--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-07(Wed)

怖い話 2012冬

1:ライトニングミミズ:2012/03/06(火) 19:56:06.62 ID:2JzT287T0

俺はリゾートバイトを推す
http://ime.nu/horror-terror.com/c-real/entry_4399.html


2:ホワイトストロベリー花 ◆x6ilkhxT86 :2012/03/06(火) 19:56:42.97 ID:s3sfGkmz0

池沼系がある意味一番怖い


3:ライトニングミミズ:2012/03/06(火) 19:58:10.86 ID:2JzT287T0

>>2
そういう怖い話を貼ってくれ


4:名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 20:00:07.61 ID:Jk9uf2Kb0

機械で指先を削った。
「七夕の国」で球体にえぐり取られたような切り口で無くなった。
幸い骨まで達しなかった。
急いで紐で縛って止血したら血がでない代わりにリアルな切り口が堪能できた。

怖い?


5:ライトニングミミズ:2012/03/06(火) 20:01:23.68 ID:2JzT287T0

>>4
怖いっつうか、グロいな。
七夕の国ってなんや?


10:名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 20:06:51.73 ID:bMxLO3NP0

>>5
寄生獣とかヒストリエの人の作品、好きだったが打ち切りっぽくおわっちった


11:ライトニングミミズ:2012/03/06(火) 20:09:17.47 ID:2JzT287T0

>>10
単行本でてる?


14:名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 20:12:43.72 ID:bMxLO3NP0

>>11
でてる3巻くらいまでかな?


6:ホワイトストロベリー花 ◆x6ilkhxT86 :2012/03/06(火) 20:01:39.39 ID:s3sfGkmz0

池沼は、痴漢行為をしても暴力行為をしても
大人から本気で叱られないし叱られたら「ごめんなさい」で済むことを学習してるから
絶対にまた繰り返すよ。
電車の中でオスの池沼にいきなりスカートの中に手を突っ込まれて
腹が立ってそいつの頭を殴り、電車から引きずりおろして突き出したけど
駅員さんの前で「ごめんなさいごめんなさい」
池沼だから駅員さんも「今日はこのくらいで」で未通報。
こっちは足が震えて電車に乗れず、親に迎えにきてもらったのに
その池沼は駅員に付き添われ再び電車に乗車して
窓から私に思いっきり舌を出してた。初めて人に殺意を持ったよ。
転校したばかりで知らなかったけど、そいつはその沿線では有名な池沼だった。
親は公立の中学教師で池沼を放牧してた。


8:ホワイトストロベリー花 ◆x6ilkhxT86 :2012/03/06(火) 20:03:01.83 ID:s3sfGkmz0

漏れにはちょっと変な趣味があった。
その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出てそこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。
いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。
遠くに見えるおおきな給水タンクとか、
酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーとか、
ぽつんと佇むまぶしい自動販売機なんかを見ていると妙にワクワクしてくる。

漏れの家の西側には長い坂道があって、それがまっすぐ漏れの家の方に向って下ってくる。
だから屋上から西側に目をやれば、その坂道の全体を正面から視界に納めることができるようになってるわけね。
その坂道の脇に設置されてる自動販売機を双眼鏡で見ながら「あ、大きな蛾が飛んでるな~」なんて思っていたら、
坂道の一番上のほうから物凄い勢いで下ってくる奴がいた。
「なんだ?」と思って双眼鏡で見てみたら全裸でガリガリに痩せた子供みたいな奴が、
満面の笑みを浮かべながらこっちに手を振りつつ、猛スピードで走ってくる。
奴はあきらかにこっちの存在に気付いているし、漏れと目も合いっぱなし。
ちょっとの間、あっけに取られて呆然と眺めていたけど、
なんだか凄くヤバイことになりそうな気がして、急いで階段を下りて家の中に逃げ込んだ。
ドアを閉めて、鍵をかけて「うわーどうしようどうしよう、なんだよあれ!!」って怯えていたら、
ズダダダダダダッって屋上への階段を上る音が。明らかに漏れを探してる。
「凄いやばいことになっちゃったよ、どうしよう、まじで、なんだよあれ」って心の中でつぶやきながら、
声を潜めて物音を立てないように、リビングの真中でアイロン(武器)を両手で握って構えてた。
しばらくしたら、今度は階段をズダダダダッって下りる音。
もう、バカになりそうなくらいガタガタ震えていたら、
ドアをダンダンダンダンダンダン!!って叩いて、チャイムをピンポンピンポン!ピポポン!ピポン!!と鳴らしてくる。
「ウッ、ンーッ!ウッ、ンーッ!」って感じで、奴のうめき声も聴こえる。
心臓が一瞬とまって、物凄い勢い脈打ち始めた。
さらにガクガク震えながら息を潜めていると、
数十秒くらいでノックもチャイムもうめき声止んで、元の静かな状態に……。
それでも当然、緊張が解けるわけがなく、日が昇るまでアイロンを構えて硬直していた。
あいつはいったい何者だったんだ。
もう二度と夜中に双眼鏡なんか覗かない。


これ普通に怖くてトラウマ


9:ライトニングミミズ:2012/03/06(火) 20:03:52.35 ID:2JzT287T0

>>8
俺もや。それ見てから深夜に外出れなくなった


12:名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 20:10:56.43 ID:BOOJgdJf0

