:13:41.31 ID:zuvF4zB40

俺はTに聞いてみた
「何があったのか」と


226:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:16:02.85 ID:zuvF4zB40

Tはすべてを話してくれた


Tはあのあとすぐにマキに告白した
でもフラれた
マキは「1ちゃんのことが好きだから」という理由で
そしてそれを
マキが俺のことを好きなことを
Tは知っていた




なぜならTはマキから恋愛相談を受けていたから


228:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:17:06.01 ID:r8/98Tle0

>>226
T何やってんだよ


227:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:17:04.35 ID:VpuqaKzM0

>>1だけが何も知らされてなかったんだな・・・


230:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:18:22.43 ID:zuvF4zB40

マキは「1ちゃんが好き」とは口にはしなかっただろう
Tに恋愛相談をするときは相手のことを遠まわしにして言っていたんだろう
でもTはすぐに気付いたはずだ
マキの好きな相手は俺だと

だから告白できなかった
オレが後押しするまで・・・
Tは告白した、その結果を始めから知っていたんだ


231:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:19:03.77 ID:qLCr/nSMi

Tになら掘られてもイイ


232:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:20:26.64 ID:/aSlk8VHP

>>231
これいじょうややこしくするなw


233:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:20:46.45 ID:zuvF4zB40

俺はただTを傷つけただけだった
Tは結果なんてわかり切っていたのに、俺のために傷ついた
いや
俺のせいで傷ついた


そしてマキも傷ついただろう
自分のこと好きな奴に、自分の好きな人の話をしていたんだから
俺のせいでマキは傷ついた


235:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:22:23.98 ID:zuvF4zB40

Tのことをマキのことを分かっていると言いながら
俺は何も分かってなかった


そして
マキが俺に「Tへの返事は保留にしている」と言ったのは
俺の気持ちを確かめたかったんだ
俺のマキへの気持ちを


236:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:24:07.66 ID:zuvF4zB40

でも結局分からなかった
2人の気持ちが分かったとこで、俺は自分の気持ちが分からない
どうしたいのか、どうすればいいのか・・・


238:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:30:38.45 ID:zuvF4zB40

Tへは「そっか」とだけ返信した
マキへはまだ返信できなかった
何が何だか分からなかった
そんな時
Tの言葉を思い出した


「別にお前が我慢しなくていいじゃん?パーカーの前で堂々とイチャつけよ」


修学旅行の前、俺を元気づけてくれたTのセリフ
たぶん俺はこの時からマキのことが好きだったんだ
だからこそあんなに元気づけられたんだ


240:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:32:43.70 ID:zuvF4zB40

Tはこの言葉を自分対しても使っていたのかも知れない
「我慢しなくていい」
マキのことが好きなら好きでいい
周りの目を気にしなくていいじゃねぇか

Tはきっとそんな意味を込めて俺に言ってくれた


だとしたら・・・俺は




「俺もマキのこと好きだ」
とマキへ返信した


243:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:35:29.72 ID:zuvF4zB40

この行為は裏切りなのかもしれない
親友から相談を受けておいて
その親友から親友の好きな相手を奪う
それはきっと許されないこと
許されない恋

でもマキはいつか言ってくれた

「許されない恋だと思っているのは1ちゃんだけかもよ?」

Tも、そしてマキも
これを許してくれるだろう
そう信じて俺はメールを送った


244:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:36:05.04 ID:r8/98Tle0

あーあ


245:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:37:07.46 ID:/aSlk8VHP

やっほーい!GJ!


246:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:37:58.41 ID:r8/98Tle0

頼むからみんな仲良しのままでいてくれ


248:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:39:06.08 ID:zuvF4zB40

Tがいつからマキのことが好きだったかは分からない
きっとあいつも俺と同じでいつから好きになったのか分からないんだろう
だったらあとは気付くのが速いか遅いかだ

俺は気付くのが遅かった。遅すぎた。
親友が傷ついてから初めて自分の気持ちに気付いた


いつかはついていたであろう、この恋の決着は
あろうことか自分の気持ちに気付いていない俺なんかせいでついてしまった


251:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:43:01.57 ID:zuvF4zB40

罪悪感がなかったわけじゃない
Tには誤っても償えない傷を負わせてしまった

痛みはいつか消えるかもしれないけど
傷みはなかなか消えない、跡が残るかもしれない

俺がホモだったせいで自分の気持ちに気付けなかった
Tのことが好きだったせいで


252:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:44:53.38 ID:zuvF4zB40

でも
それでも

俺の好きだったTは
オレが愛してやまなかったTは






「俺はお前ら二人を応援してる!幸せに!!」
そうメールで言ってくれた


253:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:45:53.24 ID:r8/98Tle0

泣いた


254:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:46:05.84 ID:KEb7t7lR0

Tイケメンだなおい


256:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:46:32.23 ID:qLCr/nSMi

Tイケメン過ぎ


259:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:48:46.94 ID:zuvF4zB40

Tは知っていたんだ
オレがマキのことを好きだということを

俺は今まで気付かなかったのにTは気付いていたんだ
たぶん俺が気付いていないことにもTは気付いたと思う


もしかしたらTは俺にマキへの想いを気付かせるためにわざと傷ついたのかもしれない
その真意は定かではないけど、優しいTならあり得ないことじゃない


260:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:49:39.57 ID:/aSlk8VHP

なんて大人な中学生・・・見習わせてやりたい人がいっぱいいる・・・


263:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:52:13.63 ID:zuvF4zB40

Tのためにオレがしてあげれること
俺のために俺のせいで傷ついたTにしてあげれること


それはTの望み通り、マキと幸せになる
元カノにフラれたときも数日で立ち直ったTならすぐに立ち直ってくれる
俺はTのそういうとこに惚れたんだから

そして俺は今、別の相手を好きになった
ホモなオレが女友達に惚れてしまった


264:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:53:46.49 ID:rSNQM+ROO

なんだこれ良スレすぎる


267:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:54:46.83 ID:zuvF4zB40

一応これで話は終わりです
ホモなオレが惚れるまでの話はこれでおしまいです

みなさんこんな時間まで
こんな自分勝手な俺の話を聞いてくれてありがとうございました!


269:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:56:41.24 ID:Cbjrxy9mO

>>1乙!
Tは俺が幸せにするから安心しなさい


271:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:56:52.09 ID:KEb7t7lR0

乙!良いスレだった


272:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:57:09.80 ID:rqcuaEjJO

良かった


274:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:57:56.75 ID:/H0f2cjc0

今どういう状況なのか聞きたい


275:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 03:58:31.24 ID:/ROyTh6i0

乙、綺麗な話だった


276:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 03:58:38.74 ID:zuvF4zB40

現状ですか

では少し語りますね

もうちょっとだけおつきあいください


277:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 04:01:26.49 ID:zuvF4zB40

マキとはこの後付き合うことになりました
学校ではTはもちろん、直子やプーに茶化されましたけど
Tはいつものようにオレが好きだったときのTでした
きっと笑顔の下には嫉妬や憎悪もあっただろうけど
いつもと同じように接してくれました



あとパーカーには殴られました


278:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 04:02:41.74 ID:KEb7t7lR0

>>277
パーカーwww


279:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 04:02:45.13 ID:/aSlk8VHP

>>277
> あとパーカーには殴られました
   ↑
 いみふw
 ま、くやしいんだろうなwww


280:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 04:04:37.29 ID:lt9Xey/N0

パーカーwwww


282:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 04:09:21.75 ID:zuvF4zB40

俺は高校に入ってマキと付き合うことで見事、二刀流(バイ)に進化します

Tとはいまだに仲良くしてます。二人でけいおんを見に行く仲です。ちなみに結婚して6月に子供ができます。

マキは腐女子になりました


283:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 04:10:03.80 ID:/H0f2cjc0

今何歳なんだ?


285:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 04:12:10.29 ID:E1vOBDqC0

あれ今何歳?


286:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 04:13:34.16 ID:zuvF4zB40

現在ぴちぴちの19歳です


287:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 04:14:31.25 ID:/aSlk8VHP

マキと結婚するの?


290:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 04:16:48.31 ID:zuvF4zB40

>>287
どうなんでしょうねw
結婚はしたいと考えています


298:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 04:22:35.24 ID:/aSlk8VHP

>>290
今、プロポーズのメール送らない?


299:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 04:24:18.91 ID:zuvF4zB40

>>298
遠慮しときますwww
今はお互いの夢がかなうまでは結婚はしないと思います


301:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 04:27:13.04 ID:/aSlk8VHP

>>299
別れたり・・・を繰り返すところが不安で^^;


304:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 04:29:33.04 ID:zuvF4zB40

>>301
ですよね・・・
今は別れている状況なのでなんとか昔みたいにメールをする関係に戻りたいです


292:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 04:18:06.42 ID:rqcuaEjJO

>>1

学校だし寝るわ

おやすみノシ


294:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 04:19:56.53 ID:lt9Xey/N0

結婚して6月に子供できるのは>>1じゃなくてT?


297:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 04:20:46.06 ID:zuvF4zB40

>>294
Tです


310:ほもほも ◆DgOnqN3G0. :2012/03/05(月) 04:37:22.55 ID:zuvF4zB40

それじゃあありがとうございました
俺のように恋で悩む人の力に少しでもなれたんなら幸いです!

マキとはいつか縁りを戻して見せます!
その時はもしかしたらまたスレを立てるかもしれません


最後までgdgdでしたが
俺のチラ裏をここまで聞いていただき感謝しています


312:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 04:38:35.01 ID:/aSlk8VHP

>>310
ありがとよ~
楽しめたよ
またお話し聞かせてください



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

おこん

Author:おこん
このブログは2ちゃんねるのほくげです



このブログについて




このエントリーをはてなブックマークに追加


アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
逆アクセスランキング
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。