「こんにちは」
男「こんにちは・・・?」

「突然ですが時間は正しく進んでると思いますか?」
男「正しく進んでると思いますよ」

「どうしてそう思いますか?もし戻っていたとしてもあなたは気付かないでしょう」
男「え?時間が戻るわけがありません(笑)」

「私は今日を永遠と生きています。あなたは毎日が進んでいますか?」
男「はい(笑)・・・もしやあなた病気ですか」

「いえ、あなたとはここで何万回も会話をしました。なら時間がループしている証拠をお教えしましょう」
男「ここで・・・いや、あなたとは初めて会います。ループの証拠?教えてほしいものです」

「やっと証拠が出来そうです。それでは私は行きます」
男「列記とした証拠を教えてください!ちょっと待って・・・」

男「誰だよあいつ、証拠ってなんだよ。・・・はっ!」


13:ライトニングミミズ:2012/03/06(火) 20:12:32.87 ID:2JzT287T0

>>12
終わり?


21:名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 22:17:38.73 ID:DgBoefze0

>>12
誰か説明して
はって何気付いたの


22:名も無き被検体774号+:2012/03/07(水) 00:13:52.38 ID:SNZ9N+B7O

>>21ヒント







23: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2012/03/07(水) 18:11:17.41 ID:2ZVpa8rg0

>>22






15:ホワイトストロベリー花 ◆x6ilkhxT86 :2012/03/06(火) 20:13:03.02 ID:s3sfGkmz0

長年連れ添った仲の良い老夫婦がいて
「片方が先に死んだら、さみしくないように壁に埋めよう」
と言い交わしていた。
しばらくして、婆さんが先に死んだ。
爺さんは悲しみ、約束通り婆さんの死骸を壁に埋めた。
すると、ことある事に壁の中から「じいさん、じいさん…」と婆さんの呼ぶ声がする
爺さんはその声に「はいはい、爺さんはここにいるよ」と答えていたが。
ある日、どうしても用事で出なくてはいけなくなったので村の若い男に、留守番を頼んだ。
男が留守番をしていると、壁の中から婆さんの声がする

「じいさん、じいさん…」
男は答えた。
「はいはい、じいさんはここにいるよ」
最初のうちは答えていた。
けれどしかし、婆さんの声はなんどもなんども呼んでくる。
「じいさん、じいさん…」
やがて、男は耐えきれなくなって叫んだ。
「うっせえ! じいさんはいねーよ!」
すると、壁の中から鬼の形相をした老婆が現れ、「じいさんはどこだあ!」と叫んだ


16:ホワイトストロベリー花 ◆x6ilkhxT86 :2012/03/06(火) 20:15:44.10 ID:s3sfGkmz0

すると突然、まばゆいばかりのスポットライトが飛び出したばあさんを映し出す
「JI-I-SA-Nは」「どこだ!」ステージにばあさんの声が響く
詰め掛けたオーディエンスはばあさんの久々のステージに期待で爆発しそうだ
今晩も伝説のリリックが聴ける。ストリート生まれヒップホップ育ち。本物のラップが聴けるのだ
キャップを斜めに被りオーバーサイズのTシャツをきたじいさんがターンテーブルをいじりながら目でばあさんに合図する
重たいサウンドがスピーカーから響く。ショウの始まりだ
「 ここでTOUJO! わしがONRYO! 鬼のGYOUSO! ばあさんSANJYO! 
 違法なMAISO! じいさんTOUSO! 壁からわしが呼ぶGENCHO!
 (ドゥ~ン ドゥンドゥンドゥ~ン キュワキャキャキャッキャキュワキャ!)
 年金減少! 医療費上昇! ボケてて大変! 食事の時間!
 冷たい世間を生き抜き! パークゴルフで息抜き!
 どこだJI-I-SA-N老人MONDAI! そんな毎日リアルなSONZAI!
 SAY HO!(HO!) SAY HO HO HO HO!」
じいさんのプレイも好調だ。オーディエンスの熱狂はこわいくらいだ。
まだ、俺らの時代は始まったばかりだ、そんなメッセージがばあさんの口から飛び出していく
本物のヒップホップが、ここにあるのだ。


17:名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 20:19:11.43 ID:gqrLF4zwi

>>16
このコピペいつ見ても笑う


19:名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 20:57:34.91 ID:YHd1INk7O

私が高校生の時の話なんだけど。あんまり怖くないんだけどさ。
夜10時頃、自室でテレビ見てたら携帯に公衆電話から着信がきたんだ。
誰かな?と思いつつ電話でたら、男とも女とも分からない声が早口で
「ワタシ、貴方ノスグ側ニイルノ。一緒ニ遊ボウ一緒ニ遊ボウ!キャハハハハハ」
って言って電話が切れた。
当時はスゲー怖くて暫く固まったけど、いたずらだったのかな。


20:ライトニングミミズ:2012/03/06(火) 20:59:44.28 ID:2JzT287T0

>>19
なんでそいつ携帯の電話番号しってんだよこえええええけ



このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

おこん

Author:おこん
このブログは2ちゃんねるのほくげです



このブログについて




このエントリーをはてなブックマークに追加


アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
逆アクセスランキング
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。